Compute Engine クライアント ライブラリ

Google Compute Engine API は HTTP と JSON を基に構築されているため、標準の HTTP クライアントであれば、この API にリクエストを送信してレスポンスを解析できます。

ただし、手動で HTTP リクエストを作成してレスポンスを解析するのではなく、クライアント ライブラリを使用することをおすすめします。クライアント ライブラリでは、言語の統合性が高く、セキュリティも強化されています。また、ユーザーの承認が必要な呼び出しもサポートしています。

Compute Engine API は、Google が提供するさまざまなライブラリや、Compute Engine 上で動作することが確認されているサードパーティのオープンソース ライブラリから利用できます。このドキュメントでは、Google 提供のライブラリ、および一部の利用可能なサードパーティ製オープンソース ライブラリについて説明します。

利用可能なライブラリ

コミュニティ ライブラリ

ライブラリ 言語 ベンダー ウェブサイト Compute Engine の使用開始
libcloud Python コミュニティ ウェブサイト ドキュメント
jclouds Java、Clojure コミュニティ ウェブサイト ドキュメント
fog.io Ruby コミュニティ ウェブサイト ドキュメント

Google Cloud クライアント ライブラリ

ライブラリ 言語 ベンダー ウェブサイト Compute Engine の使用開始
Google Cloud Node.js クライアント ライブラリ Node.js Google ウェブサイト ドキュメント

Google API クライアント ライブラリ

ライブラリ 言語 ベンダー ウェブサイト Compute Engine の使用開始
Google API Java クライアント ライブラリ Java Google ウェブサイト ドキュメント
Google API .NET クライアント ライブラリ .NET Google ウェブサイト ドキュメント
Google API Go クライアント ライブラリ Go Google ウェブサイト ドキュメント
Google API JavaScript クライアント ライブラリ JavaScript Google ウェブサイト ドキュメント
Google API Ruby クライアント ライブラリ Ruby Google ウェブサイト ドキュメント
Google API Node.js クライアント ライブラリ Node.js Google ウェブサイト ドキュメント
Google API Objective C クライアント ライブラリ Objective C Google ウェブサイト ドキュメント
Google API PHP クライアント ライブラリ PHP Google ウェブサイト ドキュメント
Google API Python クライアント ライブラリ Python Google ウェブサイト ドキュメント

libcloud

libcloud は、1 つの統一された API を介して多数の広く利用されているクラウド サービス プロバイダとやり取りするための Python ライブラリです。

Compute Engine に関するメモ

Apache libcloud API プロジェクトでは、2013 年 7 月以来、Compute Engine 向けのサポートとアップデートが確実に実施されてきました。この API は、インスタンス、ディスク、ネットワークとファイアウォール、ロードバランサなど、Compute Engine の広範な機能をサポートしています。便利なスタートアップ デモも用意されており、libcloud と Compute Engine の使い方を示した優れたコード例が含まれています。

jclouds

jclouds は、複数のクラウド プロバイダで Java と Clojure を使えるようにするオープンソース ライブラリです。

Compute Engine に関するメモ

jclouds クラウド API は Compute Engine をサポートしており、ユーザーはこの API を使用して、仮想マシン、ディスク、ネットワーキングなどのリソースを管理できます。バージョン 1.9 より、Compute Engine は、jclouds コアに組み込まれました。

fog.io

fog.io は、1 つの API で複数のクラウド サービスとのやり取りを可能にするオープンソース Ruby ライブラリです。

Compute Engine に関するメモ

fog.io クラウド API は、2013 年 5 月にリリースされたバージョン 1.11.0 より、Compute Engine をサポートしています。fog.io のドキュメントを参照して、Compute Engine と fog の使用を開始してみましょう。fog.io API は、作成、破棄、ブートストラップなどのインスタンス オペレーションや、ディスク、ネットワーク、ロードバランサといったリソースの管理をサポートしています。

Google Cloud Node.js クライアント ライブラリ

Compute Engine Node.js スタートガイドをご覧ください。

Google API Java クライアント ライブラリ

このページには、Google API Client Library for Java を使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

