開発環境のセットアップ

このページでは、App Engine スタンダード環境用の Cloud Endpoints Frameworks を使用してバックエンド API を構築およびデプロイする開発環境をセットアップする方法について説明します。このページでは、Endpoints Frameworks バージョン 2.0 スケルトンのコードサンプルを使用して、最初に必要となる基本的なソフトウェアとコンポーネントについて説明します。

Endpoints Frameworks バージョン 2.0 の新しいプロジェクトを作成するには、Apache Maven と App Engine プラグインの使用(Cloud SDK ベース)で説明されている endpoints-skeleton-archetype または hello-endpoints-archetype を使用できます。

Endpoints Frameworks を使用してサンプル API をデプロイするのに必要な手順について詳しく理解するには、App Engine での Endpoints Frameworks スタートガイドのチュートリアルをご覧ください。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 詳しくは、課金を有効にする方法をご覧ください。

  4. Google Cloud Platform(GCP)のプロジェクト ID をメモしておきます。この ID は後で必要になります。

必須ソフトウェアをインストールして構成する

  1. Java 8 がインストールされていない場合は、Oracle のサイトから Java Development Kit(JDK)をダウンロードしてインストールします。
  2. Maven または Gradle をインストールします。
  3. Cloud SDK をダウンロードし、初期化します
  4. 次のコマンドを実行します。
    1. Cloud SDK に GCP のデータとサービスへのアクセスを許可します。
      gcloud auth login
    2. 次のアプリケーションのデフォルト認証情報を使用します。
      gcloud auth application-default login
    3. Cloud SDK app-engine-java のコンポーネントをインストールします。
      gcloud components install app-engine-java
    4. Cloud SDK とすべてのコンポーネントを最新バージョンに更新します。
      gcloud components update
  5. App Engine アプリケーションを作成します。
    1. デフォルト プロジェクトを実際の GCP プロジェクト ID に設定します。
      gcloud config set project YOUR_PROJECT_ID

      YOUR_PROJECT_ID を実際の GCP プロジェクト ID に置き換えます。他にも GCP プロジェクトがある場合、gcloud を使ってそのプロジェクトを管理するには、Cloud SDK 構成の管理をご覧ください。

    2. App Engine アプリケーションを作成するリージョンを選択します。リージョンの一覧については、App Engine のロケーションをご覧ください。
    3. App Engine アプリケーションを作成します。 YOUR_PROJECT_ID は実際の GCP プロジェクト ID に、YOUR_REGION は App Engine アプリケーションを作成するリージョンに置き換えます。
        gcloud app create \
        --project=YOUR_PROJECT_ID \
        --region=YOUR_REGION
      

Endpoints Frameworks のスケルトン サンプルを入手する

Endpoints Frameworks バージョン 2.0 のスケルトン サンプルには、Maven と Gradle 向けの必要なビルド スクリプトが含まれています。また、初めて API を作成する際に必要なファイルも含まれています。

  1. ローカルマシンにサンプル リポジトリのクローンを作成します。

     git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/java-docs-samples
    
  2. Endpoints Frameworks スケルトン サンプルを含むディレクトリに移動します。

     cd java-docs-samples/appengine-java8/endpoints-v2-skeleton/
    

    サンプルのディレクトリ構造は以下のとおりです。

    Endpoints Frameworks のスケルトン サンプルのレイアウト

    • MyApi.java には、API を作成する際に使用できる空のクラスが含まれています。作業開始にあたって役立つサンプルコードについては、echo のサンプルをご覧ください。

    • web.xmlサーブレットの構成に使用される標準ファイルです。

    • appengine-web.xml は、Java 8 を使用して App Engine スタンダード環境に API をデプロイする際に必要な情報を定義します。

    • pom.xml には、プロジェクトをビルドして API を App Engine にデプロイするために Maven が使用するプロジェクトと構成の情報が含まれています。

    • build.gradle には、プロジェクトをビルドして API を App Engine にデプロイするために Gradle が使用するプロジェクトと構成の情報が含まれています。

ビルドファイルを構成する

このセクションでは、サンプルコードに含まれている Maven の pom.xml ファイルと Gradle の build.gradle ファイルについて説明します。ビルドファイルを使用して、API の作成をすぐに開始できます。独自の GCP プロジェクト ID を入力すると、それをホスト名で使用できるようになります。

