ジャンプ先

App Engine

フルマネージド型のサーバーレスなプラットフォーム上で、高度なスケーラビリティを備えたアプリケーションを構築しましょう。

新規のお客様には、最初の 90 日間に Google Cloud で使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。Google Cloud のすべてのお客様は、1 日あたり 28 インスタンス時間を無料でご利用いただけます。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    インフラストラクチャを管理することなく、ゼロから地球規模までアプリケーションをスケール

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    サーバーの管理もデプロイの構成も不要にしてデベロッパーの時間を確保

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    一般的な開発言語と広範なデベロッパー ツールをサポートし、アジリティを維持

利点

一般的かつオープンな言語とツール

一般的な言語を使用して、アプリを短時間で構築してデプロイできます。また、独自の言語ランタイムとフレームワークを自由に導入することもできます。コマンドラインからのリソース管理、ソースコードのデバッグ、API バックエンドの実行も簡単です。

コードを追加するだけ

基盤となるインフラストラクチャを管理する必要がなく、コードの記述に集中できます。ファイアウォール機能、IAM ルール、マネージド型の SSL / TLS 証明書を使用して、アプリをセキュリティ上の脅威から保護できます。

支払いは従量制

リソースのプロビジョニングの過不足を心配せずに、サーバーレス環境で運用できます。App Engine はアプリのトラフィックに応じて自動的にスケールし、コードの実行中にだけリソースを消費します。

主な機能

主な機能

Node.js、Java、Ruby、C#、Go、Python、PHP でアプリケーションを構築でき、独自の言語ランタイムを使用することも可能です。

オープンかつ高い柔軟性

カスタム ランタイムでは Docker コンテナが提供され、App Engine に任意のライブラリやフレームワークをインストールできます。

フルマネージド

App Engine のフルマネージド環境によってインフラストラクチャが管理されるため、コーディングに集中できます。

すべての機能を表示

ドキュメント

ドキュメント

Google Cloud の基礎
適切な App Engine 環境の選択

フレキシブル環境かスタンダード環境またはその両方を使用して App Engine でアプリケーションを実行する方法を学習します。

Google Cloud の基礎
App Engine スタンダード環境

App Engine スタンダード環境を使用することで、高負荷で大量のデータが存在する状況でも確実に動作するアプリケーションの構築とデプロイがいかに簡単になるかをご覧ください。

Google Cloud の基礎
App Engine フレキシブル環境

App Engine を使用して、デベロッパーの本来の能力が発揮されること、つまりコードの記述に注力できるようにする方法をご紹介します。

チュートリアル
App Engine 用 SDK のインストール

App Engine でアプリを開発、デプロイ、管理するためのコンピュータの設定方法を学習します。

アーキテクチャ
App Engine 上の Python

App Engine で使用可能な 2 つの Python 言語環境について詳細を確認し、どちらが最適かを判断します。

アーキテクチャ
App Engine 上の Java

App Engine で使用可能な 2 つの Java アプリケーション環境について詳細を確認し、どちらが最適かを判断します。

アーキテクチャ
App Engine 上の Node.js

App Engine で使用可能な 2 つの Node.js 言語環境を比較し、どちらがニーズに合っているかを判断します。

Google Cloud の基礎
App Engine のロケーション

App Engine を利用できるリージョンとともに、ロケーションがレイテンシ、可用性、耐久性にどのように影響するかを学習します。

チュートリアル
Firebase と App Engine を使用して Android アプリを作成

このチュートリアルでは、Firebase を使用したバックエンド データ ストレージやリアルタイム同期、ユーザー イベント ロギングに対応するモバイルアプリの開発方法をご紹介します。

ユースケース

ユースケース

ユースケース
最新のウェブ アプリケーション

App Engine 上にウェブアプリをデプロイして、お客様やエンドユーザーとすぐにつながることができます。App Engine ならデプロイの構成もサーバー管理も不要なため、コーディングに集中できます。また、トラフィックが急激に跳ね上がった場合もアプリケーションが自動的にスケールされるため、プロビジョニングやパッチの適用、モニタリングは不要です。

以下は、App Engine と Google Cloud を利用して簡単なウェブアプリを構築する際のサンプル リファレンス アーキテクチャです。

左側の人型アイコンから Cloud CDN、App Engine、Cloud Storage が含まれる四角形の「Serving static content」へのフローフローは Memcache、Datastore、Task Queues が含まれる右側上部の四角形の「Service dynamic content」に移動Pub/Sub、Dataflow、Cloud Storage、BigQuery、Cloud Logging、Cloud Monitoring が含まれる下部の「Log processing & monitoring」の四角形
ユースケース
スケーラビリティを備えたモバイル バックエンド

モバイルアプリを初めて構築する場合やなんらかのモバイル エクスペリエンスを通じて現在のユーザーにリーチする場合は、App Engine の利用をおすすめします。App Engine では、必要なホスティング環境が自動的にスケールされます。Firebase とのシームレスな統合によって、簡単に利用できるフロントエンドのモバイル プラットフォームとスケーラブルで信頼性の高いバックエンドが実現されます。

以下は、Firebase と App Engine を Google Cloud の他のサービスと併用して構築した、典型的なモバイルアプリのサンプル リファレンス アーキテクチャです。

左の、縦に配列された Game App ボックスと Game Server ボックスここから App Engine と Memcache が含まれている四角形に進むこの四角形から、FireBase、Datastore への右向き矢印と、Pub/Sub、Dataflow、BigQuery が含まれている四角形「Data processing and analytics」への右向き矢印が出ている矢印は右側の report and share に向かうその下にある四角形 Operations には Cloud Monitoring、Cloud Logging、Error Reporting、Cloud Trace が含まれている

すべての機能

すべての機能

一般的な言語 Node.js、Java、Ruby、C#、Go、Python、PHP でアプリケーションを構築でき、独自の言語ランタイムを使用することも可能です。
オープンかつ高い柔軟性 カスタム ランタイムでは Docker コンテナが提供され、App Engine に任意のライブラリやフレームワークをインストールできます。
フルマネージド App Engine のフルマネージド環境によってインフラストラクチャが管理されるため、コーディングに集中できます。
強力なアプリケーション診断機能 Cloud Monitoring と Cloud Logging を使用してアプリの正常性とパフォーマンスをモニタリングし、Cloud デバッガ、Error Reporting を使用してバグを速やかに診断、修正します。
アプリケーションのバージョニング バージョンの異なるアプリも簡単にホストでき、開発環境、テスト環境、ステージング環境、本番環境を簡単に構築できます。
トラフィック分割 受信したリクエストをさまざまなバージョンのアプリに転送して A/B テストを行い、機能を段階的に公開できます。
アプリケーションのセキュリティ App Engine ファイアウォールのアクセスルールを定義してアプリケーションを保護できます。またデフォルトで、マネージド SSL / TLS 証明書をカスタム ドメインで利用できます(追加費用なし)。
サービス エコシステム 優れたクラウド デベロッパー ツール群など、拡大し続ける Google Cloud サービスのエコシステムをアプリで利用できます。

料金

料金

App Engine のクラウド料金体系ではアプリの使用状況に応じて課金され、他社と比べても魅力的です。App Engine の課金モデルにはいくつかの基本的なコンポーネントがあります。たとえば、スタンダード環境のインスタンス、フレキシブル環境のインスタンス、App Engine の API とサービスなどです。実際の請求額を見積もるには、Google の料金計算ツールをご利用ください。

App Engine は、スタンダード環境かフレキシブル環境でインスタンスとして実行されます。