障害復旧計画とは

障害をすべて防ぐことはできません。それが異常気象のせいであっても、重要なケーブルを切断してしまった作業者のせいであっても、業務を中断させるあらゆる事態に企業は備える必要があります。リカバリ ポイント目標(RPO)は重要な指標です。

障害復旧における RPO とは何でしょうか?それは企業がデータを復元する際の履歴ポイントで、通常業務に大きな影響を及ぼさずに済む損失データ量によって決まります。

しかし、災害後に通常の活動を再開するのは簡単なことではありません。そこで障害復旧計画を立てることが重要です。また、費用、復旧時間、スケーラビリティを考慮すると、サービスとしての障害復旧(DRAaaS)を提供できるクラウドは最適な環境と言えます。

たとえば、Cloud VPN を使用して Cloud Interconnect を構成し、Google Cloud に接続すると、データを Cloud Storage にコピーして迅速でコスト効率の高い DR を実現できます。

IT 障害復旧の定義

IT 障害復旧とは、自然災害または人為的災害の後に重要な IT インフラストラクチャ、ソフトウェア、システムの運用を復旧または継続するために使用されるポリシー、ツール、プロセスのポートフォリオです。

障害復旧計画で何よりも先に考えなければならないのがクラウドです。クラウドは、ビジネスの継続性と障害復旧の両方に対して最適なソリューションと考えられています。クラウドがあれば、個別の障害復旧データセンター(または復旧サイト)を運用する必要がなくなります。

障害復旧サイトとは

第 2 の物理データセンターであり、構築と保守にコストがかかります。クラウドがあれば不要です。

障害復旧の目的

障害復旧戦略は、多くの重要な点で事業運営の保護に役立ちます。一般的なユースケースを次に示します。

ビジネス レジリエンスの確保

どのような状況が発生しても、優れた DR 計画により、データやトランザクションを失うことなく、ビジネスを迅速に完全な運用状態に戻すことができます。

競争力の維持

オフラインになった事業からは、ほとんどの顧客が離れてしまいます。顧客は、競合他社から必要な商品やサービスを入手しようとするでしょう。DR 計画によってこうした事態を防げます。

規制リスクの回避

多くの業界には、データの保存場所と保護方法を規定する規制があります。これらの規制に抵触する場合、多額の罰金が科せられます。

データ損失の回避

企業のシステムがダウンしている時間が長いほど、データが失われるリスクが高くなります。堅牢な DR 計画により、このリスクが最小限に抑えられます。

顧客満足度の維持

カスタマー サービス レベル契約(SLA)への対応は、常に優先事項です。適切に実行された DR 計画により、課題に直面している企業でも SLA は達成できます。

評価の維持

機能停止後、スムーズに業務が再開できない企業は、ブランド イメージを損なう可能性があります。そのため、確実な DR 計画が重要です。