ラベルの作成と管理

ラベルを使用して関連するリポジトリを特定し、グループ化します。リポジトリに複数のラベルを指定できます。

ラベルとは

ラベルは、Google Cloud Repository のインスタンスを整理する際に役立つ Key-Value ペアです。各リソースにラベルを設定し、そのラベルに基づいてリソースをフィルタリングできます。ラベルに関する情報は課金システムに転送されるため、ラベルを基準に請求料金を分析することもできます。

ラベルの一般的な用途

タイムスタンプやすべての API 呼び出しに個別に値を作成するなど、一意のラベルを多数作成することはおすすめしません。次に、ラベルの一般的な使用例を示します。

  • チームまたはコストセンターのラベル: チームやコストセンターに基づいてラベルを追加し、各チームが所有するリポジトリを区別します(例: team:researchteam:analytics)。この種類のラベルは、費用計算または予算作成に使用できます。

  • コンポーネント ラベル: component:rediscomponent:frontendcomponent:ingestcomponent:dashboard など。

  • 環境ラベルまたはステージのラベル: environment:productionenvironment:test など。

  • 状態のラベル: state:activestate:readytodeletestate:archive など。

ラベルの要件

リソースに適用するラベルは、次の要件を満たす必要があります。

  • 1 つのリソースには、最大 64 個のラベルを適用できます。
  • ラベルは、Key-Value ペアでなければなりません。
  • キーは 1 文字以上、63 文字までにする必要があります。空にすることはできません。値は 63 文字以下にします。空にすることもできます。
  • キーと値には、小文字、数字、アンダースコア、ダッシュのみを使用できます。すべての文字は UTF-8 でエンコードする必要があります。国際文字も使用できます。
  • ラベルのキー部分は一意でなければなりません。ただし、複数のリソースで同じキーを使用できます。
  • キーは、小文字または国際文字で始める必要があります。

ラベルの追加と更新

リポジトリに 1 つ以上のラベルを追加できます。既存のラベルの値を編集することもできます。

リポジトリにラベルを付けるには、次の手順を行います。

コンソール

  1. Cloud Console で [リポジトリ] ページを開きます。

    [リポジトリ] ページを開く

  2. [リポジトリを選択] をクリックします。

  3. リポジトリ リスト横に情報パネルが開いていない場合は、[情報パネルを表示] をクリックします。

  4. 情報パネルで [ラベル] タブをクリックします。

  5. ラベルの追加、編集

    1. ラベルを追加するには、[ラベルを追加] をクリックします。ラベルのキーと値のペアを指定して、[保存] をクリックします。
    2. 既存のラベルを編集するには、ラベルの値を変更し、[保存] をクリックします。

gcloud

追加または編集するラベルを 1 つ以上指定できます。

  • ラベルが存在する場合は、対応する値が更新されます。
  • ラベルが存在しない場合は、ラベルが作成されます。
  • コマンドに --clear-labels フラグが含まれている場合、新しいラベルを追加する前に既存のすべてのラベルが削除されます。

次のコマンドを実行します。

gcloud artifacts repositories update REPOSITORY [--project=PROJECT] \
[--location=LOCATION] --update-labels="KEY=VALUE,..."

ここで

  • REPOSITORY はリポジトリの名前です。default リポジトリを構成した場合は、このフラグを省略してデフォルトを使用できます。
  • PROJECT は、Google Cloud の プロジェクト ID です。このフラグを省略すると、現在のプロジェクトまたはデフォルトのプロジェクトが使用されます。
  • LOCATION は、リージョンまたはマルチリージョン ロケーションです。特定の場所にあるリポジトリを表示するには、このフラグを使用します。default ロケーションを構成した場合は、このフラグを省略してデフォルトを使用できます。
  • KEY=VALUE,... は、Key-Value ペアとして指定されたカンマ区切りラベルのリストです。例: team=team-1,product=example_product,stage=development

このコマンドの詳細をご覧になるには、次のコマンドを実行します。

gcloud artifacts repositories update --help

ラベルの削除

ラベルを削除するには、次の手順を行います。

コンソール

  1. Cloud Console で [リポジトリ] ページを開きます。

    [リポジトリ] ページを開く

  2. [リポジトリを選択] をクリックします。

  3. リポジトリ リスト横に情報パネルが開いていない場合は、[情報パネルを表示] をクリックします。

  4. 情報パネルで [ラベル] タブをクリックします。

  5. 削除するラベルの横にある [アイテムを削除] をクリックします。

gcloud

リポジトリの特定のラベルを削除したり、すべてのラベルを削除したりできます。

特定のラベルを削除するには、次のコマンドを実行します。

gcloud artifacts repositories update REPOSITORY [--project=PROJECT] \
[--location=LOCATION] --remove-labels="LABEL,..."

すべてのラベルを削除するには、次のコマンドを実行します。

gcloud artifacts repositories update REPOSITORY \
[--project=PROJECT] [--location=LOCATION] --clear-labels

ここで

  • REPOSITORY はリポジトリの名前です。default リポジトリを構成した場合は、このフラグを省略してデフォルトを使用できます。
  • PROJECT は、Google Cloud の プロジェクト ID です。このフラグを省略すると、現在のプロジェクトまたはデフォルトのプロジェクトが使用されます。
  • LOCATION は、リージョンまたはマルチリージョン ロケーションです。特定の場所にあるリポジトリを表示するには、このフラグを使用します。default ロケーションを構成した場合は、このフラグを省略してデフォルトを使用できます。
  • LABEL,... は、各 KEY=VALUE ペアの鍵、カンマ区切りのラベルのリストです。例: team,product

このコマンドの詳細をご覧になるには、次のコマンドを実行します。

   gcloud artifacts repositories update --help