最小構成について

このセクションでは、ビルドファイルに必要な最小構成について説明します。

Maven

最小の依存関係

作業開始にあたって pom.xml に必要な最小限の依存関係を以下に示します。

<dependencies>
    <!-- Compile/runtime dependencies -->
    <dependency>
        <groupId>com.google.endpoints</groupId>
        <artifactId>endpoints-framework</artifactId>
        <version>2.2.1</version>
    </dependency>
    <dependency>
        <groupId>com.google.appengine</groupId>
        <artifactId>appengine-api-1.0-sdk</artifactId>
        <version>1.9.76</version>
    </dependency>
    <dependency>
        <groupId>javax.servlet</groupId>
        <artifactId>javax.servlet-api</artifactId>
        <version>3.1.0</version>
        <type>jar</type>
        <scope>provided</scope>
    </dependency>
    <dependency>
        <groupId>javax.inject</groupId>
        <artifactId>javax.inject</artifactId>
        <version>1</version>
    </dependency>
</dependencies>

  • endpoints-framework 依存関係には、API を作成するために必要なクラスが含まれます。
  • App Engine Standard API SDKappengine-api-sdk)は、プロジェクトを App Engine スタンダード環境にデプロイするために必要となります。
  • 標準の javax.servlet パッケージは、サーブレットをビルドするために必要となります。
  • 標準の javax.inject パッケージは、依存関係の挿入をサポートするために必要となります。

プラグインを適用する

以下のプラグインが適用され、有効になります。

<build>
    <!-- for hot reload of the web application-->
    <outputDirectory>${project.build.directory}/${project.build.finalName}/WEB-INF/classes</outputDirectory>
    <plugins>
        <plugin>
            <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
            <artifactId>maven-war-plugin</artifactId>
            <version>2.6</version>
            <configuration>
                <webResources>
                    <resources>
                        <directory>${basedir}/src/main/webapp/WEB-INF</directory>
                        <filtering>true</filtering>
                        <targetPath>WEB-INF</targetPath>
                    </resources>
                </webResources>
            </configuration>
        </plugin>
        <plugin>
            <groupId>com.google.cloud.tools</groupId>
            <artifactId>appengine-maven-plugin</artifactId>
            <version>1.3.2</version>
            <configuration>
                <!-- deploy configuration -->
            </configuration>
        </plugin>
        <plugin>
            <groupId>com.google.cloud.tools</groupId>
            <artifactId>endpoints-framework-maven-plugin</artifactId>
            <version>1.0.2</version>
            <configuration>
                <!-- plugin configuration -->
                <!--
                     You must replace YOUR_PROJECT_ID with your
                     Google Cloud Project Id
                -->
                <hostname>YOUR_PROJECT_ID.appspot.com</hostname>
            </configuration>
        </plugin>
    </plugins>
</build>
  • maven-war-plugin により java プラグインが拡張され、ウェブ アプリケーションの組み立てサポートが追加されます。
  • appengine-maven-plugin は、App Engine で API を実行するために必要となります。
  • endpoints-framework-maven-plugin は、Endpoints Frameworks プロジェクトをビルドするためのタスクと構成を提供します。

Gradle

プラグインの依存関係

API をビルドするために必要なプラグインを以下に示します。

buildscript {
  repositories {
    mavenCentral()
  }

  dependencies {
    classpath 'com.google.cloud.tools:endpoints-framework-gradle-plugin:1.0.2'
    classpath 'com.google.cloud.tools:appengine-gradle-plugin:1.3.3'
  }
}

プラグインを適用する

以下のプラグインが適用され、Gradle ビルド スクリプトで有効になります。

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'war'
apply plugin: 'com.google.cloud.tools.endpoints-framework-server'
apply plugin: 'com.google.cloud.tools.appengine'

  • java プラグインは、Java 固有のコンパイルおよびビルドステップをプロジェクトに追加します。
  • war プラグインにより java プラグインが拡張され、ウェブ アプリケーションの組み立てサポートが追加されます。
  • endpoints-framework-server プラグインは、Endpoints Frameworks Gradle プラグインにサーバー側のサポートを提供します。
  • appengine プラグインは、App Engine で API を実行するために必要となります。