サンプル

クライアント ライブラリの使用を開始するにあたっては、compute-engine-cmdline-sample をご参照ください。

プロジェクトにライブラリを追加する

以下のタブからビルド環境(Maven または Gradle)を選択するか、必要な jar ファイルすべてを含む zip ファイルをダウンロードしてください。

ダウンロード

Java 用 Compute Engine API v1 クライアント ライブラリをダウンロードします

下記の詳細については、compute/readme.html ファイルをご覧ください。

  • zip ファイルの内容
  • 各アプリケーション タイプ(ウェブ アプリケーション、インストール アプリケーション、Android アプリケーション)に必要な依存 Jar ファイル。

libs フォルダには、すべてのアプリケーション タイプで必要となる可能性のあるグローバルに適用可能な依存関係がすべて格納されています。

Google API .NET クライアント ライブラリ

このページには、.NET 用 Google API クライアント ライブラリを使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

ライブラリをダウンロードする

Google.Apis.compute で提供されているパッケージの中から NuGet をインストールします。

Google API Go クライアント ライブラリ

このセクションには、Google API Go クライアント ライブラリを使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

ライブラリをダウンロードおよびインストールする

ライブラリをインストールするには、次のコマンドを実行します。

go get google.golang.org/api/compute/v1

ライブラリを使用する

コード内にライブラリをインポートします。

package main

  import (
      "google.golang.org/api/compute/v1"
  )

Google API JavaScript クライアント ライブラリ

このセクションには、Google API JavaScript クライアント ライブラリを使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

API を使用する

API を使用するには、まずライブラリを読み込む必要があります。以下をコードに追加します。

<script src="https://apis.google.com/js/client.js?onload=handleClientLoad"></script>

Google API Ruby クライアント ライブラリ

このページには、Ruby 用 Google API クライアント ライブラリを使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

google-api-client gem をインストールする

Ruby 用 Google API クライアント ライブラリを初めてインストールする場合は、ターミナルを開き、RubyGems を使用してインストールします。

$ gem install google-api-client

google-api-client gem がすでにインストールされている場合は、最新のバージョンにアップデートするだけです。

$ gem update -y google-api-client

システムによっては、これらのコマンドの前に sudo を付ける必要があります。

Ruby 用 Google API クライアント ライブラリを使ってみる

Google 提供のスタートガイドを読み、最初のリクエストを行う方法を確認してください。

Google API Node.js クライアント ライブラリ

Compute Engine Node.js スタートガイドをご覧ください。

Google API Objective C クライアント ライブラリ

このセクションには、Google API Objective C クライアント ライブラリを使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

ライブラリをリンクする

手順に沿って Google API Objective-C クライアント ライブラリをプロジェクトに追加します。

Google API PHP クライアント ライブラリ

このセクションには、Google API PHP クライアント ライブラリを使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

ライブラリをダウンロードする

このライブラリは、composer.json に依存関係として追加することでインストールできます。

"require": {
  "google/apiclient": "1.0.*"
}

このライブラリは GitHub でも入手できるため、git clone メソッドを使用してローカル リポジトリにクローンを作成できます。

git clone https://github.com/google/google-api-php-client.git .

ライブラリを使用する

ライブラリ ファイルの場所を定義する最良の方法は、PHP.ini 構成ファイル内のパスにライブラリ ファイルの場所を追加することです。

include_path = ".:/usr/local/lib/php:/path/to/google-api-php-client/src"

上記と同じ ini ディレクティブをコード内で動的に設定することもできます。

set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . '/path/to/google-api-php-client/src');

Google API Python クライアント ライブラリ

このページには、Python 用 Google API クライアント ライブラリを使用して Compute Engine API の使用を開始するための情報が記載されています。以下のドキュメントも必要に応じて参照してください。

システム要件

クライアント ライブラリのインストール

パッケージ マネージャーを使用するか、Python クライアント ライブラリを手動でダウンロードしてインストールできます。

マネージド インストール

pip または setuptools を使用してインストールを管理します(場合によっては、最初に sudo を実行する必要があります)。

  • pip(推奨):
    $ pip install --upgrade google-api-python-client
  • Setuptools: setuptools パッケージに含まれる easy_install ツールを使用します。
    $ easy_install --upgrade google-api-python-client

手動インストール

最新の Python 用クライアント ライブラリをダウンロードし、コードを解凍して、python setup.py install を実行します。

App Engine

Python クライアント ライブラリは App Engine Python ランタイム環境にはインストールされていないため、サードパーティ ライブラリと同じようにアプリケーションに組み込む必要があります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント