App Engine のロケーション

App Engine はリージョナルです。つまり、アプリを実行するインフラストラクチャは特定のリージョンに配置され、そのリージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google が管理しています。

レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすことが、アプリを実行するリージョンを選択する際の主な要素になります。一般的には、アプリのユーザーに最も近いリージョンを選択できますが、App Engine が使用可能なロケーションと、アプリが使用するその他の Google Cloud プロダクトおよびサービスのロケーションを考慮する必要があります。使用するサービスが複数のロケーションにまたがっていると、アプリのレイテンシだけでなく、料金にも影響する可能性があります。

設定したアプリのリージョンは変更できません。

すでに App Engine アプリケーションを作成している場合は、次のいずれかの方法でそのリージョンを表示できます。

リージョンを選択するには、Cloud プロジェクトで App Engine アプリケーションを作成します。スタンダード環境またはフレキシブル環境について詳しくは、「言語別のプロジェクト、アプリケーション、課金の管理」をご覧ください。

Cloud Storage のロケーション

アプリを作成すると、App Engine によってデフォルトのバケットCloud Storage に作成されます。通常、このバケットのロケーションは、App Engine アプリのロケーションと一致するリージョンです。

次の App Engine アプリのロケーションには、マルチリージョンのバケットが作成されます。

  • us-central にあるアプリは、US マルチリージョンにバケットを作成します。
  • europe-west にあるアプリは、EU マルチリージョンにバケットを作成します。

Cloud Storage バケットのロケーションの詳細については、バケットのロケーションをご覧ください。