これは、Recommendations AI、Retail Search、新しい Retail コンソールに関するドキュメントです。制限付き一般提供フェーズで Retail Search を使用するには、Cloud 営業担当者にお問い合わせください

Recommendations AI のみを使用している場合は、Recommendations コンソールを引き続き使用し、Recommendations AI のドキュメントをご覧ください。

結果のサイズの調整

このページでは、クエリ拡張と関連性のしきい値の設定の概要について説明します。

データセットの例

このページでは、例として次のデータセットを使用します。説明に必要なフィールドのみが含まれます。

クエリ拡張

クエリ拡張によって、特にロングテール クエリの場合は、結果が少ないクエリ キーワードの取り消しが増加します。

Java

public static SearchResponse searchProductsWithQueryExpansion(String visitorID, String query)
    throws IOException {
  SearchRequest searchRequest =
      SearchRequest.newBuilder()
          .setPlacement(PLACEMENT_NAME)
          .setVisitorId(visitorID)
          .setQuery(query)
          .setQueryExpansionSpec(
              QueryExpansionSpec.newBuilder().setCondition(QueryExpansionSpec.Condition.AUTO))
          .build();
  return SearchServiceClient.create().search(searchRequest).getPage().getResponse();
}

たとえば、クエリ拡張を使用せずに「Google Pixel 5」を検索すると、結果で「google_pixel_5」だけが返されます。クエリ拡張を使用すると、「google_pixel_4a_with_5g」、「google_pixel_4a」、「google_pixel_5_case」なども取得できます。

関連性のしきい値の設定

関連性のしきい値によって、精度と再現スペクトルがトレードオフされます。

Java

public static SearchResponse searchProductsWithRelevanceThreshold(
    String visitorID, String query, RelevanceThreshold relevanceThreshold) throws IOException {
  SearchRequest searchRequest =
      SearchRequest.newBuilder()
          .setPlacement(PLACEMENT_NAME)
          .setVisitorId(visitorID)
          .setQuery(query)
          .setRelevanceThreshold(relevanceThreshold)
          .build();
  return SearchServiceClient.create().search(searchRequest).getPage().getResponse();
}

たとえば、デフォルトの関連性のしきい値を使用して「Google Pixel 5」を検索すると、結果に ID が「google_pixel_5」の商品のみが表示されます。関連性のしきい値が LOW の場合、ID が「google_pixel_4a_with_5g」、「google_pixel_4a」、「google_pixel_5_case」、「google_pixel_4a_with_5g_case」、「google_pixel_4a_case」の商品が表示されます。関連性のしきい値が LOWEST の場合、ID が「google_pixel_stand」、「google_pixel_buds」の商品、および他の Nest スピーカーも取得します。