App Engine スタンダード環境

App Engine スタンダード環境は、Google のインフラストラクチャで実行されるコンテナ インスタンスに基づいています。コンテナは、複数の利用可能なランタイムの 1 つで事前構成されています。

スタンダード環境を使用すると、負荷が高く、大量のデータを操作している状態でも確実に実行するアプリケーションを簡単に構築し、デプロイできます。

アプリケーションは保護されたサンドボックス環境で実行されます。スタンダード環境では、リクエストを複数のサーバーに分散し、トラフィック需要に合わせてサーバーをスケーリングできます。サーバーのハードウェア、オペレーティング システム、物理的な場所に関係なく、安全性と信頼性の高い独自の環境でアプリケーションが実行されます。

スタンダード環境の言語とランタイム

スタンダード環境では次の言語がサポートされています。

インスタンスのクラス

インスタンス クラスによって、各インスタンスで使用できるメモリと CPU の量、無料割り当ての量、アプリが無料の割り当てを超過した場合の時間あたりのコストが決まります。

メモリ制限はランタイムの世代によって異なります。すべてのランタイム世代で、メモリの上限には、アプリが使用するメモリとランタイム自体がアプリの実行に必要なメモリが含まれます。Java ランタイムは、他のランタイムよりもアプリの実行に多くのメモリを使用します。

デフォルトのインスタンス クラスをオーバーライドするには、アプリの app.yaml ファイルで instance_class 設定を使用します。

第 2 世代ランタイム

この仕様を使用する第 2 世代のランタイムは、Python 3Java 11Node.jsPHP 7RubyGo 1.12 以降です。

インスタンス クラス メモリ制限  CPU 制限 サポートされているスケーリング タイプ
F1(デフォルト) 256 MB 600 MHz 自動設定
F2 512 MB 1.2 GHz 自動設定
F4 1024 MB 2.4 GHz 自動設定
F4_1G 2048 MB 2.4 GHz 自動設定
B1 256 MB 600 MHz 手動、基本
B2(デフォルト) 512 MB 1.2 GHz 手動、基本
B4 1024 MB 2.4 GHz 手動、基本
B4_1G 2048 MB 2.4 GHz 手動、基本
B8 2048 MB 4.8 GHz 手動、基本

第 1 世代ランタイム

この仕様を使用する第 1 世代のランタイムは、Python 2.7Java 8PHP 5.5 です。

インスタンス クラス メモリ制限  CPU 制限 サポートされているスケーリング タイプ
F1(デフォルト) 128 MB 600 MHz 自動設定
F2 256 MB 1.2 GHz 自動設定
F4 512 MB 2.4 GHz 自動設定
F4_1G 1024 MB 2.4 GHz 自動設定
B1 128 MB 600 MHz 手動、基本
B2(デフォルト) 256 MB 1.2 GHz 手動、基本
B4 512 MB 2.4 GHz 手動、基本
B4_1G 1024 MB 2.4 GHz 手動、基本
B8 1024 MB 4.8 GHz 手動、基本

割り当てと上限

スタンダード環境は、1 GB のデータ ストレージとトラフィックを無料で提供し、有料アプリケーションを有効にすることによって、増やすことができます。ただし、一部の機能には、割り当てに関係なく、システムの安定性を保護するために、制限が課されます。ニーズに合わせて変更する方法を含む割り当てに関する詳細は、割り当てページをご覧ください。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用される方は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの App Engine のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

App Engine 無料トライアル