Cloud Composer サービスの有効化と無効化

このページでは、Google Cloud プロジェクトで Cloud Composer サービスを有効または無効にする方法について説明します。

Google Cloud でのサービス管理については、サービスの有効化と無効化をご覧ください。

Cloud Composer サービスを有効にする

このセクションでは、Google Cloud プロジェクトで Cloud Composer サービスを有効にする方法について説明します。

始める前に

Cloud Composer API を有効にする

Cloud Composer サービスを有効にするには、次の手順を行います。

Console

  1. Google Cloud Console で、[Cloud Composer API] ページに移動します。

    Cloud Composer API に移動

  2. [有効にする] をクリックします。

gcloud

gcloud services enable コマンドを実行します。

gcloud services enable composer.googleapis.com

API

services.enable メソッドを使用して composer.googleapis.com API を有効にします。

Terraform

google_project_service リソースを使用して composer.googleapis.com API を構成します。

Cloud Composer サービスを無効にする

このセクションでは、Google Cloud プロジェクトで Cloud Composer サービスを無効にする方法について説明します。

始める前に

  • プロジェクトにアクティブな Cloud Composer 環境がない状態にします。API を無効にすると、アクティブな Cloud Composer 環境のテナント プロジェクト部分が削除されます。この削除は元に戻すことができず、これらの環境が使用できなくなります。

  • Cloud Composer サービスを無効にするには、適切な Identity and Access Management 権限を付与されていることが必要です。Service Usage に関する IAM の要件については、アクセス制御に関する Service Usage のページをご覧ください。

  • 追加料金の発生を回避するには、Cloud Composer API を無効にする前に、各環境で次の手順を行います。

    • 環境を削除し、環境の Cloud Storage バケットを削除します。 削除しなければ、Cloud Composer のリソースに対する請求が発生します。
    • 進行中の環境のオペレーションが完了するまで待ちます。このオペレーションには、環境の作成、更新、削除が含まれます。
    • すべての DAG が実行されなくなるまで待ちます。

Cloud Composer API を無効にする

Cloud Composer サービスを無効にするには:

Console

  1. Google Cloud Console で、[Cloud Composer API] ページに移動します。

    Cloud Composer API に移動

  2. [管理] をクリックします。

  3. [API を無効にする] をクリックします。

gcloud

gcloud services disable コマンドを実行します。

gcloud services disable composer.googleapis.com

API

services.disable メソッドを使用して composer.googleapis.com API を無効にします。

Terraform

composer.googleapis.com API の構成を削除します。通常は、google_project_service リソースを使用して Google Cloud サービスを構成します。

次のステップ