AWS プロフェッショナルのための Google Cloud

最終更新日: 2020 年 3 月 16 日

このガイドでは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)に精通しているプロフェッショナル向けに、Google Cloud を使い始めるにあたって知るべき主要コンセプトについて説明します。Google Cloud と AWS を比較し、両者の類似点と相違点を明確にします。また、AWS の製品、コンセプト、用語と Google Cloud のプロダクト、コンセプト、用語の対応がすぐにわかるよう簡潔にまとめています。

Google Cloud を選ぶ理由

過去 20 年間にわたり、Google は、世界中で最高クラスの速度、パワー、品質を備えるクラウド インフラストラクチャを構築してきました。Google 内部では、このインフラストラクチャを GmailマップYouTube検索といったトラフィック量の多いグローバル規模のサービスで使用しています。これらのサービスのサイズとスケールは巨大なため、Google では、インフラストラクチャを最適化し、効率的に管理するためのツールやサービスの作成に力を入れてきました。Google Cloud は、このような最適化されたインフラストラクチャと管理リソースを、お手元でご利用いただけるプロダクトです。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分も差し上げます。

無料で開始

リージョンとゾーン

ほぼすべての AWS サービスは、世界中に配置されているリージョン内でデプロイされています。各リージョンは、互いに比較的近接しているデータセンター グループで構成されています。Amazon はリージョンをアベイラビリティ ゾーンに分割します。Google Cloud も同様に、世界中に配置されているリージョンやゾーンに分けてサービスを提供しています。Google Cloud のグローバル リージョンとゾーンの完全なマッピングについては、クラウドのロケーションをご覧ください。

また、Google Cloud サービスの中には、リージョンやゾーンという細かいレベルではなく、マルチ リージョンに配置されているものもあります。Google App Engine や Google Cloud Storage がこれらのサービスに含まれます。現在、このマルチリージョンの配置が利用できるのは、米国、ヨーロッパ、アジアのみです。

設計により、AWS リージョンは他の AWS リージョンから分離しており、独立した形態になっています。この設計は、ひとつのリージョンの可用性が、他のリージョンの可用性に影響を及ぼさないように、また、リージョン内のサービスが、独立した形態を確保できるようにするためのものです。同様に、可用性の理由から、Google Cloud リージョンは互いに分離されています。ただし、Google Cloud には、Google Cloud サービスのニーズに応じてリージョン間でデータを同期できる機能が組み込まれています。

AWS と Google Cloud はどちらも、世界中のさまざまな場所に接続拠点(POP)を配置しています。このように POP を配置することで、エンドユーザーに近い場所でコンテンツをキャッシュに保存できます。ただし、各プラットフォームは、各自異なった方法で、該当する POP ロケーションを使用しています。

  • AWS は、POP を使用して、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービスである CloudFront を提供しています。CloudFront は、Amazon S3 Transfer Acceleration や Lambda@Edge などのサービスにエッジ キャッシングを提供します。
  • Google Cloud は、POP を使用して、Google Cloud CDN(Cloud CDN)を提供するとともに、Google App Engine や Google Cloud Storage などのサービス向けに組み込みのエッジ キャッシングを提供しています。

Google Cloud POP は、Google が所有するファイバー経由でデータセンターに接続します。このスムーズな接続により、Google Cloud ベースのアプリケーションは Google Cloud 上のすべてのサービスに高速かつ確実にアクセスできます。

AWS のロケーションに関する用語とコンセプトは、次のように Google Cloud の用語とコンセプトと対応しています。

コンセプト AWS の用語 Google Cloud の用語
データセンターやサービスのクラスタ リージョン リージョン
抽象化されたデータセンター アベイラビリティ ゾーン ゾーン
エッジ キャッシング POP(CloudFront で構築されたサービス) POP(複数のサービス)

アカウント、制限、料金

AWS サービスを使用するには、AWS アカウントに登録する必要があります。このプロセスが完了したら、Amazon が規定する制限内において、アカウントを利用し、サービスを起動できます。これらのサービスに対する料金は、利用者の特定のアカウントに請求されます。必要に応じて、請求先アカウントを作成し、その後、この請求先アカウントにロールアップされるサブアカウントを作成します。こうすることで、組織における標準的な構造に準じた請求が可能になります。

