Metrics Explorer でグラフを作成する

このドキュメントでは、Metrics Explorer で一時グラフを作成して、指標データを探索する方法について説明します。たとえば、仮想マシン(VM)の CPU 使用率を表示するには、Metrics Explorer を使用して最新のデータを表示するグラフを作成します。

1 つの指標タイプをグラフ化するような単純なグラフと、複数の指標タイプをグラフ化するような複雑なグラフを作成できます。Metrics Explorer でグラフを作成した後は、破棄、カスタム ダッシュボードへの保存、構成の保存、共有を行うことができます。

次のスクリーンショットは、Metrics Explorer ページにグラフ化された 1 つの指標タイプ(VM インスタンスの CPU 使用率)を示しています。

Metrics Explorer を使用してグラフ化される指標

上記のスクリーンショットには 3 つの行が表示されていて、各行には特定の VM の時系列データが表示されています。

単一の指標タイプのグラフ化

Metrics Explorer を使用してグラフを構成する方法は、次のとおりです。

  1. Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動

  2. ナビゲーション パネルで、[Metrics Explorer] を選択します。

  3. ツールバーで [Explorer] タブを選択します。

  4. グラフに表示するデータを指定します。メニュー ドリブンのインターフェースを使用する、またはモニタリング フィルタを入力するには、[構成] タブを選択します。Monitoring Query Language(MQL)を使用するには、[MQL] タブを選択します。

    構成タブ

    グラフを構成するには、次の手順を行います。

    1. 表示する時系列データを選択します
    2. (省略可)時系列をグループ化して配置する

    表示する時系列データを選択する

    グラフ化する時系列を選択するには、次のいずれかを行います。

    • VM の CPU 使用率などの指標タイプをグラフ化するには、次の手順を行います。

      1. [指標を選択] メニューを展開します。
      2. (省略可)選択肢の数を制限するには、フィルタバーに指標またはリソース名を入力します。たとえば、VM インスタンスのリクエスト レイテンシをグラフ化するには、「latency」と入力します。
      3. メニューを使用して、特定のリソースと指標を選択します。たとえば、次のような選択を行います。

        1. [Active resources] メニューで、[VM instance] を選択します。
        2. [有効な指標のカテゴリ] メニューで、[uptime_check] を選択します。
        3. [ACTIVE METRICS] メニューで、[Request latency] を選択します。
        4. [適用] をクリックします。
      4. (省略可)表示するデータのサブセットを指定するには、[フィルタを追加] を選択して、ダイアログに入力します。たとえば、フィルタを適用することで、1 つのゾーンのデータを表示できます。フィルタは複数追加できます。 詳細については、グラフ化したデータをフィルタリングするをご覧ください。

    • サービスレベル目標または VM 上で実行されているプロセスの数をグラフ化するには、Monitoring フィルタを入力します。

      1. [指標の選択] メニューで [ヘルプ] をクリックします。
      2. [ダイレクト フィルタ モード] を選択します。
      3. テキスト ボックスにモニタリング フィルタを入力します。

    詳細については、Metrics Explorer 使用時の指標の選択をご覧ください

    (省略可)時系列をグループ化して配置する

    • すべての時系列を表示するには、[Group By] フィールドと [Aggregator] フィールドをオフのままにします。
    • ラベルで時系列をグループ化するには、[Group By] フィールドを使用します。このフィールドの値を選択すると、[Aggregator] フィールドの値が自動的に選択されます。
    • 時系列の結合方法を指定するには、[Aggregator] フィールドを設定します。たとえば、[Group by] フィールドが空で、[Aggregator] フィールドが [mean] に設定されている場合は、時系列の平均がグラフに表示されます。
    • 個々の時系列の処理方法を構成するには、[詳細オプション] を選択します。

    詳細については、グラフ化したデータの表示方法を選択するをご覧ください。

    MQL タブ

    Query Editor にクエリを入力します。たとえば、Google Cloud プロジェクトの VM インスタンスの CPU 使用率をグラフ化するには、次のクエリを使用します。

    fetch gce_instance
    | metric 'compute.googleapis.com/instance/cpu/utilization'
    | group_by 1m, [value_utilization_mean: mean(value.utilization)]
    | every 1m
    

    次のドキュメントでは、MQL に関する情報を提供しています。

  5. 割り当て指標タイプまたは Distribution 値の型を持つ指標タイプをグラフ化した場合は、その後、グラフのスタイルと時間管理の設定を更新します。他の指標タイプでは、デフォルト値の変更は省略可能です。

    割り当て指標タイプの場合は、次の設定を使用します。

    • 通常、これらの指標では通常 1 日に 1 つのサンプルが報告されるため、時間コントロールを 1 週間以上に設定します。
    • Metrics Explorer のツールバーで、[折れ線グラフ] を選択してから、メニューから [積み上げ面グラフ] を選択します。

    分布値の指標タイプの場合は、次の設定を使用します。

    • Metrics Explorer のツールバーで、[折れ線グラフ] を選択し、[ヒートマップ グラフ] を選択します。詳細については、分布指標の作成をご覧ください。
  6. (省略可)グラフにしきい値を追加する、外れ値のみを表示する、現在のデータと過去のデータを比較する、または色設定を変更するには、 [設定] を選択します。選択肢の詳細については、表示オプションをご覧ください。

