パフォーマンス ダッシュボードを使用する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

パフォーマンス ダッシュボードの指標は、プロジェクトで自動的に収集されます。全体的な Google Cloud の指標については、次のトラフィック タイプごとに収集されます。

  • 可能性がある Google Cloud のゾーンペアごとのレイテンシとパケットロスの指標。
  • VM インスタンスが存在するリージョンと、VM と通信するインターネット ロケーション間のレイテンシ指標。

設定を行う必要はありませんが、プロジェクトのパフォーマンス ビューで良好な結果を得るには、プロジェクト内に特定の数の VM が必要です。詳細については、指標をご覧ください。

パフォーマンス ダッシュボードの指標に影響を与えるイベントが表示されるまで、最大 10 分かかる場合があります。

プロジェクトの指標を表示するには、パフォーマンス ダッシュボード ページの上部にある [プロジェクトのパフォーマンスを表示] をクリックします。グローバル指標を表示するには、[すべての Google Cloud のパフォーマンスを表示] をクリックします。

プロジェクト固有のパケットロス情報を表示する

パケットロスのグラフに、一定期間のパケットロスが表示されます。縦軸はパケットロスの割合を示し、横軸はロスがいつ発生したかを示します。

コンソール

  1. Google Cloud Console で、[パケットロス] ページに移動します。

    [パケットロス] に移動

  2. [ロケーション] メニューから、データを表示するリージョンを選択します。最大 5 つのリージョンを選択できます。デフォルトでは、リージョンを選択しない場合、すべてのリージョンの情報が表示されます。
  3. [1 時間] から [6 週間] までのグラフの上部にあるボタンを使用して、ビュー間隔を選択します。
  4. 横軸の時間をクリックすると、その時点のゾーンのペア間の平均パケットロスのヒートマップが表示されます。時間セレクタをスライドして、さまざまな時間のパケットロスを表示できます。
  5. ヒートマップで特定の四角形をクリックすると、この 2 つのゾーン間のパケットロスの双方向グラフが表示されます。

共有 VPC サービス プロジェクトの場合、個々のサービス プロジェクトがすべての情報を表示できるとは限りません。たとえば、あるサービス プロジェクトは 1 つのゾーンにのみ VM を持ち、別のサービス プロジェクトは別のゾーンにのみ VM を持つとします。2 つの VM のセットがトラフィックを交換している場合、各サービス プロジェクトは自身の VM に向かうトラフィックに対するパケットロスのみを表示します。

同様に、異なるプロジェクトにあるピアリングされた Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークの場合、各プロジェクトは自身の VM に向かうトラフィックに対してのみパケットロスを表示します。

複数のプロジェクトの情報を表示する方法については、複数のプロジェクトのネットワーク パフォーマンスをご覧ください。

Google Cloud パフォーマンス ビューにパケットロス情報を表示する

パケットロスのグラフに、一定期間のパケットロスが表示されます。縦軸はパケットロスの割合を示し、横軸は選択したリージョンでロスが発生したタイミングを示します。

コンソール

  1. Google Cloud Console で、[パケットロス] ページに移動します。

    [パケットロス] に移動

  2. [ロケーション] メニューから、データを表示するリージョンを選択します。最大 5 つのリージョンを選択できます。デフォルトでは、リージョンを選択しない場合、すべてのリージョンの情報が表示されます。
  3. [1 時間] から [6 週間] までのグラフの上部にあるボタンを使用して、ビュー間隔を選択します。
  4. 横軸の時間をクリックすると、その時点のゾーンのペア間の平均パケットロスのヒートマップが表示されます。時間セレクタをスライドして、さまざまな時間のパケットロスを表示できます。
  5. ヒートマップで特定の四角形をクリックすると、この 2 つのゾーン間のパケットロスの双方向グラフが表示されます。

