サポートされているファイル形式

コンテナ イメージ

Artifact Registry では、次のコンテナ イメージ形式がサポートされています。

Docker V2

Docker V2 イメージ マニフェストは、マルチアーキテクチャ イメージを可能にするコンテナ イメージの仕様で、コンテンツのアドレス指定が可能なイメージに対応しています。

Docker V2 イメージは、非推奨の Docker V1 イメージより優先されます。

OCI 形式

OCI 形式は、Docker イメージ マニフェスト バージョン 2、スキーマ 2 形式をベースにするコンテナ イメージの仕様です。Artifact Registry は、OCI イメージの push と pull をサポートしています。

Helm チャート

Helm 3 では OCI 形式のグラフ パッケージがサポートされているため、グラフをデプロイ用の Artifact Registry に保存できます。

マニフェスト リストとイメージ インデックス

マニフェスト リストは、Docker V2、スキーマ 2 および OCI イメージの一部です。

マニフェスト リストを使用すると、1 つのダイジェストまたはタグで複数の形式のイメージを表すことができます。

イメージ インデックスは、OCI イメージのマニフェスト リストと同じです。

マニフェスト リストと同様に、イメージ インデックス マニフェストは、複数のイメージ マニフェストを参照します。イメージ インデックスは、マルチプラットフォーム イメージに役立ちます。

パッケージ形式

次のパッケージ タイプがサポートされています。

  • Java パッケージ
  • Node.js モジュール
  • Debian パッケージ(リクエストによりアルファ版ユーザーが利用できます)

その他の形式の質問については、いずれかのサポート オプションをご利用ください。