Cloud Dataproc の Zeppelin コンポーネント

Cloud Dataproc クラスタを作成する際には、オプション コンポーネント機能を使用して、追加コンポーネントをインストールできます。このページでは Zeppelin コンポーネントについて説明します。

Zeppelin ノートブック コンポーネントは、インタラクティブなデータ分析を行うためのウェブベースのノートブックです。Zeppelin のウェブ UI は、クラスタの最初のマスターノードのポート 8080 で使用できます。

デフォルトでは、ノートブックは Cloud Dataproc ステージング バケット内の Cloud Storage に保存されます。これは、クラスタの作成時にユーザーが指定するか、指定がなければ自動作成されます。この場所は、クラスタの作成時に zeppelin:zeppelin.notebook.gcs.dir プロパティを使用して変更できます。

コンポーネントをインストールする

このコンポーネントは、Cloud Dataproc クラスタを作成するときにインストールします。Cloud Dataproc バージョン 1.3 以降で作成されたクラスタには、コンポーネントを追加できます。

Cloud Dataproc イメージの各リリースに含まれるコンポーネント バージョンについては、サポートされる Cloud Dataproc バージョンをご覧ください。

gcloud コマンド

Zeppelin コンポーネントを組み込んで Cloud Dataproc クラスタを作成するには、--optional-components フラグを指定した gcloud dataproc clusters create cluster-name コマンドを使用します(イメージ バージョン 1.3 以降)。

gcloud dataproc clusters create cluster-name \
    --optional-components=ZEPPELIN \
    --image-version=1.3 \
    --enable-component-gateway \
    ... other flags

REST API

Cloud Dataproc API で Zeppelin コンポーネントを指定するには、SoftwareConfig.Componentclusters.create リクエストの一部として使用します。

Console

  1. コンポーネントを有効にします。
    • GCP Console で、Cloud Dataproc の [クラスタの作成] ページを開きます。ページ下部にある [詳細オプション] をクリックして [オプション コンポーネント] セクションを表示します。

    • [コンポーネントを選択] をクリックして [オプション コンポーネント] 選択パネルを開きます。[Zeppelin Notebook] と、クラスタにインストールする他のオプション コンポーネントを選択します。

  2. コンポーネント ゲートウェイを有効にして(イメージ バージョン 1.3.29 以降が必要)、Google Cloud Platform Console から Zeppelin ノートブックや他のコンポーネントのウェブ インターフェースに簡単にアクセスできるようにします(コンポーネント ゲートウェイの URL を表示してアクセスするをご覧ください)。
    • [クラスタの作成] フォームで [コンポーネント ゲートウェイ] チェックボックスをオンにします。

Zeppelin ノートブックを開く

コンポーネント ゲートウェイの URL を表示してアクセスするを参照し、GCP Console でコンポーネント ゲートウェイ リンクをクリックします。これにより、クラスタのマスターノード上で実行されている Zeppelin ノートブックの UI がローカル ブラウザ内に開きます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。