サードパーティ製ツールとサービス

サードパーティの開発者により、データの読み込み、変換、視覚化を実現するために BigQuery と最先端のツールの統合が行われています。統合には、Google Cloud StorageBigQuery によって提供されるオープン API が使用されています。

以下に BigQuery のサードパーティ製ツールとサービスの一部を示します。全一覧については、Google Cloud Platform パートナーをご覧ください。

可視化とビジネス インテリジェンス ツール

Tableau は Google BigQuery 用に最適化されたネイティブ コネクタを提供しており、ライブデータ分析とインメモリ分析の両方をサポートします。ユーザーは、使いやすいビジュアル インターフェースを使用して大量のデータを分析し、ビジネス ユーザーが必要とする答えをすばやく得ることができます。

QlikView は、分析のためにデータをインメモリ データ モデルにプルするためのカスタム コネクタを提供しています。また自身のプラットフォーム用の拡張オブジェクトが備えられており、開発者はそれを使用して、ビジネス ユーザーのデータ選択に応じて直接 BigQuery をクエリすることができます。

BIME は BigQuery へのネイティブなクラウド間接続を提供します。これにより技術者以外のユーザーでも、直接ブラウザやモバイル端末から、洗練された見た目と機能を備えたダッシュボードにデータを変換できます。手頃で便利な BIME はハードウェアが必要なく、操作を覚えるのも簡単です。

BigQuery 用の Looker 分析プラットフォーム インテグレーションは顧客にビジネス インテリジェンス環境を提供して、アクセスの制御、ダッシュボードの作成、アラートの作成を行ったり、直接 BigQuery で詳細なライブデータを参照したりできるようにします。

BigQuery にデータをロードするための ETL ツール

BigQuery 用の SnapLogic Elastic Integration Platform を使用すると、組織はスケジュールされたバッチまたはリアルタイムで、さまざまなリソース(クラウド アプリケーション、オンプレミス アプリケーション、Hadoop、NoSQL、リレーショナル データベースなど)からデータにすばやくアクセスして、最新のビジネス分析を実施できます。

Xplenty は、ユーザーが簡単にデータを直接 BigQuery に統合して処理できるようにする ETL クラウド サービスです。Google Cloud SQL、Google Cloud Storage、MongoDB、PostgreSQL など、オンプレミスやクラウドにあるさまざまなデータストアからデータの抽出、変換、読み込みを行います。コーディングもデプロイも必要ありません。

Talend は、データ統合を設計および実装するためのオープンソースのコードセット生成ツールである、同社の Open Studio for Big Data で BigQuery をサポートしています。

コネクタとデベロッパー ツール

Simba は、BigQuery への SQL アクセスを可能にする BigQuery ODBC ドライバを提供しています。

OWOX は、ユーザーが Google スプレッドシート内で BigQuery のデータに基づいてレポートやグラフを作成できる Google Sheets アドオンを提供しています。技術者以外のユーザーでもプリセット クエリを実行したり、動的パラメータを使用したりできます。

BigQuery 用の Fluentd プラグインを使用すると、ほぼリアルタイムでログを直接 BigQuery に読み込むことができます。

re:dash は、データ コラボレーションのためのオープンソース ウェブ アプリケーションです。re:dash を BigQuery に統合することによって、クエリと結果の共有や視覚化、ダッシュボードの作成を簡単に行えるようになります。

サービス パートナー

Bimotics を使用すると、ユーザーは BigQuery 専用に設計されたウェブベースのビジネス インテリジェンス ツールによってクラウド データ ウェアハウスを設計、維持できるようになります。

Archipelago は、全体的な分析戦略の一環として、BigQuery の大量の並行処理や列指向を最大限に活用する方法やビジネスで結果を出すためにテクノロジーとテクニックの最適なバランスを維持する方法を理解するのに役立ちます。

フィードバックを送信...