Cloud Healthcare API を使用して組織内のイノベーションを促進しているお客様やパートナーの事例をご覧ください。 ウェブセミナーを視聴する。

Cloud Healthcare API

フルマネージドかつエンタープライズ対応の HL7® FHIR®、HL7® v2、DICOM® 用 API を使って、医療ソリューションの開発を高速化。業界固有のセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの要件を満たし、医療データの保護に役立ちます。

このプロダクトのドキュメントを見る

クラウドに接続されている、ネットワーク EMT 機器、ノートパソコン、モバイル デバイス、病院、データベース

インテリジェントな医療ソリューションをクラウド上で迅速に構築

Cloud Healthcare API を使えば、Google Cloud 上の医療アプリケーションやソリューションの間で、標準規格に沿ったデータ交換を簡単に行えます。Cloud Healthcare API は HL7® FHIR®、HL7® v2、DICOM® などの一般的な医療データ規格に対応しており、Google Cloud 上で臨床、分析用ソリューションを安全に構築するためのフルマネージド、スケーラブル、かつエンタープライズ クラスの開発環境を提供します。さらに、自動 DICOM や FHIR の匿名化など、各種の便利なデータ前処理機能も備えています。

Cloud Healthcare API を使用すると、Google Cloud でのインテリジェントな分析や機械学習が可能になります。たとえば、Dataflow でのストリーミング データ処理、BigQuery でのスケーラブルな分析、AI Platform での機械学習を行うためのコネクタが用意されています。

Cloud Healthcare API は、Google Cloud のプライバシーとセキュリティの機能を基盤としており、HIPAA コンプライアンスを遵守しています。また、Google Cloud の ISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017、ISO/IEC 27018 認証の対象範囲に含まれています。Google Cloud はさらに、HITRUST CSF 認証も取得しています。

最新情報

ビーカーと試験管、病院、雲、カルテ、データがグラフ表示されたモニター、聴診器を着けた男性、Google AI/ML アイコンのコラージュ画像

FHIR 形式でデータを保存、管理し、実用的な分析情報を獲得

FHIR 規格の主なバージョン(R4、STU3、DSTU2)を使用して、臨床データの一次的または二次的なリポジトリを作成できます。Cloud Healthcare API を使えば、スケーラビリティ、パフォーマンスともに優れた FHIR データ ストレージを実現し、フルマネージドの REST API を通じてこうした FHIR データにアクセスすることが可能になります。

Cloud Storage から既存の FHIR データを Cloud Healthcare API にインポートすることによって、FHIR でのソリューション開発を迅速に行えます。また、Cloud Data Fusion プラグインを使って既存の CSV/HL7v2 形式のデータを FHIR 形式に変換し、Cloud Healthcare API で管理することが可能です。

FHIR データを Cloud Healthcare API から BigQuery にエクスポート(ストリーミングおよびバッチ)すれば、SQL-on-FHIR 機能を使って高度な分析ソリューションを開発できます。

Cloud Healthcare API で FHIR を使用するためのスタートガイド
データ更新、ビーカー、虫メガネ、タイマーのアイコンと病院のイラスト

HL7v2 メッセージの取り込み、作成、取得

Cloud Healthcare API のオープンソースの MLLP アダプタを使って既存の医療アプリケーションを統合し、HL7v2 メッセージを取り込んだり、作成したりすることが可能です。また、フルマネージドの REST API およびウェブ対応の JSON 形式を使って、既存の HL7v2 メッセージとやりとりできます。

Cloud Healthcare API の HL7v2 のインポートおよびエクスポート機能は、クラウドベースの臨床データ リポジトリを他の医療アプリケーションと同期するのに便利です。

Cloud Healthcare API で HL7v2 を使用するためのスタートガイド
Google AI/ML アイコンと雲の中の複数のサーバーに接続された手の X 線のイラスト

DICOM データの保存、管理

既存のイメージング装置や PACS ソリューションを Cloud Healthcare API のオープンソースの DICOMweb エンドポイントと統合できます。また、Cloud Storage の既存データを直接 Cloud Healthcare API にインポートすることも可能です。

ウェブ対応の JSON 形式とフルマネージドの REST API を使って、既存の DICOM データを管理できます。データを Cloud Healthcare API に取り込んだ後は他の形式のデータと合わせることができ、より大規模なデータセットに対して分析や機械学習を行うことが可能になります。

Cloud Healthcare API で DICOM を使用するためのスタートガイド
チェックマーク付きの青い防護盾と点線の円でつながれている手の X 線、カルテ、パソコン モニター

分析や AI アプリケーション用にデータを匿名化

Cloud Healthcare API のフルマネージドの匿名化サービスを使用すれば、FHIR や DICOM リソースから個人を特定できる情報を取り除いたり、難読化したりできます。こうしたデータの匿名化を通じて、患者のプライバシーを保護しながら、医療データを分析やトレーニング、機械学習モデルの評価に使用したり、特権のない関係者と共有したりできます。

