Cloud Composer 環境を削除する

Cloud Composer 1 | Cloud Composer 2

このページでは、Cloud Composer 環境を削除する方法について説明します。

始める前に

自動的に削除されないリソース

環境を削除しても、次に挙げるプロジェクト内のデータは削除されません。

  • 環境の Cloud Storage バケット。
  • Cloud Logging のログ
  • Redis キューで使用される 2 GB の永続ディスク

Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、データをエクスポートし、これらのリソースを削除します。

環境のクラスタが自動的に削除されます

Cloud Composer 環境を削除する

Console

  1. Cloud Composer 環境を削除します。

    1. Google Cloud Console で [環境] ページに移動します。

      [環境] に移動

    2. 環境を選択して、[削除] をクリックします。

    3. 環境が削除されるまで待ちます。

  2. 環境のバケットを削除します。Cloud Composer は環境のバケットを自動的に削除しません。

    1. Google Cloud Console で、[ストレージ] > [ブラウザ] ページに移動します。

      [ストレージ] > [ブラウザ] に移動します。

    2. 環境のバケットを選択して、[削除] をクリックします。たとえば、このバケットの名前を us-central1-example-environ-c1616fe8-bucket にします。

  3. 環境の Redis のキューの永続ディスクを削除します。Cloud Composer 環境を削除しても、永続ディスクは削除されません。

    1. Google Cloud Console で、[Compute Engine] > [ディスク] に移動します。

      [ディスク] に移動

    2. 環境の Redis のキューの永続ディスクを選択し、[削除] をクリックします。

      たとえば、このディスクの名前は gke-us-central1-exampl-pvc-b12055b6-c92c-43ff-9de9-10f2cc6fc0ee です。Cloud Composer 1 のディスクは常に Standard persistent disk タイプで、サイズは 2 GB です。

gcloud

  1. Cloud Composer 環境を削除します。

    gcloud composer environments delete ENVIRONMENT_NAME \
        --location LOCATION
    

    次のように置き換えます。

    • ENVIRONMENT_NAME を環境の名前にする。
    • LOCATION は、環境が配置されているリージョン。
  2. 環境のバケットを削除します。Cloud Composer は環境のバケットを自動的に削除しません。

    gsutil rm -r gs://BUCKET_NAME
    

    次のように置き換えます。

    • BUCKET_NAME は、環境のバケットの名前に置き換えます。たとえば、このバケットの名前を us-central1-example-environ-c1616fe8-bucket にします。
  3. 環境の Redis のキューの永続ディスクを削除します。Cloud Composer 環境を削除しても、永続ディスクは削除されません。

    gcloud compute disks list を実行すると、プロジェクト内のすべてのディスクが一覧表示されます。

    環境の永続ディスクを削除するには:

    gcloud compute disks delete PD_NAME \
      --region=PD_LOCATION
    

    次のように置き換えます。

    • PD_NAME は、環境の永続ディスクの名前に置き換えます。

      たとえば、このディスクの名前は gke-us-central1-exampl-pvc-b12055b6-c92c-43ff-9de9-10f2cc6fc0ee です。Cloud Composer 1 のディスクは常に pd-standard タイプで、サイズは 2 GB です。

    • PD_LOCATION は、永続ディスクのロケーションに置き換えます。たとえば、ロケーションは us-central1-a にできます。

API

環境を削除するには、環境 ID を指定して environments.delete API リクエストを作成します。

Terraform

Terraform を使用して環境を削除するには、全体的なリソース構成から Cloud Composer 構成を削除して「terraform apply」を実行します。

次のステップ