表示オプションの設定

このドキュメントでは、グラフの外観を設定する方法について説明します。以下の操作を行います。

グラフの外観を構成するには、グラフの [Settings] フィールドを使用します。

基準線を追加する

[Threshold] オプションを使用すると、Y 軸上の 1 つの点から水平線を作成できます。この線は、選択したしきい値を表します。 左側の Y 軸または右側の Y 軸の値を参照するしきい値を追加できます。

次のスクリーンショットは、しきい値線を含むグラフを示しています。

しきい値線が適用されたグラフの例。

上のスクリーンショットでは、しきい値が 7,500 に設定されており、右の Y 軸を参照しています。

グラフに基準線を追加する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、[ ダッシュボード] を選択し、表示または編集するダッシュボードを選択します。
  3. [Edit dashboard] ボタンが表示されている場合は、このボタンをクリックします。
  4. グラフを選択して、グラフの構成ペインを有効にします。
  5. 構成ペインで、 [設定] をクリックします。
  6. [Threshold] オプションを選択します。
  7. 省略可: Y 軸を変更するには、 [Y-axis] をクリックし、メニューから選択します。
  8. [Threhsell line] フィールドでしきい値に値を設定します。

X 線、カラー、統計モードを設定する

グラフのウィジェット タイプによって、使用できる表示スタイルが異なります。たとえば、複数の時系列を個別の折れ線グラフまたは積み上げ棒グラフで表示できます。 データの表示方法を絞り込むには、[グラフモード] オプションを使用します。たとえば、折れ線グラフを選択すると、個別の時系列を表示する、または平均や移動平均などの統計指標を表示することができます。

現在の表示モードの変更は、次の手順で行います。

  1. Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、[ ダッシュボード] を選択し、表示または編集するダッシュボードを選択します。
  3. [Edit dashboard] ボタンが表示されている場合は、このボタンをクリックします。
  4. グラフを選択して、グラフの構成ペインを有効にします。
  5. 構成ペインで、 [設定] をクリックします。
  6. [グラフモード] メニューを展開し、以下の項目を選択します。

    • [Color mode] はデフォルトのグラフモードで、すべてのウィジェットで使用できます。カラーモードでは、各時系列に一意の色が割り当てられます。 折れ線グラフ、積み上げ棒グラフ、積み上げ面グラフ、ヒートマップ ウィジェットで使用できます。
    • 統計モードでは、データの一般的な統計的尺度がグラフに表示されます。統計モードは折れ線グラフでのみ使用できます。

    • X 線モードでは、すべてのグラフ線が半透明の灰色で表示されます。それぞれの線は見づらいですが、線が重なったり交差したりすると、点がより鮮明に表示されます。X 線モードは線の数が多いグラフに適しています。重なり合う線は明るい帯状になり、指標グループ内の正常な動作を表します。X 線モードは、折れ線グラフ、積み上げ棒グラフ、積み上げ面グラフ、ヒートマップ ウィジェットに使用できます。

次のスクリーンショットはカラーモードのグラフを表しています。

カラーモードのグラフの例。

次のスクリーンショットは前のグラフを示していますが、統計モードになっています。

統計モードのグラフ

統計モードを選択すると、グラフの凡例に平均、標準偏差などの統計が表示されます。

次のスクリーンショットは X 線モードのグラフを表しています。

X 線モードのグラフの例。

X 線モードでは、密集したグラフで中央傾向と外れ値がハイライト表示されます。たとえば、同じデータを処理しているマシンのクラスタについて考えてみましょう。クラスタ全体の CPU 使用率を確認すると、クラスタの平均 CPU 使用率のあたりに帯ができることが予想されます。この帯は平均の範囲を示し、クラスタが過剰供給かどうか確認できます。また、X 線モードを使用すると、動作が最適な状態でないサーバーを特定することもできます。

外れ値を表示する

外れ値モードでは、代表的な線ではなく、グラフ上の異常な線が示されます。外れ値モードを使用すると、グラフの線の数が減り、それぞれのグラフの反応が改善され、わかりやすくなります。外れ値モードは線グラフ、積み上げ棒グラフ、積み上げ面グラフ、ヒートマップ ウィジェットに使用できます。

