VMware Cloud Director サービスの構成

VMware Cloud Director サービスは、Google Cloud VMware Engine が提供するインフラストラクチャなど、サイトや地域にまたがる一般的または分散型のインフラストラクチャから仮想データセンターを作成できます。VMware Cloud Director サービスと VMware Engine の統合では、単一のインターフェースを使用して次の機能を提供します。

  • 柔軟な仮想データセンター: ユーザーが vApp テンプレートとメディア ファイルのカタログを使用してネットワーク、ストレージ、コンピューティング リソースをプロビジョニングできる仮想データセンターを作成します。
  • ハイブリッド クラウド管理: オンプレミス環境と VMware Engine 環境の両方でデータセンター リソースを管理、モニタリングします。
  • マルチテナンシー: 完全に分離されたマルチテナンシーを提供する統合インターフェースからすべてのテナントを管理します。
  • インフラストラクチャの割り当て: VMware Engine インフラストラクチャを小さなリソースプールに分割してユーザーに提供し、必要に応じて拡張できます。
  • 仮想データセンター間でのワークロードの移行: 単一の VM からデータセンター全体にわたるワークロードをバックアップ、避難、複製します。

VMware Cloud Director サービスの構成

VMware Cloud Director サービスと 1 つ以上の VMware Engine プライベート クラウド間の接続を確立したら、プライベート クラウド リソースを VMware Cloud Director サービスに関連付けることができます。必要なリバース プロキシ アプライアンスをデプロイし、VMware Cloud Director サービスをプライベート クラウドに関連付けるには、VMware ドキュメントで VMware Cloud Director インスタンスを VMware リバース プロキシを介して SDDC に関連付ける方法の手順を行います。

VMware Cloud Director サービスと VMware Engine を使用してマルチテナンシーの VMware サービスを提供するマネージド サービス プロバイダまたは企業のお客様は、VMware ドキュメントの Google Cloud VMware Engine で VMware Cloud Director サービスを構成する方法をご覧ください。