プロジェクトの依存関係

プロジェクトでは以下の依存関係が使用されます。

dependencies {
    compile 'com.google.endpoints:endpoints-framework:2.0.9'
    compile 'com.google.appengine:appengine-api-1.0-sdk:1.9.59'

    compile 'javax.inject:javax.inject:1'
    compileOnly 'javax.servlet:javax.servlet-api:3.1.0'
}

  • endpoints-framework 依存関係には、API を作成するために必要なクラスが含まれます。
  • App Engine Standard API SDKappengine-api-sdk)は、プロジェクトを App Engine スタンダード環境にデプロイするために必要となります。
  • 標準の javax.servlet パッケージは、サーブレットをビルドするために必要となります。
  • 標準の javax.inject パッケージは、依存関係の挿入をサポートするために必要となります。

サービスのホスト名を定義する

Endpoints Frameworks は DNS と互換性のある名前を使用してサービスを一意に識別します。GCP プロジェクト ID はグローバルに一意であることが保証されているので、API のサービス名の一部として GCP プロジェクト ID を使用してください。

サービスのホスト名を構成するには GCP プロジェクト ID をビルドファイルに追加する必要があります。ホスト名は次の形式にします。

YOUR_PROJECT_ID.appspot.com

App Engine に API をデプロイすると、YOUR_PROJECT_ID.appspot.com という形式の名前を持つ DNS エントリが自動的に作成されます。ホスト名は、Cloud Endpoints サービスの名前であり、API へのリクエスト送信に使用するドメイン名でもあります。

Maven

<plugin>
    <groupId>com.google.cloud.tools</groupId>
    <artifactId>endpoints-framework-maven-plugin</artifactId>
    <version>1.0.2</version>
    <configuration>
        <!-- plugin configuration -->
        <!--
             You must replace YOUR_PROJECT_ID with your
             Google Cloud Project Id
        -->
        <hostname>YOUR_PROJECT_ID.appspot.com</hostname>
    </configuration>
</plugin>

hostname フィールドで、YOUR_PROJECT_ID を GCP のプロジェクト ID に置き換えます。

Gradle

// You must replace YOUR_PROJECT_ID with your Google Cloud Project Id
def projectId = 'YOUR_PROJECT_ID'

endpointsServer {
  // Endpoints Framework Plugin server-side configuration
  hostname = "${projectId}.appspot.com"
}

変数 projectID を GCP プロジェクト ID に設定します。次に例を示します。 def projectId = 'example-project-12345'

Endpoints サーブレットを構成する

Endpoints サーブレットは受信リクエストを処理し、App Engine で実行されているバックエンド サービスにこれらのリクエストを転送します。API を Endpoints で管理するには、Endpoints サーブレットが必要です。

web.xml の詳細については、デプロイ記述子: をご覧ください。

<web-app xmlns="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee"
         xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
         xsi:schemaLocation="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee
         http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee/web-app_3_1.xsd"
         version="3.1">
    <!-- Wrap the backend with Endpoints Frameworks v2. -->
    <servlet>
        <servlet-name>EndpointsServlet</servlet-name>
        <servlet-class>com.google.api.server.spi.EndpointsServlet</servlet-class>
        <init-param>
            <param-name>services</param-name>
            <param-value>com.example.skeleton.MyApi</param-value>
        </init-param>
    </servlet>
    <!-- Route API method requests to the backend. -->
    <servlet-mapping>
        <servlet-name>EndpointsServlet</servlet-name>
        <url-pattern>/_ah/api/*</url-pattern>
    </servlet-mapping>
</web-app>

App Engine のデプロイを構成する

appengine-web.xml ファイルは、API のデプロイ時に App Engine スタンダード環境の構成を定義するために使用されます。詳細については、appengine-web.xml リファレンスをご覧ください。

<appengine-web-app xmlns="http://appengine.google.com/ns/1.0">
    <runtime>java8</runtime>
    <threadsafe>true</threadsafe>

    <system-properties>
        <property name="java.util.logging.config.file" value="WEB-INF/logging.properties"/>
    </system-properties>
</appengine-web-app>

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine 用 Cloud Endpoints Frameworks
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。