Google Cloud プロダクトとサービスを操作するためのツールとライブラリ
Google Cloud プロダクトとサービスを操作するためのツールとライブラリ

Cloud SDK は、Google Cloud での開発向けの一連のコマンドライン ツールです。これらのツールを使用することで、Compute Engine、Cloud Storage、BigQuery などの Google Cloud サービスにコマンドラインから直接アクセスできます。

  • コマンドラインから直接仮想マシン インスタンスをオーケストレートする
  • gcloud コマンドライン ツールを使用して Compute Engine ネットワーク、ファイアウォール、ディスク ストレージを管理する
  • Java、Python、NodeJS、Ruby、Go、.NET、PHP のクライアント ライブラリを使用して、Cloud SDK を使用言語の設定に適応させる
  • Pub/Sub、Cloud Bigtable、Datastore 用のローカル サービス エミュレータを実行してこれらのサービスをシミュレートし、ローカルでの開発に役立てる

主な機能

gcloud コマンドライン ツール

gcloud CLI は、認証、ローカルの構成、デベロッパー ワークフロー、Google Cloud APIs の操作を管理します。gcloud コマンドライン ツールを使用すると、Compute Engine VM インスタンスの作成、Google Kubernetes Engine クラスタの管理、App Engine アプリケーションのデプロイなど、数多くの一般的なクラウドタスクを、コマンドラインやスクリプトなどの自動処理を用いて簡単に実行できます。

クライアント ライブラリ

Cloud SDK には、インストール可能な各言語の Cloud クライアント ライブラリと Google API クライアント ライブラリが含まれています。これらのライブラリは、サポートされている各言語の自然な規則とスタイルを使用して、認証の処理、必要なボイラープレート コードの量の低減、デベロッパー ワークフローの最適化を行います。

プロダクト固有のコマンドライン ツール

gsutil、bq、kubectl など、一連のコマンドライン ツールがパッケージとして Cloud SDK に付属しています。gsutil では、コマンドラインを使用して Cloud Storage バケットとオブジェクトを管理できます。bq では、コマンドラインを使用して BigQuery 内でクエリを実行し、データセット、テーブル、エンティティを操作できます。kubectl では、コマンドラインを使用して Kubernetes コンテナ クラスタのデプロイや管理ができます。

最新情報

ドキュメント

チュートリアル
Cloud SDK をインストールする

Cloud SDK の最新バージョンをダウンロードして初期化します。

チュートリアル
追加のコンポーネントをインストールする

コマンドライン ツール(bq、gsutil、kubectl)、アルファ版またはベータ版の gcloud コマンド、必要な依存関係など、追加コンポーネントをダウンロードします。

Google Cloud の基礎
クライアント ライブラリを使ってみる

各言語のクライアント ライブラリを使用して Cloud APIs にアクセスします。

Google Cloud の基礎
gcloud コマンドライン ツールの概要

リリースレベル、コマンド構造、プロパティ、構成、グローバル フラグなどの重要な概念、スクリプトのサポート、出力絞り込み機能など、gcloud コマンドライン ツールの包括的な概要。

チュートリアル
gcloud コマンドのスクリプト化

プロンプトの無効化、出力フィルタリング、フォーマット機能などを利用して、スクリプトから gcloud コマンドを実行します。

一般的なユースケース

Google Cloud タスクの自動化

Cloud SDK では、パッケージ化された gcloud、bq、gsutil コマンドライン ツールを使用してスクリプトを作成することで、App Engine へのコードのデプロイ、ログデータの分析、Compute Engine ネットワークの更新など、Google Cloud タスクをいくつでも自動化できます。

gcloud CLI コマンドのスクリプト化

Cloud SDK を使用してスクリプト化する際、スクリプトやその他の自動化機能を使用して gcloud コマンドライン ツールのコマンドを実行できます(たとえば、Jenkins を使用して Google Cloud タスクを自動化するなど)。さらに、gcloud コマンドライン ツールには、コマンド出力をフィルタおよびフォーマットして情報を簡単に構造化および抽出する機能や、複数のコマンドを組み合わせて Google Cloud リソースを非対話的に管理する機能もあります。

すべての機能

gcloud コマンドライン ツール gcloud コマンドライン ツールは、コマンドラインを介して認証、ローカル構成、デベロッパー ワークフロー、Google Cloud APIs の操作を管理します。
クライアント ライブラリ Cloud SDK には、インストール可能な各言語の Cloud クライアント ライブラリが含まれています。これらのライブラリは、サポートされている各言語の自然な規則とスタイルを使用して、認証の処理、必要なボイラープレート コードの量の低減、デベロッパー ワークフローの最適化を行います。
gsutil gsutil では、コマンドラインから直接 Cloud Storage にアクセスして、バケットやオブジェクトを管理するための幅広いタスクを実行できます。
bq bq では、コマンドラインを使用して BigQuery 内でクエリを実行し、データセット、テーブル、エンティティを操作できます。
kubectl kubectl には、Kubernetes クラスタをより細かく制御するためのコマンドが用意されています。アプリケーションのデプロイ、クラスタ リソースの検査と管理、ログの表示など、さまざまな操作ができます。
エミュレータ Cloud SDK には、Bigtable、Datastore、Filestore、Pub/Sub などのプロダクトのエミュレータが含まれています。これはローカルでの開発、テスト、検証に役立ちます。

料金

Cloud SDK は、Google Cloud アカウントをお持ちのお客様に無料で提供されます。

次のステップに進む

Google Cloud をご利用のお客様には、12 か月間有効の無料クレジット $300 分を差し上げます。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用
もっと見る