クイックスタート: 高速費用見積もりを生成する

移行センターを使用して、Google Cloud でインフラストラクチャを実行するための迅速な費用見積もりを生成する方法について説明します。

見積もりは、Google Cloud のベスト プラクティスに基づいて生成されます。実際の費用は、生成された見積もり値よりも上下することがあります。

この例では、次の仕様を持つオンプレミス環境を移行する費用を見積もります。

  • x86 vCPU のみを含む
  • SAP と Oracle の vCPU を含む
  • Linux と Windows 両方の vCPU を含む
  • 移行タイムラインが 5 年である

このタスクを Google Cloud コンソールで直接行う際の順を追ったガイダンスについては、「ガイドを表示」をクリックしてください。

ガイドを表示


始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Google Cloud プロジェクトで課金が有効になっていることを確認します

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Google Cloud プロジェクトで課金が有効になっていることを確認します

見積もりを開始する

  1. Google Cloud コンソールで、移行センターの [費用の見積もり] ページに移動します。

    [費用の見積もり] に移動

  2. [見積もり名] フィールドに「demo_estimate」と入力します。

  3. [オンプレミス] 計算カードで、[見積もりに追加] をクリックします。

  4. [見積もりを開始] をクリックします。

  5. [見積もりの開始] ページの [オンプレミス] カードで、[開始] をクリックします。

インフラストラクチャの詳細を指定する

  1. [見積もりの基本] ページで、デフォルトのロケーションをそのままにして [次へ] をクリックします。

  2. [インフラストラクチャ] ページの [移行する vCPU の合計数] セクションで、[vCPU 数] フィールドに「78250」と入力します。

    デフォルトのストレージ対コンピューティングの比率(4:1)に基づいて、[データセンターのメモリが必要] フィールドが 313000 に自動的に更新されます。

  3. [x86 以外のインフラストラクチャを含める] のチェックボックスは空白のままにします。

  4. [データセンターで現在使用されているストレージ] セクションで、次の詳細を指定します。

    1. [合計ストレージ(TB)] フィールドに「110」と入力します。

    2. [% File Storage]、[% Block Storage]、[% Object Storage] は、デフォルト値をそのまま使用します。

  5. ワークロードとライセンスの詳細を指定するには、[次へ] をクリックします。

ワークロードとライセンスの詳細を指定する

  1. [ワークロードとライセンス] ページの [Oracle と SAP ワークロード] セクションで、[Oracle] と SAP を選択します。

  2. 表示される [Oracle vCPU] フィールドと [SAP vCPU] フィールドに、次の値を入力します。

    • Oracle Database を実行している vCPU の合計数に対する割合: 32
    • Oracle Exadata を実行している vCPU の合計数に対する割合: 0
    • Oracle Data Warehouse Database を実行している vCPU の合計数に対する割合: 0
    • Oracle データベース用のストレージ(GB): 50
    • すべての SAP アプリケーション vCPU の割合: 38
    • SAP データベースの vCPU の合計数に対する割合(%): 12
  3. [これ以外のすべてのワークロードのライセンス] で [Windows Server] を選択します。

  4. [Linux OS] を選択し、[無料の Linux OS(Ubuntu、CentOS、Debian、AlmaLinux、openSUSE など)] を選択します。

  5. [Windows Server を実行している vCPU の割合(%)] フィールドに「30」と入力します。

  6. [無料の Linux OS を実行している vCPU の割合(%)] フィールドに「70」と入力します。

  7. 移行タイムラインを設定するには、[次へ] をクリックします。

移行タイムラインを設定する

  1. [移行タイムライン、料金、割引] ページで、デフォルト値のままにします。

  2. 結果を確認してエクスポートするには、[送信] をクリックします。

見積もりの結果を確認してエクスポートする

このページには、次の情報が表示されます。

  • 5 年間のクラウド費用の見積もり範囲。

    この例での範囲は、$57.5M - $70.3M です。

  • 選択した環境の見積もり料金。

    この例では、オンプレミス インフラストラクチャを Google Cloud に移行した年間費用と、各プロダクトの年間費用の内訳を表示するには、オンプレミスの結果カードの [詳細を表示] をクリックします。

    各プロダクトの年間費用の内訳を表示するには、プロダクト名をクリックします。たとえば、Compute Engine の年間費用内訳を表示するには、[コンピューティング] をクリックします。Compute Engine の各コンポーネントについて、年間の正規価格と合計見積もりの割合が表示されます。

    さらに、Google Cloud コンポーネントの費用計算方法の詳細を表示するには、コンポーネント名をクリックします。たとえば、[ホットコア用のコンピューティング(N2)] をクリックします。サイズと価格の計算方法の詳細が表示されます。これらの計算は、入力と、必要に応じて編集できるデフォルトの前提条件に基づいています。

見積もり結果をエクスポートするには、結果ページの上部にある [エクスポート] をクリックして適切なオプションを選択します。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を実施します。

プロジェクトを削除する

課金をなくす最も簡単な方法は、チュートリアル用に作成したプロジェクトを削除することです。

プロジェクトを削除するには:

  1. Google Cloud コンソールで、[リソースの管理] ページに移動します。

    [リソースの管理] に移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

次のステップ