App Engine の場所

App Engine はリージョナルです。つまり、アプリを実行するインフラストラクチャは特定のリージョンに配置され、そのリージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google によって管理されます。

レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすことが、アプリを実行するリージョンを選択する際の主な要素になります。一般に、アプリのユーザーに最も近いリージョンを選択できますが、アプリで使用されている他の GCP プロダクトやサービスのロケーションを考慮する必要があります。使用するサービスが複数のロケーションにまたがっていると、アプリのレイテンシだけでなく、料金にも影響します。

App Engine は次のリージョンで利用できます。

  • northamerica-northeast1(モントリオール)
  • us-central(アイオワ)
  • us-west2(ロサンゼルス)
  • us-east1(サウスカロライナ)
  • us-east4(バージニア北部)
  • southamerica-east1(サンパウロ)*
  • europe-west(ベルギー)
  • europe-west2(ロンドン)
  • europe-west3(フランクフルト)
  • asia-northeast1(東京)
  • asia-south1(ムンバイ)
  • australia-southeast1(シドニー)

* サンパウロ リージョンをご利用のお客様には、すべてのリージョナル プロダクト SLA が引き続き有効です。ただし、北米と南米を対象とするマルチリージョン機能およびクロスリージョン機能は、可用性またはパフォーマンスが一時的に低下する可能性があります。

アプリのリージョンを設定した後で変更することはできません。

App Engine アプリケーションがすでに作成済みであれば、gcloud app describe コマンドを実行するか GCP Console の App Engine ダッシュボードを開くことで、リージョンを表示できます。App Engine アプリケーションのリージョンは http://[YOUR_PROJECT_ID].appspot.com に表示されます。

リージョンを選択するには、GCP プロジェクトで App Engine アプリケーションを作成します。スタンダード環境またはフレキシブル環境について詳しくは、言語別のプロジェクト、アプリケーション、課金の管理をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...