コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
シニア IT リーダーからインサイトを得て変革プロセスのヒントを引き出しましょう。新しいGoogle Cloud による変革チャンネルを見る

Google Cloud を選ぶ理由

デジタル トランスフォーメーションは、従来の IT インフラストラクチャをクラウドに「リフト&シフト」して費用の削減と利便性を図ることだけではありません。真の変革はビジネス全体におよび、すべての関係者がその一部となるものです。Google は、最新のテクノロジー要件と、継続的なイノベーションの必要性を深く理解しています。そのため、多くの企業が Google Cloud を選び、トランスフォーメーション クラウドを構築して重要な課題を解決しています。

デジタル トランスフォーメーションを加速

トランスフォーメーション クラウドは、データの民主化、アプリとインフラストラクチャのモダナイゼーション、人々のつながり、信頼できるトランザクションを通じて、組織のデジタル トランスフォーメーションを促進します。その結果、組織と従業員はクラウド コンピューティングのすべてのメリットを活用して、イノベーションを推進できるようになります。

ブログを読む

Google Cloud を利用することで、組織は直ちにイノベーションに着手できます

Google でトランスフォーメーション クラウドを構築する

組織内のすべてのユーザーとチームの作業効率を高め、イノベーションを促進します。

最先端のデータクラウドでスマートな意思決定を実現

スピード、スケール、セキュリティに優れ、AI が組み込まれた Google のデータクラウドで、データドリブンの変革を促進します。運用トランザクションと分析データストアのサイロを解消することによって、新しいユーザー エクスペリエンスを構築し、グローバル スケールで分析情報を引き出し、データをリアルタイムの意思決定に変え、組織の全員に周知することができます。

データクラウドの詳細
BigQuery と Spanner の指標を示すイラスト
BigQuery と Spanner の指標を示す画像

どこでもアプリの運用と構築が可能

明確なマルチクラウド戦略と、オープンソースを軸に構築された最新のクラウド インフラストラクチャを持つ唯一かつ初めてのクラウド プロバイダを利用することで、ベンダー ロックインを回避して開発をスピードアップしましょう。ワークロードをそれぞれニーズに合う最適な場所で実行し、他のクラウド プロバイダの半分の管理費用で 3 倍のスループットを提供するグローバル ネットワークを利用できます。

Google のマルチクラウド ソリューションの詳細

チームの働き方を改革

すでに 30 億人以上のユーザーに慣れ親しまれている Google Workspace で、ビデオ通話メールチャットドキュメントでの共同作業を 1 か所に統合します。Google Workspace はゼロトラスト アプローチで構築されており、エンタープライズ グレードのアクセス管理、データ保護、暗号化、エンドポイント保護が組み込まれています。 

Google Workspace の詳細
Gmail アイコンとテキストをオーバーレイした盾の画像
Google Cloud のセキュリティ エキスパートがお客様のデータとプライバシーをどのように保護しているか

高度なセキュリティ ツールで重要なデータを保護

Google が使用しているものと同じセキュリティ テクノロジーで、お客様のデータやアプリを脅威や不正行為から守るお手伝いをします。Google は世界中のどの企業よりも多くの人々(全世界で何十億ものユーザーや何百万ものウェブサイト)のオンライン セキュリティを確保しています。サービスとオペレーションの核となるゼロトラスト モデルを開発し、幅広いソリューションのポートフォリオと運命共同体的なアプローチで、お客様にも同様のモデルをご利用いただいています。

信頼できるクラウドの詳細

サステナビリティに関する野心的な目標を達成する

業界で最も環境に優しいクラウドでカーボンフリーの未来を築きます。Google Cloud は、お客様のワークロードを含め、自社のオペレーションすべてを賄うために、大手クラウド プロバイダの中で唯一、全体の運用を賄うのに十分な再生可能エネルギーを購入しています。

詳細

米国がん協会のアイコン

「機械学習のアプローチを採用していなかったら、病理学者の専任チームが取り組んだとしても、1,700 の組織サンプルを分析するのに 3 か月ではなく 3 年はかかっていたでしょう。データの統一性と質も改善しています」

米国がん協会疫学研究担当科学ディレクター、Mia M. Gaudet 博士

全文を読む