Cloud Composer の有効化と無効化

このページでは、Google Cloud Platform プロジェクトで Cloud Composer を有効または無効にする方法について説明します。GCP でのサービスの使用方法については、サービスの有効化と無効化をご覧ください。

始める前に

  • Cloud Composer API を有効または無効にするには、オーナー権限を持っている必要があります。役割と権限の詳細については、アクセス制御をご覧ください。
  • 追加料金を避けるには、Cloud Composer API を無効にする前に、各環境で次の手順を行います。

    • 環境を削除し、環境の Cloud Storage バケットを削除します。削除を行わないと、Cloud Composer のリソースに対する請求が発生します。
    • 進行中の環境のオペレーションが完了するまで待ちます。このオペレーションには、環境の作成、更新、削除が含まれます。
    • すべての DAG が実行されなくなるまで待ちます。
  • Cloud Composer API を無効にすると、API を再度有効にしない限り、サービスを無効にしてから 1 時間以内に環境が使用できなくなります。API を再度有効にすると、Cloud Composer サービスが無効化されている間に発生したサービス使用に対する請求がされます。

Cloud Composer を有効にする

Cloud Composer を使用する前に、GCP プロジェクトを作成して請求を有効にする必要があります。

Cloud Composer では、既存のプロジェクトを使用することも、新しいプロジェクトを作成することもできます。既存のプロジェクトを使用する場合は、Cloud Composer API を有効にする必要があります。プロジェクトを作成して Cloud Composer API を有効にするには、次の手順を行います。

  1. GCP Console で、プロジェクトを選択または作成します
  2. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。
  3. 新規または既存のプロジェクトで Cloud Composer API を有効にするには、Cloud Composer の [API Overview] ページに移動します。
  4. [有効にする] をクリックします。

Cloud Composer を無効にする

  1. GCP Console で、Cloud Composer API を無効にするプロジェクトを選択します。
  2. Cloud Composer の [API Overview] ページに移動します。
  3. [管理] をクリックします。
  4. [API を無効にする] をクリックします。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...