たとえば、次のスクリーンショットはカラーモードのグラフを示しています。

外れ値モードが有効になっていないグラフの例。

このグラフにはメインの線が含まれており、解釈が困難です。外れ値モードが有効になっている場合のデフォルトでは、グラフには平均ランクの上位 3 個の線が表示されます。グラフでは、表示基準を示す注釈が小さい文字で表示されます。 背景には、グレーで表示されているすべての時系列データの概要が示されています。グレーのコンテンツは無効にできません。

外れ値モードのグラフの例。

外れ値を表示するグラフを構成するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、[ ダッシュボード] を選択し、表示または編集するダッシュボードを選択します。
  3. [Edit dashboard] ボタンが表示されている場合は、このボタンをクリックします。
  4. グラフを選択して、グラフの構成ペインを有効にします。
  5. 構成ペインで、 [設定] をクリックします。
  6. [Outlier mode] を選択します。
  7. 表示する時系列の最大数を入力し、時系列のランキング方法と、上位または下位の外れ値を表示するかどうかの値を選択します。

現在と過去のデータを比較する

[Compare to Past] オプションを使用すると、時間、日、週を指定して、過去からの時間範囲を選択できます。折れ線グラフで、指定した時間範囲のデータが現在のデータの上に点線で表示されます。凡例には過去と現在の値が表示されます。

[Compare to Past] は折れ線グラフでのみ使用できます。

グラフには、現在のデータと同じ表示期間の過去データが表示されます。たとえば、午前 10 時から午前 11 時までのデータを示すグラフについて考えてみます。過去データとして 2 週間前のデータを指定すると、2 週間前の午前 10 時から午前 11 時までに収集されたデータが表示されます。

リクエストした期間のデータがない場合は、グラフに変化はありません。

次のスクリーンショットは、2 週間前のデータがない場合とある場合のグラフを示しています。

過去データがない場合:

過去データがないグラフの例。

過去データがあり、1 つの時系列が強調表示されている場合:

過去データがあるグラフの例。

グラフに古いデータを表示するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、[ ダッシュボード] を選択し、表示または編集するダッシュボードを選択します。
  3. [Edit dashboard] ボタンが表示されている場合は、このボタンをクリックします。
  4. グラフを選択して、グラフの構成ペインを有効にします。
  5. 構成ペインで、 [設定] をクリックします。
  6. [Compare to Past] オプションを選択します。
  7. [] フィールドと [スコープ] フィールドを設定して、どのくらい過去にさかのぼるかを指定します。

    たとえば、2スコープweeks の場合、グラフには現在のデータと 2 週前のデータが表示されます。

Y 軸を対数目盛に設定する

[Log scale on Y-axis] オプションを使用すると、グラフの Y 軸の値のスケールを対数スケールに変更できます。左 Y 軸、右 Y 軸、または両方の軸をスケーリングできます。この再スケーリングは、値の塊が小さな範囲内に密集している場合に役立ちます。このオプションを有効にするには、チェックボックスをオンにします。無効にするには、チェックボックスをオフにします。

次のスクリーンショットは、デフォルトの Y 軸のグラフと Y 軸を対数的にスケーリングしたグラフを示しています。

デフォルトの Y 軸:

デフォルトの Y 軸を使用したグラフの例。

対数的にスケーリングされた Y 軸:

対数的にスケーリングされた Y 軸を使用したグラフの例。

Y 軸を対数目盛に設定する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、[ ダッシュボード] を選択し、表示または編集するダッシュボードを選択します。
  3. [Edit dashboard] ボタンが表示されている場合は、このボタンをクリックします。
  4. グラフを選択して、グラフの構成ペインを有効にします。
  5. 構成ペインで、 [設定] をクリックします。
  6. [Log scale on Y-axis] をオンにします。

API モードを構成する

Cloud Monitoring API で記述されるウィジェットの構成を表示できるようにするには、[Show API Mode in Configuration] をクリックします。

選択すると、ダッシュボードのすべてのウィジェットの構成ペインで [API] というラベルの付いたタブを使用できます。これは、Google Cloud Console と Cloud Monitoring API を使用してダッシュボードを管理する場合に便利です。

次のステップ