ゾーン間の Google Cloud のトラフィック タイプに関するプロジェクト固有のレイテンシ情報を表示する

レイテンシ グラフには、すべてのプロジェクト ゾーンのレイテンシの中央値が時系列で表示されます。縦軸にはレイテンシの中央値がミリ秒(ms)で示され、横軸には時間的な推移が示されます。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで、プロジェクトのパフォーマンス ビューの [レイテンシ] ページに移動します。

    [レイテンシ] に移動

  2. VM 間のレイテンシ データを表示するには、[トラフィックの種類] メニューから [ゾーン間の Google Cloud] を選択します。

    VM とインターネット エンドポイント間のレイテンシ データを表示するには、インターネットから Google Cloud へのトラフィック タイプのレイテンシ情報を表示するをご覧ください。

  3. [ロケーション] メニューから、データを表示するリージョンを選択します。最大 5 つのリージョンを選択できます。デフォルトでは、リージョンを選択しない場合、すべてのリージョンの情報が表示されます。特定のゾーンマップを表示するには、ヒートマップでリージョンのペアの正方形を直接選択します。

  4. [1 時間] から [6 週間] までのグラフの上部にあるボタンを使用して、ビュー間隔を選択します。

  5. 横軸の時間をクリックすると、その時点のゾーンのペア間のレイテンシの中央値のヒートマップが表示されます。時間セレクタをスライドして、さまざまな時間のレイテンシを表示できます。

  6. ゾーン ヒートマップ間のレイテンシ ビューで、特定の正方形をクリックします。表示されるプロジェクト ページの [レイテンシの詳細] で、これら 2 つのゾーン間の双方向レイテンシ グラフと、VM とゾーン間のレイテンシを示す表を表示できます。レイテンシ テーブルには、VM とそのプロジェクト、対応するレイテンシの詳細が表示されます。

  7. VM の結果を絞り込んでレイテンシの詳細を表示するには、プロパティを使用して、高度なフィルタクエリを作成します。

  8. [モニタリング] ページで VM のレイテンシの詳細を表示するには、[モニタリングを表示] をクリックします。

レイテンシ ヒートマップは、レイテンシ情報を提供するのに十分なトラフィックを持つゾーンペアのみを表示します。

共有 VPC サービス プロジェクトの場合、個々のサービス プロジェクトには、ホスト プロジェクトのレイテンシ指標は表示されません。

同様に、異なるプロジェクトにあるピアリングされた VPC ネットワークの場合、個々のプロジェクトには、ネットワーク間のトラフィックのレイテンシは表示されません。

詳しくは、レイテンシをご覧ください。

ゾーン間の Google Cloud のトラフィック タイプに関するレイテンシ情報を Google Cloud パフォーマンス ビューに表示する

グローバル パフォーマンス ビューのレイテンシ グラフには、Google Cloud にデプロイされたすべての VM のレイテンシの中央値が表示されます。縦軸にはレイテンシの中央値がミリ秒(ms)で示され、横軸には時間的な推移が示されます。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで、Google Cloud のパフォーマンス ビューの [レイテンシ] ページに移動します。

    [レイテンシ] に移動

  2. VM 間のレイテンシ データを表示するには、[トラフィックの種類] メニューから [ゾーン間の Google Cloud] を選択します。

    VM とインターネット エンドポイント間のレイテンシ データを表示するには、インターネットから Google Cloud へのトラフィック タイプのレイテンシ情報を表示するをご覧ください。

  3. [ロケーション] メニューから、データを表示するリージョンを選択します。最大 5 つのリージョンを選択できます。デフォルトでは、リージョンを選択しない場合、すべてのリージョンの情報が表示されます。

  4. [1 時間] から [6 週間] までのグラフの上部にあるボタンを使用して、ビュー間隔を選択します。

  5. 横軸の時間をクリックすると、その時点のゾーンのペア間のレイテンシの中央値のヒートマップが表示されます。時間セレクタをスライドして、さまざまな時間のレイテンシを表示できます。

