VMware Engine ポータルへのアクセス

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. VMware Engine API を有効にする

    API を有効にする

  5. VMware Engine の前提条件を確認します。

VMware Engine ポータルにアクセスする

Google Cloud 認証情報を使用して、シングル サインオンで VMware Engine ポータルにログインできます。手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console で、ナビゲーション メニュー をクリックします。

    Cloud Console に移動

  2. [コンピューティング] の下の [VMware Engine] をクリックして、新しいブラウザタブで VMware Engine を開きます。

VMware Engine へのアクセス権の許可または取り消しを行う

ロールを使用して VMware Engine ポータルへのアクセスを許可し、ロールをプロジェクト レベルで VMware Engine リソースに適用します。プロジェクトに複数のプライベート クラウドが含まれている場合、個々のプライベート クラウドにロールを適用することはできません。

アクセス権の付与

チームメンバーをプロジェクトに追加し、VMware Engine ロールを付与するには、次の操作を行います。

  1. Google Cloud Console の [IAM] ページに移動します。

    IAM ページに移動

  2. [プロジェクトを選択] をクリックし、プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。

  3. [追加] をクリックします。

  4. メールアドレスを入力します。個人、サービス アカウント、Google グループをメンバーとして追加できます。

  5. ユーザーまたはグループが必要とするアクセス権の種類に応じて、VMware Engine サービス閲覧者または VMware Engine サービス管理者のロールを選択します。ロールはメンバーに適切な権限レベルを付与します。

    最善のセキュリティを実現するため、各ユーザーまたはグループには必要最小限の権限を付与することを強くおすすめします。オーナーのロールを持つメンバーは、VMware Engine リソースのすべての側面を管理できます。

  6. [保存] をクリックします。

アクセス権の取り消し

ユーザーまたはグループから VMware Engine のアクセス権を取り消すには、次を行います。

  1. Google Cloud Console の [IAM] ページに移動します。

    IAM ページに移動

  2. [プロジェクトを選択] をクリックし、プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。

  3. アクセス権を取り消すユーザーまたはグループを見つけて、[編集] をクリックします。

  4. 取り消すロールごとに [削除] をクリックし、[保存] をクリックします。

次のステップ