Virtual Private Cloud(VPC)

お使いの Google Cloud リソースを安全に運用するマネージド ネットワーク機能

VPC 無料トライアル
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    リージョンごとまたはグローバルに接続するワークロードの柔軟なスケーリングや制御を可能にするマネージド サービスです。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    リージョンごとに接続ポリシーや管理ポリシーを複製する手間をかけずに VPC へのアクセスが可能になります。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    すべてのリージョンで Google のネットワーク インフラストラクチャにお客様所有の IP アドレスを持ち込む(Bring your own IP)ことができます。

グローバル

単一の VPC で、パブリック インターネットを経由することなく複数のリージョンにまたがった通信を実現できます。オンプレミスでは、VPC とオンプレミス リソースとの間の接続を、1 つの VPC 内のすべてのリージョンと共有できます。

共有しやすさ

組織全体で 1 つの VPC を使用しながら、プロジェクト内のチームごとに請求や割り当てを個別に管理できます。もちろん、共有プライベート IP 空間や、一般に利用されるサービスへのアクセスはどのチームも同様に利用できます。

拡張可能

Google Cloud VPC を使用すると、ワークロードのシャットダウンやダウンタイムなしでサブネット IP 空間を増やせるため、ニーズに合わせて変更や拡大を行うことができます。

主な機能

VPC ネットワーク

VPC では、仮想トポロジーを自動的に設定し、サブネットやネットワーク ポリシーに応じたプレフィックス範囲を構成できます。もちろん、お客様独自の構成も可能です。また、ダウンタイムなしに CIDR 範囲を拡張することもできます。

パケットのミラーリング

ネットワーク トラフィックを大規模に収集および検査することで、既存の VPN をトラブルシューティングします。侵入検知、アプリケーションのパフォーマンス モニタリング、コンプライアンス管理も可能です。

VPN

既存のネットワークと VPC ネットワークを IPsec 経由で安全に接続します。

すべての機能を表示

ドキュメント

Google Cloud の基礎
VPC の使用

Virtual Private Cloud のドキュメント、入門ガイド、サポート。

Google Cloud の基礎
仮想プライベート ネットワーク(VPN)の作成

VPN を作成するための入門ガイド、チュートリアル、その他のサポート。

Google Cloud の基礎
Cloud Router の使用

Cloud Router のドキュメントとリソース。

チュートリアル
Qwiklab: Google Cloud のネットワーキング

この 2 日間のクラスでは、一般的なネットワーク設計パターンや自動デプロイのほかに、Google Cloud のネットワーキング オプション全般について学習します。

すべての機能

VPC ネットワーク VPC では、仮想トポロジーを自動的に設定し、サブネットやネットワーク ポリシーに応じたプレフィックス範囲を構成できます。もちろん、お客様独自の構成も可能です。また、ダウンタイムなしに CIDR 範囲を拡張することもできます。
パケットのミラーリング ネットワーク トラフィックを大規模に収集および検査することで、既存の VPC をトラブルシューティングします。侵入検知、アプリケーションのパフォーマンス モニタリング、コンプライアンス管理も可能です。
VPN 既存のネットワークと VPC ネットワークを IPsec 経由で安全に接続します。
ファイアウォール グローバルな分散型ファイアウォールでネットワークをセグメント化して、インスタンスへのアクセスを制限できます。ファイアウォール ルール ロギングを使用すると、ファイアウォール ルールの効果を監査、検証、分析できます。
VPC ピアリング 帯域幅のボトルネックや単一障害点なしに、同一または異なる組織間のプライベート通信を構成します。
共有 VPC 1 つの VPC ネットワークを組織内の複数のプロジェクトで共有するように構成し、関連する接続ルートとファイアウォールを集中管理できます。開発者は、各自のプロジェクトの請求と割り当てを個別に管理しながら、共有プライベート ネットワークに接続して他のプロジェクトやデベロッパーとデータ連携ができます。
ルート 同じネットワーク内であれば、サブネットをまたぐ場合であっても外部 IP アドレスなしにインスタンス間でトラフィックを転送できます。
VPC フローログ フローログは、Compute Engine のネットワーク インターフェースを経由する IP トラフィック情報を記録します。VPC のフローログは、ネットワーク モニタリング、フォレンジック、リアルタイム セキュリティ分析、費用の最適化に応用できます。Google Cloud のフローログは 5 秒ごとに更新され、即座に表示されます。
シンプルなものから複雑なアーキテクチャまで VPC とサブネットを作成して、グローバルに分散された多層アプリケーションをホストします。または、サブネットと VPN 接続を持つ VPC を作成して、Google Cloud または外部でホストされたデータベースを Google の機械学習サービスに接続します。
障害復旧 アプリケーションの複製により、予備の Google Cloud コンピューティング処理能力を調達し、インシデント終了後に元の状態に戻します。
プライベート アクセス 自社のサービスにパブリック IP アドレスを与えなくても、Google のサービス(ストレージ、ビッグデータ、分析、機械学習など)へのプライベート アクセスが可能です。Google Cloud サービスへのアクセスを維持したまま、アプリケーションのフロントエンドを構成してインターネット リクエストを受信し、バックエンド サービスをパブリック エンドポイントから保護できます。
お客様所有の IP の持ち込み(Bring your own IP) すべてのリージョンで Google のネットワークにお客様所有の IP アドレスを持ち込む(Bring your own IP)ことで、移行中のダウンタイムの最小化や、ネットワーク インフラストラクチャ費用の軽減につながります。クラウドのネットワーク リソースにお客様所有の IP アドレスを付与すると、Google Cloud によってすべてのピアに向けてグローバルにアドバタイズされます。プレフィックスは 16 個のアドレス(/28)の小さなブロックに分けられるので、リソースをより柔軟に活用できます。

料金

VPC の優れた機能を魅力的な料金でご利用いただけます。 詳細

上り(内向き)と下り(外向き): トラフィックの種類 料金
上り 無料
同一ゾーンへの下り* 無料
同一リージョン内の異なる Google Cloud サービスへの下り 無料
Google サービス(YouTube、Google マップ、Google ドライブなど)への下り** 無料
同一リージョン内のゾーン間の下り、米国内のリージョン間の下り $0.01/GB
大陸間の下りトラフィック - 日本から***

0~1 TB: $0.14~$0.23/GB

1~10 TB: $0.14~$0.22/GB

10 TB 超: $0.12~$0.20/GB

大陸間の下りトラフィック - 他のリージョンから***

0~1 TB: $0.12~$0.23/GB

1~10 TB: $0.11~$0.22/GB

10 TB 超: $0.08~$0.20/GB

* ネットワーク IP アドレス経由の下り(外向き)は無料ですが、同じゾーンでも外部 IP アドレス経由の下り(外向き)は課金対象となります。

** 特別価格

*** インターネット下り(外向き)トラフィックの料金の部分をご覧ください。

外部 IP アドレス 料金/時間(米ドル)
静的 IP アドレス(割り当て済み、未使用) $0.010
標準 VM インスタンスで使用されている静的 IP アドレスとエフェメラル IP アドレス $0.004*
プリエンプティブル VM インスタンスで使用されている静的 IP アドレスとエフェメラル IP アドレス $0.002*
転送ルールにアタッチされた静的 IP アドレスとエフェメラル IP アドレス 無料

*2020 年 1 月 1 日から 2020 年 6 月 30 日まで、課金は免除されます。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Google Cloud SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

パケット ミラーリングのパートナー