同様に、Google Cloud のサービスを使用するには Google アカウントを設定する必要があります。ただし、Google Cloud は、アカウント別ではなくプロジェクト別にサービスの利用状況を分類します。このモデルでは、同じアカウントで別個のプロジェクトを複数作成できます。組織における設定では、企業内の部門やグループについて個々にプロジェクト スペースを作成できるという利点があります。また、このモデルはテストを行う場合にも便利です。プロジェクトの完了後、プロジェクトを削除すると、そのプロジェクトによって作成されたリソースもすべて削除されます。

AWS と Google Cloud のいずれにおいても、新規アカウントに対するサービスのソフト制限がデフォルトで定められています。これらのソフト制限は、サービスの技術的制限に関するものではありません。過剰なリソースを使用する不正なアカウントを防いだり、プラットフォームを閲覧する際に、新規ユーザーが意図したよりも多くリソースを消費してしまうリスクを軽減するためのものです。AWS と Google Cloud では、アプリケーションがこれらの制限を超えた場合、サービスに課せられた上限を上げるために、適切な内部チームと連絡を取れるように設定されています。

コア機能やサービスよりも頻繁に料金が変更する傾向があるので、この記事では料金体系については記載しません。しかし、サービスに関する各記事には料金モデルに関する説明が記載されています。特定のソリューションに関する最新の料金を比較するには、Amazon 料金計算ツールGoogle Cloud 料金計算ツールを使用して、柔軟性、スケーラビリティ、費用などの面で最適な構成を確認してください。

ウェブ コンソールとコマンドライン インターフェース

AWS と Google Cloud ではどちらも、ウェブベースのコンソールを提供しています。ユーザーは、コンソールを使用してリソースの作成、管理、監視を行えます。Google Cloud のコンソールは、https://console.cloud.google.com/ にあります。

AWS と Google Cloud では、サービスやリソースとやり取りをするためのコマンドライン インターフェース(CLI)も用意されています。AWS では Amazon CLI が、Google Cloud では Cloud SDK が提供されています。これらは全サービスに対応した統合 CLI であり、Windows、Linux、macOS で利用可能なバイナリを装備したクロスプラットフォームです。また、Google Cloud では、Google Cloud Shell を利用して、ウェブブラウザで Cloud SDK を使用できます。Cloud Shell では、プリインストールされたユーティリティと事前設定された環境変数も使用できます。

サービスタイプ

クラウド プラットフォームは大まかに言うと、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、データベース サービスなどの基本サービスを提供しています。AWS の基本サービスには次のものがあります。

  • コンピューティング: Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)
  • ストレージ: Amazon Simple Storage Service(S3)、Amazon Elastic Block Store(EBS)
  • ネットワーキング: Amazon Virtual Private Cloud(VPC)
  • データベース: Amazon Relational Database Service(RDS)、Amazon DynamoDB

Google Cloud の基本サービスには、次のものがあります。

  • コンピューティング: Google Compute Engine、Google App Engine
  • ストレージ: Google Cloud Storage
  • ネットワーキング: Google Virtual Private Cloud
  • データベース: Google Cloud SQL、Google Firestore、Google Cloud Bigtable

プラットフォームには、これらのサービスに加え、さらに上位レベルのサービスを組み込むことが可能です。これらの上位レベルのサービスは、5 つのタイプに分類できます。

  • アプリケーション サービス: Cloud 内のアプリケーションを最適化するために設計されたサービスです。これには、Amazon SNS や Google Pub/Sub が含まれます。
  • ビッグデータおよび分析サービス: Amazon Kinesis や Google Dataflow など、大量のデータを処理するために設計されたサービスです。
  • 機械学習サービス: 画像認識や音声認識などの知覚 AI を組み込むためのサービスです。独自の機械学習モデルをトレーニングしてデプロイすることもできます。Amazon SageMaker や Google AI Platform などがあります。
  • 運用サービス: アプリケーションのパフォーマンスを追跡するために設計されたサービスです。Amazon CloudWatch や Google Cloud Monitoring などがあります。
  • セキュリティ サービス: Google Cloud リソースのセキュリティを維持するために設計されたサービスです。AWS Shield、AWS Identity and Access Management(IAM)、Google Cloud Armor、Identity and Access Management(IAM)などがあります。