複数の指標タイプをグラフ化する

状況によっては、同じグラフに異なる指標タイプの時系列を表示したい場合があります。たとえば、VM で読み取りと書き込みの負荷を比較するには、読み取りバイト数と書き込みバイト数を表示するようにグラフを構成します。

複数の指標タイプを表示するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、[Metrics Explorer] を選択します。
  3. ツールバーで [Explorer] タブを選択します。
  4. [CONFIGURATION] タブを選択します。
  5. グラフ化する時系列を選択するには、次のいずれかを行います。

    • VM の CPU 使用率などの指標タイプをグラフ化するには、次の手順を行います。

      1. [指標を選択] メニューを展開します。
      2. (省略可)選択肢の数を制限するには、フィルタバーに指標またはリソース名を入力します。たとえば、VM インスタンスのリクエスト レイテンシをグラフ化するには、「latency」と入力します。
      3. メニューを使用して、特定のリソースと指標を選択します。たとえば、次のような選択を行います。

        1. [Active resources] メニューで、[VM instance] を選択します。
        2. [有効な指標のカテゴリ] メニューで、[uptime_check] を選択します。
        3. [ACTIVE METRICS] メニューで、[Request latency] を選択します。
        4. [適用] をクリックします。
      4. (省略可)表示するデータのサブセットを指定するには、[フィルタを追加] を選択して、ダイアログに入力します。たとえば、フィルタを適用することで、1 つのゾーンのデータを表示できます。フィルタは複数追加できます。 詳細については、グラフ化したデータをフィルタリングするをご覧ください。

    • サービスレベル目標または VM 上で実行されているプロセスの数をグラフ化するには、Monitoring フィルタを入力します。

      1. [指標の選択] メニューで [ヘルプ] をクリックします。
      2. [ダイレクト フィルタ モード] を選択します。
      3. テキスト ボックスにモニタリング フィルタを入力します。

    詳細については、Metrics Explorer 使用時の指標の選択をご覧ください

  6. (省略可)時系列をグループ化して配置する

    • すべての時系列を表示するには、[Group By] フィールドと [Aggregator] フィールドをオフのままにします。
    • ラベルで時系列をグループ化するには、[Group By] フィールドを使用します。このフィールドの値を選択すると、[Aggregator] フィールドの値が自動的に選択されます。
    • 時系列の結合方法を指定するには、[Aggregator] フィールドを設定します。たとえば、[Group by] フィールドが空で、[Aggregator] フィールドが [mean] に設定されている場合は、時系列の平均がグラフに表示されます。
    • 個々の時系列の処理方法を構成するには、[詳細オプション] を選択します。

    詳細については、グラフ化したデータの表示方法を選択するをご覧ください。

  7. 追加タイプの指標ごとに、次の操作を行います。

    1. [別の指標を追加] を選択します。
    2. グラフ化する時系列と、それらの時系列を表示する方法を指定します。

    グラフには最大 10 個の指標タイプを表示できます。

将来参照できるようにグラフを保存する

Metrics Explorer を使用すると、指標の探索に使用できるグラフを作成できます。しかし、このツールで作成されたグラフは永続的ではありません。[Metrics Explorer] ページから移動すると、グラフは破棄されます。

将来参照できるように、Metrics Explorer で構成したグラフを保存するには、カスタム ダッシュボードにグラフを追加するか、グラフの URL を保存します。

  • グラフをカスタム ダッシュボードに追加するには、次のいずれかを行います。

    • Google Cloud Console を使用してカスタム ダッシュボードを管理している場合は、Metrics Explorer ツールバーで [Save Chart] を選択し、ダイアログを完了します。グラフを既存のカスタム ダッシュボードに保存することも、ダッシュボードを作成することもできます。

    • Cloud Monitoring API を使用してカスタム ダッシュボードを管理している場合は、その後、ダッシュボードとそのコンテンツを定義する JSON ファイルを更新します。JSON 表現には、Metrics Explorer ツールバーにある [その他のオプション] メニューからアクセスできます。

      API を使用したカスタム ダッシュボードの管理について詳しくは、API によるダッシュボードの管理をご覧ください。

  • グラフ構成への参照を維持するには、グラフの URL を保存します。グラフの URL はグラフの構成をエンコードするため、この URL をブラウザに貼り付けると構成したグラフが表示されます。

    グラフの URL を取得するには、Metrics Explorer ツールバーで [その他のオプション] を選択してから、[Share by URL] を選択します。

グラフの構成を保存する

Cloud Monitoring API を使用してカスタム ダッシュボードを管理する場合、API に提供するデータの作成に役立つ Metrics Explorer を使用できます。

  • ダッシュボードに追加するグラフの JSON 表現を生成するには、Metrics Explorer でグラフを構成します。その後、Metrics Explorer 内のオプションを使用して、グラフの JSON 表現を表示、コピーできます。

  • Cloud Monitoring API で使用される Monitoring フィルタの構文を識別するには、Metrics Explorer のメニューに基づいたインターフェースを使用してグラフを構成します。指標とフィルタを選択したら、ダイレクト フィルタモードに切り替えて、同等の Monitoring フィルタを表示します。

次のステップ