サービスの有効化と無効化

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Artifact Registry を有効または無効にする手順について説明します。

Container Registry を使用する場合は、同じプロジェクトで Artifact Registry を有効にできます。各サービスは独立して動作します。

Artifact Registry に対する課金については、料金をご覧ください。

Container Analysis API の有効化と脆弱性スキャンの料金については、Container Analysis のドキュメントをご覧ください。

サービスの有効化

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  6. Google Cloud CLI がまだインストールされていない場合は、インストールして初期化します。既存のインストール環境の場合は、gcloud components update コマンドを使用して Google Cloud CLI のコンポーネントを更新します。

    gcloud CLI のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

    gcloud version
  7. Google Cloud コンソールまたは次の gcloud コマンドを使用して、API を有効にします。
    gcloud services enable artifactregistry.googleapis.com

サービスの無効化

Artifact Registry API を無効にする前に、保持するアーティファクトが別の場所で使用可能であることを確認してください。API を無効にする前に、リポジトリを削除することをおすすめします。

Artifact Registry API を無効にすると、次の条件が適用されます。

  • リポジトリとリポジトリ内のアーティファクトにアクセスできなくなります。
  • API を無効にしてから 7 日以内にデータが削除される場合があります。

Google Cloud コンソールから API を無効にするには次を行います。

Console

  1. Artifact Registry の API の概要ページに移動します。
  2. API を有効にするプロジェクトを選択します。
  3. [管理] をクリックします。
  4. [API を無効にする] をクリックします。

gcloud

次のコマンドを実行して、現在のプロジェクトの API を無効にします。

gcloud services disable artifactregistry.googleapis.com

次のステップ