パフォーマンス ダッシュボードの指標

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

パフォーマンス ダッシュボードは、パケットロスとレイテンシの指標も Cloud Monitoring にエクスポートします。Monitoring で独自のダッシュボードを作成して、パフォーマンス ダッシュボード指標を使用するダッシュボード グラフとアラートを作成できます。

パケットロスの指標

パフォーマンス ダッシュボードは、パケットロス チャートの特定のフィールドのみを公開します。Monitoring は、リソースについて収集されたすべての指標欄を公開します。

  • リソースの種類: gce_zone_network_health
  • 指標: networking.googleapis.com/cloud_netslo/active_probing/probe_count
  • 説明: プローブの数

    フィルタ 説明
    remote_zone
    remote_region
    remote_location_type cloud(内部 IP アドレス)、external(外部 IP アドレス)、network_peering
    プロトコル
    結果 失敗または成功

パケットロスは、合計プローブに対する失敗したプローブの比率として計算されます。

metric[failure]/(metric[failure]+metric[success])

VM 間のレイテンシ指標

特定のプロジェクトのレイテンシの指標は、次のリソースの種類と指標のラウンド トリップ時間(RTT)として計算されます。

  • リソースの種類: gce_instance
  • 指標: networking.googleapis.com/vm_flow/rtt
  • 説明: ローカル仮想マシン(VM)インスタンス間の TCP 接続を介して測定された RTT の分布。

ゾーン間のすべての Google Cloud プロジェクトのレイテンシの指標は、次のリソースの種類と指標のラウンド トリップ時間(RTT)として計算されます(プレビュー)

  • リソースの種類: networking.googleapis.com/Location
  • 指標: networking.googleapis.com/all_gcp/vm_traffic/zone_pair_median_rtt
  • 説明: ゾーンペアごとに VM 間トラフィックの中央値 RTT(ラウンド トリップ時間)が発生し、すべての Google Cloud プロジェクト全体で集計されます。

    ダッシュボードまたは Metrics Explorer でレイテンシ指標を使用するときは、すべての Google Cloud プロジェクトの各ゾーンペアについて [有効なリソースと指標のみを表示] オプションが無効になっていることを確認してください。

    Monitoring Query Language(MQL)を使用して、すべての Google Cloud プロジェクト全体のゾーンペアに関するレイテンシをクエリすることはできません。

VM とインターネット エンドポイント間のレイテンシ指標

レイテンシ指標は、次のリソースと指標のラウンドトリップ時間(RTT)として計算されます。

  • リソース: gce_instance
  • 指標: networking.googleapis.com/vm_flow/external_rtt
  • 説明: ローカル仮想マシン(VM)インスタンスとインターネット エンドポイント間の TCP 接続で測定された RTT の分布。

Monitoring カスタム ダッシュボードを作成する

パフォーマンス ダッシュボードの指標について、カスタムの Monitoring ダッシュボードを作成できます。詳細については、ダッシュボードをご覧ください。

Metrics Explorer でグラフを作成する

Metrics Explorer を使用すると、プロジェクトのレイテンシ指標に関するグラフを作成できます。詳しくは、Metrics Explorer をご確認ください。

指標ベースのアラート ポリシーを作成する

プロジェクトのレイテンシ指標で指標ベースのアラート ポリシーを作成できます。詳細については、アラートをご覧ください。

複数のプロジェクトのネットワーク パフォーマンスをモニタリングする

1 つのビューで複数のプロジェクトをモニタリングする場合は、Cloud Monitoring を使用するか、プロジェクトを指標スコープに追加します。

Google Cloud プロジェクトの Cloud Monitoring にアクセスすると、デフォルトでは、選択したプロジェクトの指標にアクセスできます。ただし、最大 375 個の Google Cloud プロジェクトの指標を表示するように Cloud Monitoring を構成できます。詳細については、モニタリング対象プロジェクトの上限をご覧ください。

詳細については、Cloud Monitoring 用のプロジェクトの構成をご覧ください。

プロジェクトのスコープを変更する

パフォーマンス ダッシュボードで複数のプロジェクトを表示するには、指標スコープを構成し、そこにモニタリング対象プロジェクトを追加します。

指標スコープにプロジェクトを追加すると、この指標スコープを使用して、スコープ対象プロジェクトとモニタリング対象プロジェクトのデータをモニタリングできます。この指標スコープから、スコープ対象プロジェクトとモニタリング対象プロジェクトを組み合わせた指標にアクセスできます。詳細については、複数のプロジェクトの指標を表示するをご覧ください。

既存の指標スコープを使用して、複数の Google Cloud プロジェクトを 1 つのビューでモニタリングするには、Google Cloud Console のプロジェクト選択ツールまたは [スコープを変更] ボタンを使用して、スコープ対象プロジェクトを選択します。これらのオプションを使用して、単一のモニタリング プロジェクトを選択することもできます。

次のステップ