GKE リリース スケジュール

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、各リリース チャンネルの新しいマイナー バージョンごとに、アップグレード スケジュールについて説明します。また、静的バージョン(チャネルなし)については、マイナー バージョンごとに可用性とサポート終了日を示します。 詳細については、リリース チャンネルをご覧ください。

リリースの条件と安定性によっては、リリース日とアップグレード日が遅れる場合があります。このページに戻って最新情報を入手してください。また、Google Kubernetes Engine(GKE)のアップグレード通知に登録して、事前にバージョンの利用可否とロールアウト日の最新情報をご確認ください。

GKE バージョンのサポート ポリシーについては、バージョニングをご覧ください。

自動アップグレードの制御

ビジネスのスケジュールや制約がさまざまなアップグレード パスや戦略を必要とする場合は、ビジネスのニーズにより適するように、自動アップグレードの範囲とタイミングを調整できます。

詳細については、メンテナンスの除外メンテナンスのスコープをご覧ください。

リリース チャンネルのスケジュール

リリース チャンネルに登録されているクラスタは、以下のアップグレード スケジュールに従います。

Kubernetes のバージョン Kubernetes のリリース日 コントロール プレーンとノードのアップグレードの開始 1 サポート終了2
迅速性と Regular Stable
1.21 2021-04-08 2021-09-02 2022-01-07 2022-04-29 2023-01-31
1.223 2021-08-04 2022-04-05 2022-05-27 2022-09-23 2023-03-31
1.23 2021-12-14 2022-05-27 2022-10-20 2022-12-09 2023-06-30
1.24 2022-05-03 2022-08-12 2022-12-09 2023-01 2023-09-30
1.25 2022-08-23 2022-12-09 2023-01 2023-04 2024-01-31
1.26 2022-12-06 2023-02 2023-04 2023-07 2024-03-31

静的(チャンネルなし)バージョンのスケジュール

静的バージョン(チャネルなし)を使用するクラスタは、次の提供およびサポート スケジュールに従います。

Kubernetes のバージョン Kubernetes のリリース日 提供開始4 コントロール プレーンとノードのアップグレードの開始 5 サポート終了2
1.21 2021-04-08 2021-10-01 2022-04-29 2023-01-31
1.22 2021-08-04 2022-01-26 2022-09-23 2023-03-31
1.23 2021-12-14 2022-04-29 2022-12-09 2023-06-30
1.24 2022-05-03 2022-08-19 2023-01 2023-09-30
1.25 2022-08-23 2022-12 2023-04 2024-01-31
1.26 2022-12-06 2023-03 2023-07 2024-03-31

メモ

  1. Kubernetes バージョンは、アップグレードが開始する数週間前に各リリース チャンネルで一般提供されるため、新しいバージョンをテストできます。アップグレードの開始日またはそれ以降に、リリース チャンネルに登録されたクラスタが、参照されているマイナー バージョンにアップグレードされます。

  2. サポート終了: 新機能、セキュリティ パッチ、バグの修正は提供されません。クラスタがサポート終了バージョンを実行している場合、GKE はクラスタの操作性とコンプライアンスを確保するためにクラスタのアップグレードを行います。詳細については、GKE のマイナー バージョン ライフサイクルをご覧ください。

  3. Kubernetes オープンソース バージョン 1.22 では、非推奨になった API を削除しました。GKE バージョン 1.22 は 2021 年 10 月に Rapid チャンネルで利用可能になりました。

  4. 静的可用性の開始: Kubernetes のマイナー バージョンは新しいクラスタを作成する際に静的バージョン(チャンネルなし)で利用可能で、サポートされています。

  5. 静的アップグレードの開始: Kubernetes のマイナー バージョンは、静的(チャネルなし)なデフォルトになります。有効になっている場合、コントロール プレーンはこの日以降にアップグレードされ、つづいてノードがアップグレードされます。詳細については、静的バージョンのアップグレード動作をご覧ください。