サービスの比較

次の表は、AWS と Google Cloud で利用可能なさまざまなサービスを並べて比較したものです。

サービス カテゴリ サービス AWS Google Cloud
コンピューティング IaaS Amazon Elastic Compute Cloud Compute Engine
PaaS AWS Elastic Beanstalk App Engine
FaaS AWS Lambda Cloud Functions
コンテナ CaaS Amazon Elastic Kubernetes Service、Amazon Elastic Container Service Google Kubernetes Engine
インフラストラクチャのないコンテナ AWS Fargate Cloud Run
Container Registry Amazon Elastic Container Registry Container Registry
ネットワーキング 仮想ネットワーク Amazon Virtual Private Cloud Virtual Private Cloud
ロードバランサ Elastic Load Balancer Cloud Load Balancing
Dedicated Interconnect 接続 AWS Direct Connect Cloud Interconnect
ドメインと DNS Amazon Route 53 Google Domains、Cloud DNS
CDN Amazon CloudFront Cloud CDN
DDoS ファイアウォール AWS Shield、AWS WAF Google Cloud Armor
ストレージ オブジェクト ストレージ Amazon Simple Storage Service Cloud Storage
ブロック ストレージ Amazon Elastic Block Store Persistent Disk
低可用性ストレージ Amazon S3 標準 - 低頻度アクセス、Amazon S3 1 ゾーン - 低頻度アクセス Cloud Storage Nearline と Cloud Storage Coldline
アーカイブ ストレージ Amazon Glacier Cloud Storage Archive
ファイル ストレージ Amazon Elastic File System Filestore
インメモリ データストア Amazon ElastiCache for Redis Memorystore
データベース RDBMS Amazon Relational Database Service、Amazon Aurora Cloud SQLCloud Spanner
NoSQL: Key-Value Amazon DynamoDB FirestoreCloud Bigtable
NoSQL: インデックス Amazon SimpleDB Firestore
インメモリ データストア Amazon ElastiCache for Redis Memorystore
データ分析 データ ウェアハウス Amazon Redshift BigQuery
クエリサービス Amazon Athena BigQuery
メッセージ Amazon Simple Notification Service、Amazon Simple Queuing Service Pub/Sub
バッチデータ処理 Amazon Elastic MapReduce、AWS Batch DataprocDataflow
ストリーム データ処理 Amazon Kinesis Dataflow
ストリーム データ取り込み Amazon Kinesis Pub/Sub
ワークフロー オーケストレーション Amazon Data Pipeline、AWS Glue Cloud Composer
管理ツール デプロイ AWS CloudFormation Cloud Deployment Manager
費用管理 AWS Budget 費用管理
運用 モニタリング Amazon CloudWatch Cloud Monitoring
ロギング Amazon CloudWatch Logs Cloud Logging
監査ロギング AWS CloudTrails Cloud Audit Logs
デバッグ AWS X-Ray Cloud デバッガ
パフォーマンス トレース AWS X-Ray Cloud Trace
セキュリティと ID IAM Amazon Identity and Access Management Identity and Access Management
シークレット管理 AWS シークレット マネージャー Secret Manager
暗号化キー AWS Key Management Service Cloud Key Management Service
リソースのモニタリング AWS Config Cloud Asset Inventory
脆弱性スキャン Amazon Inspector Web Security Scanner
脅威の検出 Amazon GuardDuty Event Threat Detection(ベータ版)
Microsoft Active Directory AWS Directory Service Managed Service for Microsoft Active Directory
機械学習 音声 Amazon Transcribe Speech-to-Text
Vision Amazon Rekognition Cloud Vision
自然言語処理 Amazon Comprehend Cloud Natural Language API
翻訳 Amazon Translate Cloud Translation
会話型インターフェース Amazon Lex Dialogflow Enterprise Edition
ビデオ インテリジェンス Amazon Rekognition Video Video Intelligence API
自動生成モデル Amazon SageMaker Autopilot AutoML
フルマネージド ML Amazon SageMaker AI Platform
モノのインターネット IoT サービス Amazon IoT Cloud IoT

次のステップ

それぞれのサービスタイプに関する AWS プロフェッショナルのための Google Cloud の記事をご覧ください。