App Engine スタンダード環境

App Engine スタンダード環境は、Google のインフラストラクチャで実行されるコンテナ インスタンスに基づいています。コンテナは、複数の利用可能なランタイムの 1 つで事前構成されています。

App Engine スタンダード環境では、負荷が高くデータ量が多い状況でも確実に実行されるアプリケーションを簡単にビルドしてデプロイできます。

アプリケーションは、セキュリティ保護されたサンドボックス環境で実行されます。このため App Engine スタンダード環境では、リクエストを複数のサーバーに分散でき、トラフィック需要に合わせてサーバーがスケーリングされます。サーバーのハードウェア、オペレーティング システム、物理的な場所に関係なく、安全性と信頼性の高い独自の環境でアプリケーションが実行されます。

スタンダード環境の言語とランタイム

スタンダード環境では次の言語がサポートされています。

インスタンスのクラス

スタンダード環境で実行している各アプリケーションには、「インスタンス クラス」があり、コンピューティング リソースや料金を決定します。インスタンスのメモリと CPU の制限は、ランタイムの世代によって異なります。お支払い情報については、料金ページをご覧ください。

第 2 世代ランタイム

第 2 世代ランタイムは、Python 3.7Java 11Node 8Node 10PHP 7.2PHP 7.3Ruby 2.5Go 1.11Go 1.12 です。

インスタンス クラス メモリ制限  CPU 制限 サポートされているスケーリング タイプ
F1(デフォルト) 256 MB 600 MHz 自動設定
F2 512 MB 1.2 GHz 自動設定
F4 1024 MB 2.4 GHz 自動設定
F4_HIGHMEM 2048 MB 2.4 GHz 自動設定
B1 256 MB 600 MHz 手動、基本
B2(デフォルト) 512 MB 1.2 GHz 手動、基本
B4 1024 MB 2.4 GHz 手動、基本
B4_HIGHMEM 2048 MB 2.4 GHz 手動、基本
B8 2048 MB 4.8 GHz 手動、基本

第 1 世代ランタイム

第 1 世代のランタイムは、Python 2.7Java 8Go 1.9PHP 5.5 です。

インスタンス クラス メモリ制限  CPU 制限 サポートされているスケーリング タイプ
F1(デフォルト) 128 MB 600 MHz 自動設定
F2 256 MB 1.2 GHz 自動設定
F4 512 MB 2.4 GHz 自動設定
F4_HIGHMEM 1024 MB 2.4 GHz 自動設定
B1 128 MB 600 MHz 手動、基本
B2(デフォルト) 256 MB 1.2 GHz 手動、基本
B4 512 MB 2.4 GHz 手動、基本
B4_HIGHMEM 1024 MB 2.4 GHz 手動、基本
B8 1024 MB 4.8 GHz 手動、基本

割り当てと制限

App Engine スタンダード環境では、有料のアプリケーションを有効にすることで、1 GB のデータ ストレージとトラフィックを無料で利用できます。ただし、一部の機能には、割り当てに関係なく、システムの安定性を保護するために、制限が課されます。ニーズに合わせて変更する方法を含む割り当てに関する詳細は、割り当てページをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine ドキュメント