トラブルシューティング

数分間のパケットロスが急増する

数分間の短いスパイクの発生は想定されたものです。5 分以上続く持続的なロスがないか確認してください。このようなロスが見られる場合や、ロスがネットワークやアプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼしている場合は、サポートを受けるをご覧ください。

レイテンシが急増する

レイテンシは、レイヤ 4 トラフィックで測定され、リモート VM で実行されている TCP/IP スタックの影響を受けます。固有の TCP/IP スタック実装を使用する一部のアプリケーション(VPN アプリケーションなど)では、パフォーマンス ダッシュボードでレイテンシが人為的に増加する可能性があります。TCP/IP スタックに影響するカスタム アプリケーションがなく、レイテンシが急増する場合は、サポートの利用をご覧ください。

パフォーマンス ダッシュボードにデータが表示されない

パケットロスの情報が表示されない場合は、表示されている Virtual Private Cloud(VPC)または共有 VPC ネットワークに仮想マシン(VM)インスタンスがあることを確認してください。パフォーマンス ダッシュボードは、アクティブなプローブを使用してゾーン間のパケットロスを測定します。アクティブなプローブの数は、ネットワーク内の VM の数に関係しています。表示しているネットワークに VM がない場合は、アクティブなプローブもパケットロス測定もありません。

レイテンシ情報が表示されない場合は、十分なトラフィックを生成している VM インスタンスがあることを確認してください。

ゾーン ヒートマップによるパケットロスに空のセルがある(N/A とマークされている)

これは、プロジェクトが共有 VPC の一部である場合に発生する可能性があります。このようなケースでは、プロジェクト自体に VM がないソースゾーンのデータが含まれる一方、同じ共有 VPC 内の他のプロジェクトに VM が存在する可能性があります。共有 VPC を使用する 2 つのプロジェクト間のパケットロスは、宛先サービス プロジェクトに対して測定されます。

パケットロスがパフォーマンス ダッシュボードに表示される(アプリケーションには表示されない)

パケットロスは、相互に通信できる VM のメッシュ全体をカバーするアクティブなプローブにより測定されます。また、トラフィック パターンがこのメッシュのサブセットのみを使用している場合があります。アプリケーションが、問題のあるネットワーク パスを利用していない可能性があります。

また、信頼性の高い結果を得るための十分な測定がなされていないというのが、もう 1 つの可能性です。ゾーン内の VM が非常に少ない場合や、VM の数が変動する場合に発生することがあります。

パケットロスの計算にはプリエンプティブル VM も含まれています。そのような VM の割合が高いプロジェクトでは、VM がプリエンプトされるときにパケットロス率が高くなることがあります。プリエンプティブル VM がシャットダウンされるタイミングで、より高いパケットロス率が発生しているかを確認してください。

定数値が 2 つのゾーン間のレイテンシで観測される

レイテンシ データは分布値として保存されます。つまり、すべての測定値が常に分布内の同じバケットに含まれる場合(レイテンシ値が高い場合に発生する可能性が高い)、結果のグラフにはバケット間隔の平均である定数値が表示されます。

たとえば、10 ms(0~10 ms、10~20 ms、20~30 ms…)ごとにバケットが存在し、251 ms、256 ms、253 ms の 3 つの異なるレイテンシ測定値が存在する場合、それらはすべて 250~260 ms のバケットに格納されます。レイテンシは 255 ms として表示されます。これは、250~260 ms のバケット間隔の平均です。259 ms の新しい測定値が記録された場合でも、レイテンシは引き続き 255 ms として表示されます。

Google Cloud のパフォーマンス指標に関するトラブルシューティング

Google Cloud のパフォーマンスが、プロジェクトのパフォーマンスよりも安定しているように見える

Google Cloud のパフォーマンス指標はすべての Google Cloud プロジェクトで集約されるため、表示される変動が低減します。これは、ランダム性、自然な変動、測定ノイズにより、個別のプロジェクトのパフォーマンスがより大きな変動を示す場合でも、ゾーンペアの通常のパフォーマンスは安定した状態を保つことを示しています。

Google Cloud のパフォーマンス ビューで Google Cloud ゾーンを選択できるものの、プロジェクト ビューでは選択できない

プロジェクト固有のビューでは、プロジェクトがデプロイされているゾーンのみを選択できます。Google Cloud のパフォーマンス ビューでは、任意の Google Cloud ゾーンから他の Google Cloud ゾーンに対するパフォーマンスを表示できます。

ゾーンペアにプロジェクト データはないが、Google Cloud のパフォーマンス データがある

Google Cloud のパフォーマンス指標は、すべての Google Cloud プロジェクトでの集計によって推定され、常に利用可能です。

次のステップ