Anthos Config Management

ハイブリッドの Kubernetes デプロイメントにおける大規模なポリシー運用とセキュリティ対策を自動化できます。

このプロダクトのドキュメントを見る

概要

概要

Anthos Config Management は、Anthos の重要なコンポーネントです。ハイブリッドなコンテナ環境で業務に従事する管理者にとって、迅速かつセキュアなアプリケーション開発は容易ならざる課題です。Anthos Config Management を使用すれば、オンプレミスとクラウドの両方で Kubernetes クラスタに適用されるすべての管理ポリシーに共通する構成を作成できます。Anthos Config Management は、変更を評価してすべてのクラスタに展開し、望ましい状態が常に環境に反映されるようにします。

ハイブリッドの Kubernetes デプロイメント全体でポリシーを定義して適用

中枢の Git リポジトリにより、オンプレミスとクラウドの両方で、RBAC、リソース割り当て、名前空間などのアクセス制御ポリシーが管理されます。Anthos Config Management は宣言型です。クラスタの状態を継続的にチェックし、常に望ましい状態になるようにポリシーを適用します。

セキュリティ ガードレールを設定

管理者は、デベロッパーのために、デフォルトでセキュリティが確保された一貫性のある環境を用意する必要があります。Anthos Config Management を使用すると、望ましいクラスタ構成が確実に適用されるため、新しいチームが迅速に作業に取りかかることが可能になります。

クラスタの拡張を制御

Kubernetes デプロイメントが拡大するにつれて、高可用性、グローバル カバレッジ、エッジ コンピューティングなどのユースケースのためにクラスタを追加する必要が生じます。しかし、新しいクラスタを追加するたびに、別個の構成セットを管理するオーバーヘッドが新たに発生します。Anthos Config Management を使用すれば、複数クラスタの管理を一元化できます。

特長

構成の定義

Git リポジトリを利用すれば、管理ポリシーを反映した共通の構成を作成して、フリート内のすべての Kubernetes クラスタに適用できます。Istio サービス メッシュ、ポッドのセキュリティ ポリシー、割り当てポリシーなどを構成に含めることができます。

構成の適用

構成を世界中のクラスタに展開し、望ましい状態を迅速かつ確実に反映させることができます。

検証

コードがリポジトリに到達する前に、コードのすべての行を検証する組み込み検証ツールを利用して、誤った構成が push されるのを防ぐことができます。

共通の構成フォーマット

YAML や JSON などのネイティブな Kubernetes 構成フォーマットで既存の定義を簡単に移行し、複数クラスタ ポリシーを保存できます。

ソース管理の機能を構成管理に導入

構成の変更を別々のブランチでステージングして、共同作業でコードをレビューできるので、クラスタを最後に正常だった状態に戻す処理が簡単です。

名前空間を認識

複数のクラスタ グループまたは名前空間に対して異なるポリシーを柔軟に構成できます。たとえば、ステージング環境と本番環境のリソースにそれぞれ異なる割り当てレベルを適用できます。

アクティブなモニタリング

コンプライアンスを確保するためのポリシーを宣言型モデルで適用し、クラスタの状態を継続的にモニタリングすることで、構成のブレを回避できます。

Anthos プロダクト

最新のハイブリッド アプリケーションをさまざまな環境でビルドし、管理できます。

料金

Anthos Config Management は Anthos の一部として販売されており、月単位で期間ベースのサブスクリプション サービスとして利用できます。料金の詳細については、セールスチームにお問い合わせください。

Google Cloud

使ってみる

無料で体験

GCP を初めてご利用の場合、あらゆる GCP プロダクトを $300 相当の無料クレジットでお試しいただけます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築やお客様のニーズに合ったパートナーの選定をお手伝いいたします。

フィードバックを送信...