Dialogflow Phone Gateway

Dialogflow Phone Gateway 機能は、エージェントとの電話インターフェースを提供します。これは、コールセンター ネットワークの他の部分と統合される会話型 IVR(インタラクティブ音声レスポンス)ソリューションを構築するために使用されます。現在、Google がホストする電話番号を選択できます。将来的には、既存の電話番号を移行することもできるようになります。

Phone Gateway の料金と割り当て情報については、料金割り当てと上限ページをご覧ください。

言語サポート

この統合では、1 つの言語(エージェントのデフォルト言語)の使用のみがサポートされます。

エージェントに対して拡張音声モデルが有効になっている場合、この統合では次の言語のみがサポートされます。

  • 英語(en)
  • 英語 - US(en-US)

エージェントに対して拡張音声モデルが無効になっている場合、言語ページの電話ゲートウェイの列をご覧ください。

始める前に

このガイドを読む前に、次の手順を行ってください。

  1. Dialogflow の基本をご覧ください。
  2. 手順に沿って設定してください。

エージェントを作成する

エージェントをまだ作成していない場合は、ここで作成します。

  1. Dialogflow ES コンソールに移動します。
  2. Dialogflow コンソールにログインするよう求められたら、ログインします。詳細については、Dialogflow コンソールの概要をご覧ください。
  3. 左側のサイドバー メニューで [Create Agent] をクリックします。(すでに他のエージェントをお持ちの場合は、エージェント名をクリックし、一番下までスクロールして [Create new agent] をクリックします)。
  4. エージェント名、デフォルトの言語、デフォルトのタイムゾーンを入力します。
  5. すでにプロジェクトを作成している場合は、そのプロジェクトを入力します。Dialogflow コンソールでプロジェクトを作成できるようにする場合は、[Create a new Google project] を選択します。
  6. [Create] ボタンをクリックします。

エージェントにサンプル ファイルをインポートする

このガイドの手順でエージェントの前提条件を設定するため、このガイド用に準備されたエージェントをインポートする必要があります。インポート時に、この手順では restore オプションが使用されます。これにより、すべてのエージェント設定、インテント、エンティティが上書きされます。

ファイルをインポートする手順は次のとおりです。

  1. telephony-bot.zip ファイルをダウンロードします。
  2. Dialogflow ES コンソールに移動します。
  3. エージェントを選択します。
  4. エージェント名の横にある設定 ボタンをクリックします。
  5. [Export and Import] タブを選択します。
  6. [Restore from Zip] を選択し、手順に従ってダウンロードした zip ファイルを復元します。

ベータ版の機能を有効にする

ベータ版の機能が有効になっていることを確認するには、次の手順を実行します。

  1. Dialogflow ES コンソールに移動します。
  2. エージェントを選択します。
  3. エージェント名の横にある設定 ボタンをクリックします。
  4. [General] タブが選択されている状態で下にスクロールし、[Beta Features] が有効になっていることを確認します。
  5. 変更を加えた場合は、[Save] をクリックします。

Phone Gateway を設定する

ゲートウェイを設定する手順は次のとおりです。

  1. プロバイダを選択します。
    1. Dialogflow ES コンソールに移動します。
    2. エージェントを選択します。
    3. [Integrations] をクリックします。
    4. [Dialogflow Phone Gateway] をクリックします。
  2. Phone Gateway を構成します。
    1. 言語を選択します。
    2. 電話番号の国コードを選択します。
    3. 省略可。優先エリアコードを選択します。
    4. [Next] をクリックします。
  3. 番号を選択します。
    1. リストから電話番号を選択します。
    2. [Create] をクリックします。
  4. 完了:
    1. ゲートウェイがアクティブになりました。
    2. 必要に応じて環境を変更します。
    3. 表示された電話番号を保存し、ダイアログ ウィンドウを閉じます。Dialogflow Phone Gateway の統合ボタンをもう一度クリックすると、この情報を取得できます。

電話をかける

ここで電話をかけ、簡単な音声コマンドに従います。対話はエージェントで定義されます。

インテントを調べる

正常に動作する Phone Gateway エージェントができたので、インポートしたインテントを見てみましょう。これは、独自の Phone Gateway エージェントを構築する方法を理解するのに役立ちます。

