VPN を使用した接続

この記事では、ポイント対サイト VPN ゲートウェイを使用して VPN 接続を設定する方法について説明します。

オンプレミス ネットワークとプライベート クラウド間のサイト間接続を確立するには、この VPN ゲートウェイではなく、Cloud VPN または Cloud Interconnect を使用してください。Cloud VPN と Cloud Interconnect の詳細については、Network Connectivity プロダクトの選択をご覧ください。

始める前に

このプロセスでは、ポイント対サイト VPN ゲートウェイが必要です。このゲートウェイの作成の詳細については、VPN ゲートウェイをご覧ください。

ポイント対サイト VPN を使用して VMware Engine に接続する

パソコンから VMware Engine に接続するには、VPN クライアントが必要です。Windows の場合は OpenVPN クライアント、macOS と OS X の場合は Viscosity をダウンロードしてください。

  1. Google Cloud VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. [Network] > [VPN gateways] の順に移動します。
  3. VPN ゲートウェイのリストから、接続するポイント対サイト VPN ゲートウェイの名前をクリックします。
  4. [ユーザー] タブを選択します。
  5. [Download my VPN configuration] をクリックします。
  6. VPN クライアントに構成をインポートします。
  7. VPN ゲートウェイに接続します。

例: Viscosity を使用して VPN 接続をインポートする

  1. ダウンロードした zip ファイルから VPN 構成のコンテンツを抽出します。
  2. パソコンで Viscosity を開きます。
  3. [add] をクリックし、[Import connection] > [From file] を選択します。
  4. 使用するプロトコル用の OpenVPN 構成ファイル(.ovpn)を選択し、[Open] をクリックします。接続が [Viscosity] メニューに表示されます。
  5. Viscosity OpenVPN クライアントで、Viscosity メニューから接続を選択して、VPN に接続します。メニュー アイコンが更新され、接続が確立されたことを示します。

例: Viscosity を使用して複数のプライベート クラウドに接続する

ポイント対サイト VPN 接続は、作成した最初のプライベート クラウドの DNS 名を解決します。他のプライベート クラウドにアクセスする場合は、VPN クライアントの DNS サーバーを更新する必要があります。

  1. VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. [Resources] に移動します。
  3. 接続するプライベート クラウドの名前をクリックします。
  4. プライベート クラウドの [Summary] ページの [Basic Info] で、プライベート クラウドの DNS サーバーの IP アドレスをコピーします。
  5. パソコンのシステムトレイにある Viscosity アイコンを右クリックし、[Preferences] を選択します。
  6. VPN 接続名を選択し、[Edit] をクリックして、接続プロパティを変更します。
  7. [Networking] タブで次の情報を入力します。
    • Servers: プライベート クラウド DNS サーバーの IP アドレスをカンマまたはスペースで区切って指定します。
    • Domains: ドメイン(gve.goog)。
    • [Ignore DNS settings sent by VPN server] チェックボックスをオンにします。