スコープを使用して認証情報を作成する

ドライブと BigQuery API のスコープを使用して認証情報を作成します。

もっと見る

このコードサンプルを含む詳細なドキュメントについては、以下をご覧ください。

コードサンプル

Java

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

GoogleCredentials credentials =
    ServiceAccountCredentials.getApplicationDefault()
        .createScoped(
            ImmutableSet.of(
                "https://www.googleapis.com/auth/bigquery",
                "https://www.googleapis.com/auth/drive"));

// Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
// once, and can be reused for multiple requests.
BigQuery bigquery =
    BigQueryOptions.newBuilder().setCredentials(credentials).build().getService();

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import bigquery
import google.auth

# Create credentials with Drive & BigQuery API scopes.
# Both APIs must be enabled for your project before running this code.
#
# If you are using credentials from gcloud, you must authorize the
# application first with the following command:
#
# gcloud auth application-default login \
#   --scopes=https://www.googleapis.com/auth/drive,https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
credentials, project = google.auth.default(
    scopes=[
        "https://www.googleapis.com/auth/drive",
        "https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform",
    ]
)

# Construct a BigQuery client object.
client = bigquery.Client(credentials=credentials, project=project)

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。