発信者を歓迎する

電話をかけると、エージェントが応対し、オプションのリストを提示します。以下の手順に沿って、その構成を確認します。

  1. Dialogflow ES コンソールに移動します。
  2. エージェントを選択します。
  3. [Intents] をクリックします。
  4. [Default Welcome Intent] をクリックします。
  5. [Events] セクションまで下にスクロールします。[Welcome (WELCOME)] と [Telephony Welcome (TELEPHONY_WELCOME)] の両方のイベントが存在しています。これはあらゆる種類の歓迎イベントがこのインテントをトリガーすることを意味します。これ以外の方法として、歓迎イベントごとに専用のインテントを作成することもできます。
  6. [Responses] セクションまでスクロールし、[DIALOGFLOW PHONE GATEWAY] タブをクリックします。
  7. [Synthesize speech] のレスポンスには、この番号に電話をかけたときに聞こえた歓迎メッセージが含まれています。

test コマンドにレスポンスする

「test」と応答すると、エージェントが新しいオプション リストを提示します。以下の手順に沿って、その構成を確認します。

  1. [Intents] をクリックします。
  2. [Test Telephony Intent] をクリックします。
  3. [Responses] セクションまでスクロールし、[DIALOGFLOW PHONE GATEWAY] タブをクリックします。
  4. [Synthesize speech] のレスポンスには、「test」と言った後に聞こえた回答が含まれています。

コンテキストを設定する

「test」と言った後、「transfer」と「terminate」という 2 つのコマンドを実行できます。これは Phone Gateway エージェントの制限ではありません。このインテントを定義する方法です。こうしたコマンドに関連するインテントにはコンテキストが用意されています。以下の手順に沿って、その構成を確認します。

  1. 上部の [Context] セクションまでスクロールします。
  2. TestTelephonyIntent-followup 出力のコンテキストをご覧ください。
  3. [Intents] をクリックします。
  4. [Test Telephony Intent] の横にある拡張ボタンをクリックします。
  5. [Test Telephony Intent - Terminate] をクリックします。
  6. 上部の [Context] セクションまでスクロールします。
  7. TestTelephonyIntent-followup 入力のコンテキストをご覧ください。

通話を終了する

「terminate」と応答すると、エージェントは「goodbye」と言って通話を終了します。以下の手順に沿って、その構成を確認します。

  1. [Training phrases] セクションまでスクロールし、通話を終了するために使用されたフレーズをメモします。
  2. [Responses] セクションまでスクロールし、[DIALOGFLOW PHONE GATEWAY] タブをクリックします。
  3. [Synthesize speech] のレスポンスには「goodbye」が含まれています。
  4. [Set this intent as end of conversation] が有効になっています。このオプションが有効になっている場合、Dialogflow で他のすべての音声によるプロンプトが再生された後で通話が終了します。

Phone Gateway のリッチ レスポンス メッセージ

この例のインテントでは、Phone Gateway レスポンスにリッチ レスポンス メッセージを使用します。 使用できるタイプは次のとおりです。

  • Play audio: 指定された音声ファイルを再生します。再生する音声が格納されている Cloud Storage オブジェクトの URI を指定します。例: 'gs://bucket/object' このオブジェクトには、単一のチャンネル(モノラル)の 8kHz リニア PCM オーディオ(2 バイト / サンプル)が含まれている必要があります。
  • Synthesize speech: 指定されたテキストを音声に合成して再生します。また、[Use response from the DEFAULT tab as the first response] を有効にすることもできます。このレスポンスでは、デフォルトのレスポンスを使用して音声レスポンスを合成します。デフォルトのレスポンスのみを定義し、[Use response from the DEFAULT tab as the first response] を有効にしない場合は、QueryResult.fulfillment_text(ランダムに選択されたテキスト レスポンスで作成)内に入力されたテキストのみが音声として合成されます。
  • Transfer call: 発信者を別の番号に転送します。

エージェントの設定

音声合成のさまざまな側面を制御できます。詳しくは、エージェントの音声設定をご覧ください。

Dialogflow シミュレータを使用する

Phone Gateway エージェントのテストまたは試験運用を行う場合は、電話をかける必要はありません。 Dialogflow シミュレータを使用して、エージェントと対話して音声レスポンスを受け取ることができます。手順は次のとおりです。

  1. 「hello」と入力して Return キーを押します。
  2. [Default Response] を [DIALOGFLOW PHONE GATEWAY] に変更します。
  3. エージェントのレスポンスを聞くには、[Play Audio] ボタンをクリックします。
  4. エージェントとの会話を続けます。

フリーダイヤルの電話番号

電話番号は 833 の市外局番でリクエストできます。 フリーダイヤルの電話番号は料金が高くなります

イベント

この統合によって、次のイベントが呼び出されます。

イベント 説明
TELEPHONY_WELCOME Dialogflow エージェントに関連付けられている電話番号が呼び出された時点でトリガーされます。