Cloud Healthcare API の匿名化サービスのスタートガイド
左側に緑色のチェックマークと赤色の X が示されたスマートフォンがあり、縦に 3 段落のテキストが右側に引き出されて拡大表示されている

医療やヘルスケアに関する新規データを責任を持って取り込むことができ、既存のデータを管理できるほか、プライバシーに対する期待の高まりや法規制の強化に対応できます。

Healthcare API はプライバシーと同意内容を管理する一元的なソリューションで、新たな法規制や同意モデルにも適応可能です。企業全体のデータを管理できるようにスケール可能で、HIPAA と 21 CFR part 11 にも対応しています。

Healthcare API を使用すれば、患者のデータをサイロ化せずにシームレスに取り込め、新規および既存の患者の同意内容と個人情報に関する選択を管理でき、患者の同意に応じたデータへのアクセスが可能です。また、データが保管された場所で作業でき、特定の使用方法への同意がある全データにクエリを実行でき、コンプライアンスと透明性の証明も可能です。

Consent Management API の詳細
人、鍵のかかった南京錠、チェックマーク付きの青い防護盾と円形の画像を成す点線でつながれた 5 つのサーバー スタック

大規模な分析や機械学習の可能性を引き出す

Cloud Healthcare API からの医療データをまとめて、BigQuery などの強力な分析ツールや、AI Platform Notebooks などの機械学習ツール、Looker などのサードパーティ ツールに取り込めます。

Google Cloud の最先端の分析ツールや機械学習ツールを使用すれば、カスタム機械学習モデルのトレーニングを簡単に行えるほか、こうしたモデルの開発やテストを短期間で行って、本番環境レベルの ML モデルを迅速に導入できます。また、Cloud Healthcare API の FHIR 機能と DICOM 機能を活用すれば、こうした ML モデルの出力を保存し、既存の臨床ワークフローに統合することも可能です。

機械学習の Qwiklabs を試す
虫メガネ、ビーカー、Google Cloud AI/ML のアイコンをつなぐ点線の半円の中にある、Google Cloud Platform のアイコンと数行のコードが表示されたパソコン モニター

優れたプライバシーとセキュリティの機能でデータを管理

Cloud Healthcare API は、データ損失防止ツール、正確なポリシーの制御、堅牢な ID 管理、暗号化などのさまざまな最先端セキュリティ機能を活用する Google の多層セキュリティのアプローチを使用して構築されています。

Cloud Healthcare API でデータを管理する際、Google Cloud 上でデータを保存するロケーションはお客様が管理します。データの局所性をサポートするオプションが用意されており、現在利用可能なロケーションのリスト(地域によって異なります)から、データセットを保存するロケーションを選択できます。

Cloud Healthcare API サービスは、きめ細かな Identity and Access Management(IAM)ポリシーをサポートしているため、データのアクセスと使用における最小権限の原則など、ベスト プラクティスを実装できます。さらに、Cloud Audit Logs と統合されており、データに影響を及ぼすアクションを追跡することも可能です。

特長

コンプライアンスへの取り組み

Cloud Healthcare API は HIPAA コンプライアンスを遵守しています。また、Google Cloud は HITRUST CSF 認証を取得しています。さらに、Cloud Healthcare API は、Google Cloud Platform の ISO 27001ISO 27017ISO 27018 認証の対象範囲に含まれています。詳細については、Google Cloud のコンプライアンスのページをご覧ください。

データの価値を引き出す

Cloud Healthcare API を使用すると、BigQueryCloud AutoMLAI Platform などの高度な分析ソリューションや機械学習ソリューションを活用して、医療データの真の価値を引き出すことができます。

管理不要なスケーラビリティ

Cloud Healthcare API は、Google のインフラストラクチャによって最適化された、ウェブ ネイティブのサーバーレス スケーリングを提供します。API を有効にしてリクエストの送信を開始するだけで、容量の初期構成は不要です。いくつかの制限はありますが(Pub/Sub の割り当てなど)、容量は使用パターンに合わせて拡張できます。

エコシステムに対応

Cloud Healthcare API は、Apigee と統合して、データを中心としたアプリとサービスのエコシステムを提供します。Apigee は、Gartner によって「Full Life Cycle API Management」におけるリーダーに位置付けられています。Gartner レポートをご覧ください。

デベロッパー指向

Cloud Healthcare API を使用すると、医療情報を、それぞれが 1 つ以上のモダリティ固有ストアを持つデータセットに整理できます。各ストアには、REST と RPC のインターフェースからアクセスできます。Cloud IAM を使用して、きめ細かいアクセス ポリシーを設定できます。

データの流動性を強化

Cloud Healthcare API は、FHIR データDICOM データの一括インポートと一括エクスポートをサポートしています。これにより、既存のデータセットを利用するソリューションの提供までの時間を短縮できます。また、プロジェクト間でデータを移動するための便利な API も用意されています。

技術リソース

料金

Cloud Healthcare API 料金ページをご覧ください。請求金額の算出の仕組みをさらに理解するには、Google Cloud 料金計算ツールを使用してください。

次のステップ

$300 分の無料クレジットと 20 種類以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用