Container Registry

Google Cloud Platform に非公開 Docker イメージを保存して高速化を実現

無料トライアル

非公開 Docker コンテナ イメージ

非公開 Docker コンテナ イメージを GCP に保存すれば、高速でスケーラブルな検索とデプロイが可能になります。Container Registry は、一般的な継続的デリバリー システムと連動する、非公開の Docker レポジトリです。GCP 上で動作し、Google のセキュリティで保護されるインフラストラクチャ上で安定した稼働率を実現します。料金は使用したストレージとインターネット下りトラフィックのみが対象であり、イメージ単位での料金は発生しません。

高速なアップロードとダウンロード

非公開イメージは Cloud Storage に保存されると Google のデータセンターでキャッシュされ、GCP の Andromeda ベースのネットワーク ファブリックを介して Kubernetes Engine クラスタや Compute Engine コンテナの最適化された VM にデプロイできる状態になります。

プライバシーとセキュリティ

非公開イメージは GCP プロジェクトの Cloud Storage に保存されます。つまり、デフォルトで非公開イメージにアクセスできるのはプロジェクトのメンバーに限られ、メンバーは Cloud SDK コマンドラインを使ってイメージの push や pull を安全に実行することができます。

ビルドの自動化

ソース レポジトリから Container Registry にコンテナ イメージを自動でビルドして push する Container Builder を使用し、ビルドのパイプラインを作成します。ビルドは、Cloud Source Repositories、GitHub、Bitbucket でソースコードやタグが変更されることによってトリガーされます。ユニットテストの実行やアーティファクトのエクスポートなど、継続的インテグレーションと継続的デリバリーの一連のワークフローとしてさまざまな処理を行うことができます。

継続的デリバリーとの統合

開発ワークフローを効率化するための、一般的な各種の継続的デリバリー システム(Jenkins、Shippable、CodeShip、CircleCI、Wercker、Drone.io、Spinnaker など)と簡単に組み合わせて使用できます。

Container Registry の特長

GCP に非公開 Docker イメージを保存して高速化を実現

Kubernetes Engine
認証を設定せずに Kubernetes Engine でコンテナ イメージを使用できます。
高度な認証
ネイティブ Docker ログインに対応している、継続的インテグレーション システム、継続的デリバリー システム、コンテナ オーケストレーション システムと簡単に統合できます。
コンテナのタグ
イメージタグはウェブ UI をクリックするだけで簡単に追加、削除できます。
Docker V2 Registry API 対応
V2 API を使用して、非公開の Container Registry に Docker イメージを push、pull できます。
イメージ検索
イメージを名前とタグで高速に検索できます。
Docker CLI の統合
標準の Docker コマンドライン インターフェースを使用して、コンテナ イメージを Container Registry から pull できます。
リージョン レポジトリ
イメージの保存場所として、欧州、アジア、米国のリージョン Cloud Storage バケットの中から Compute Engine インスタンスに地理的に近いものを指定することで、pull にかかる時間を最大限短縮できます。
ビルドトリガーの自動化
Cloud Source Repositories、GitHub、Bitbucket のレポジトリでのソースコードやタグの変更をトリガーとしてコンテナを自動でビルドします。UI から以前のビルドをすべて検索し、トリガー、ソース、ビルドの手順、Powered by Stackdriver によるログなど、ビルドの詳細一式を表示します。

「昨年の秋にコンテナと Kubernetes を使い始めて以来、Container Registry を愛用
しています。Container Registry は
いつも問題なく機能しているので、それがいかにありがたいことであるかを忘れてしまいます。」

- Steve Reed 氏、zulily 社プリンシパル ソフトウェア エンジニア

料金

Container Registry では、Docker イメージが使用した Cloud Storage とネットワーク下りに対してのみ料金が発生します。詳しくは、料金ガイドをご覧ください。