ジョブ プロパティの取得

特定のジョブ ID のジョブのプロパティを取得します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

Go

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/bigquery"
)

// getJobInfo demonstrates retrieval of a job, which can be used to monitor
// completion or print metadata about the job.
func getJobInfo(w io.Writer, projectID, jobID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// jobID := "my-job-id"
	ctx := context.Background()

	client, err := bigquery.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("bigquery.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	job, err := client.JobFromID(ctx, jobID)
	if err != nil {
		return err
	}

	status := job.LastStatus()
	state := "Unknown"
	switch status.State {
	case bigquery.Pending:
		state = "Pending"
	case bigquery.Running:
		state = "Running"
	case bigquery.Done:
		state = "Done"
	}
	fmt.Fprintf(w, "Job %s was created %v and is in state %s\n",
		jobID, status.Statistics.CreationTime, state)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.bigquery.BigQuery;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryException;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryOptions;
import com.google.cloud.bigquery.Job;
import com.google.cloud.bigquery.JobId;

// Sample to get a job
public class GetJob {

  public static void main(String[] args) {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String jobName = "MY_JOB_NAME";
    getJob(jobName);
  }

  public static void getJob(String jobName) {
    try {
      // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
      // once, and can be reused for multiple requests.
      BigQuery bigquery = BigQueryOptions.getDefaultInstance().getService();

      JobId jobId = JobId.of(jobName);
      Job job = bigquery.getJob(jobId);
      System.out.println("Job retrieved successfully");
    } catch (BigQueryException e) {
      System.out.println("Job not retrieved. \n" + e.toString());
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Import the Google Cloud client library
const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery');
const bigquery = new BigQuery();

async function getJob() {
  // Get job properties.

  /**
   * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
   */
  // const jobId = "existing-job-id";

  // Create a job reference
  const job = bigquery.job(jobId);

  // Retrieve job
  const [jobResult] = await job.get();

  console.log(jobResult.metadata.jobReference);
}

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# TODO(developer): Uncomment the lines below and replace with your values.
# from google.cloud import bigquery
# client = bigquery.Client()
# job_id = 'bq-job-123x456-123y123z123c'  # replace with your job ID
# location = 'us'                         # replace with your location

job = client.get_job(job_id, location=location)  # API request

# Print selected job properties
print("Details for job {} running in {}:".format(job_id, location))
print(
    "\tType: {}\n\tState: {}\n\tCreated: {}".format(
        job.job_type, job.state, job.created
    )
)

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索および条件付き検索を行うには、Google Cloud のサンプル ブラウザをご覧ください。