Dialogflow と Google Chat の統合

Dialogflow と Google Chat の統合により、一対一のチャットやチャットルームに含める bot を作成できます。詳細については、Google Chat API のドキュメントをご覧ください。

設定

Google Chat の統合を設定して有効にするには、次の手順を行います。

  1. 左側のメニューで [Integrations] をクリックします。
  2. [Hangouts Chat] をクリックします。
  3. アクセス オプションを選択します。
  4. (省略可)エージェント環境を選択します。
  5. [起動] をクリックします。

ボットを構成する

Google Chat bot の作成後、統合ポップアップの [CONFIGURE BOT DETAILS] ボタンをクリックすると、詳細を変更できます。これで、Google Chat API の Google Cloud Console ページが表示されます。

Google Chat API Publishing bots のガイドの手順に沿って bot を構成して公開します。

ボットアバターを構成する

ボットアバターを構成する方法は 2 つあります。

  • 統合設定で [CONFIGURE BOT DETAILS] ボタンをクリックし、[アバターの URL] フィールドにアバターの URL を入力します。
  • エージェントの一般設定の [Agent Avatar URI] フィールドにアバターの URL を入力します。

Cloud Console を有効にして構成する

Cloud Console で次の手順を行うことによっても Google Chat の統合を有効にできます。

  1. Cloud Console で、左上隅にあるメニュー アイコン をクリックします。
  2. [API とサービス] > [ダッシュボード] の順にクリックします。
  3. [API とサービスを有効化] をクリックします。
  4. 「Google Chat API」を検索します。
  5. [Google Chat API] タイルをクリックします。
  6. [有効にする] をクリックします。
  7. 左側のサイドバー メニューで [設定] をクリックします。
  8. Google Chat API Publishing bots のガイドの手順に沿って bot を構成して公開します。

テスト

テストを開始する前に、ボットを起動しておく必要があります(設定セクションを参照)。

ボットをテストするには、次の手順に従います。

  1. Google Chat に移動します。
  2. [Search] フィールドをクリックします。
  3. [Find a bot] を選択します。
  4. ボットの名前を選択します。
  5. [Message] をクリックします。

トラブルシューティング

エラー 解決策
管理者の設定により、bot とダイレクト メッセージをやり取りすることはできません。 ユーザーに bot のインストールを許可するように Google Workspace 管理者に依頼してください。

リッチ レスポンス メッセージ

この統合により、一部のリッチ レスポンス メッセージGoogle Chat のメッセージ タイプに変換されます。

テキストのレスポンス

テキスト レスポンスSimpleText として Google Chat に送信されます。このフォーマットでは、テキストを特定の(マークダウン ライト)記号で囲むことにより、太字や斜体にできます。

SimpleText レスポンスは、Dialogflow コンソールのデフォルトのテキスト レスポンスと同じように表示されます。ただし、未加工の API レスポンスは少し異なります。また、プラットフォーム構成を GOOGLE_HANGOUTS に設定して、複数の統合用のエージェントを構築するときに興味深い情報を提供します。

"fulfillmentMessages": [
{
   "text": {
   "text": [
        "This is a test."
   ]
},
  "platform": "GOOGLE_HANGOUTS"
},

画像

画像レスポンスは、Google Chat 画像ウィジェットとして Google Chat に送信されます。

カード

カード形式のレスポンスは、Google Chat カードとして Google Chat に送信されます。

カスタム ペイロード

他の種類の Google Chat メッセージを送信するには、カスタム ペイロードを使用します。

Google Chat のカスタム ペイロードを使用すると、より高度なカードを作成できます。1 つのカードは 1 つ以上のセクションを持つことができます。各セクションにはヘッダーを含めることができます。Google Chat メッセージ形式カードのリファレンス ガイドを参照して、これで作成できる組み合わせのいくつかを確認できます。ただし、カスタム ペイロードを使用する場合は、JSON 形式を指定する必要があります。

有効な例は次のとおりです。

{
  "hangouts": {
    "header": {
      "title": "Pizza Bot Customer Support",
      "subtitle": "pizzabot@example.com",
      "imageUrl": "https://goo.gl/aeDtrS"
    },
    "sections": [{
      "widgets": [{
        "keyValue": {
          "icon": "TRAIN",
          "topLabel": "Order No.",
          "content": "12345"
        }
      },
      {
        "keyValue": {
          "topLabel": "Status",
          "content": "In Delivery"
        }
      }]
    },
    {
      "header": "Location",
      "widgets": [{
        "image": {
          "imageUrl": "https://dummyimage.com/600x400/000/fff"
        }
      }]
    },
    {
      "header": "Buttons - I could leave the header out",
      "widgets": [{
        "buttons": [{
          "textButton": {
            "text": "OPEN ORDER",
            "onClick": {
              "openLink": {
                "url": "https://example.com/orders/..."
              }
            }
          }
        }]
      }]
    }]
  }
}