  6. ヒートマップで四角形をクリックすると、この 2 つのゾーン間のレイテンシの双方向グラフが表示されます。

インターネットから Google Cloud へのトラフィック タイプに関するプロジェクト固有のレイテンシ情報を表示する

レイテンシ グラフには、Google Cloud リージョンとインターネット エンドポイント間のレイテンシの中央値が表示されます。縦軸にはレイテンシの中央値がミリ秒(ms)で示され、横軸には時間的な推移が示されます。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで、Google Cloud とインターネット間のプロジェクト固有のレイテンシ データを表示するには、プロジェクト パフォーマンス ビューの [レイテンシ] ページに移動します。

    プロジェクトの [レイテンシ] に移動

  2. [トラフィックの種類] メニューから [インターネットから Google Cloud] を選択し、VM とインターネット エンドポイント間のレイテンシ データを表示します。

  3. [ロケーション] メニューから、データを表示するリージョンを選択します。最大 5 つのリージョンを選択できます。デフォルトでは、リージョンを選択しない場合、最もレイテンシが低い 5 つのリージョンの情報が表示されます。

  4. [ネットワーク ティア] メニューから、[スタンダード] または [プレミアム] を選択します。ティアの詳細については、Network Service Tiers の概要をご覧ください。

  5. [1 時間] から [6 週間] までのグラフの上部にあるボタンを使用して、ビュー間隔を選択します。

  6. 特定の国を選択するには、[フィルタ] フィールドで [] のプロパティを使用します。

  7. 表示されるレイテンシ テーブルで、[グラフを表示] をクリックして、選択したロケーション内の VM とインターネット エンドポイント間のレイテンシを表示します。プロジェクトの [レイテンシの詳細] ページが表示されます。

  8. [フィルタ] フィールドのプロパティを使用して、グラフをさらに絞り込みます。

    レイテンシ グラフには、選択した時間間隔のレイテンシの詳細がされるほか、グラフの下の凡例にはレイテンシの合計が表示されます。

インターネットから Google Cloud へのトラフィック タイプに関するレイテンシ情報を Google Cloud パフォーマンス ビューに表示する

レイテンシ グラフには、Google Cloud リージョンとインターネット エンドポイント間のレイテンシの中央値が表示されます。縦軸にはレイテンシの中央値がミリ秒(ms)で示され、横軸には時間的な推移が示されます。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで、Google Cloud のすべての VM とインターネット間のレイテンシ データを表示するには、Google Cloud パフォーマンス ビューの [レイテンシ] ページに移動します。

    Google Cloud の [レイテンシ] に移動

  2. [トラフィックの種類] メニューから [インターネットから Google Cloud] を選択し、VM とインターネット エンドポイント間のレイテンシ データを表示します。

  3. [ロケーション] メニューから、データを表示するリージョンを選択します。最大 5 つのリージョンを選択できます。デフォルトでは、リージョンを選択しない場合、最もレイテンシが低い 5 つのリージョンの情報が表示されます。

  4. [ネットワーク ティア] メニューから、[スタンダード] または [プレミアム] を選択します。ティアの詳細については、Network Service Tiers の概要をご覧ください。

  5. [1 時間] から [6 週間] までのグラフの上部にあるボタンを使用して、ビュー間隔を選択します。

  6. [フィルタ] フィールドのプロパティを使用して、グラフをさらに絞り込みます。

    レイテンシ グラフには、選択した時間間隔のレイテンシの詳細がされるほか、グラフの下の凡例にはレイテンシの合計が表示されます。

プロジェクトのスコープを変更する

既存の指標スコープを使用して、複数の Google Cloud プロジェクトを 1 つのビューでモニタリングするには、Google Cloud Console のプロジェクト選択ツールまたは [スコープを変更] ボタンを使用して、スコープ対象プロジェクトを選択します。これらのオプションを使用して、単一のモニタリング プロジェクトを選択することもできます。

次のステップ