クラスタの管理

このページでは、既存の Cloud Dataproc クラスタを更新する方法と削除する方法について説明します。

クラスタの更新

クラスタを更新するには、Cloud Dataproc API の clusters.patch リクエストを発行するか、ローカル ターミナル ウィンドウまたは Cloud Shellgcloud dataproc clusters update コマンドを実行するか、Google Cloud Platform Console でクラスタの [クラスタの詳細] ページの [構成] タブからクラスタ パラメータを編集します。

次のクラスタ パラメータを更新できます。

クラスタを削除する

クラスタは以下の方法で削除できます。Cloud Dataproc API の clusters.delete メソッドの HTTP リクエストまたはプログラム リクエスト、ローカル ターミナル ウィンドウまたは Cloud Shell の Cloud SDK gcloud コマンドライン ツール、Google Cloud Platform Console などでです。

gcloud コマンド

Cloud Dataproc クラスタを削除するには、ローカル ターミナル ウィンドウまたは Cloud Shell で Cloud SDK の gcloud dataproc clusters delete コマンドを使用します。
gcloud dataproc clusters delete cluster-name

REST API

Cloud Dataproc clusters.delete API を使用してクラスタを削除します。

Console

GCP Console で Cloud Dataproc の [クラスタ] ページを開きます。クラスタ名の左側にあるチェックボックスをオンにしてクラスタを選択し、[削除] をクリックしてクラスタを削除します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。