Google Cloud サービスの使用

VMware Engine とともに Google Cloud サービスを使用すると、次のことができます。

  • データをエクスポートするため、または拡張ストレージ ターゲットとして、VMware VM から Cloud Storage にアクセスします。
  • Cloud Monitoring を使用して、すべての公開、非公開、ハイブリッドのアプリケーションをモニタリングします。
  • データベースから BigQuery にデータをインポートして分析します。
  • Anthos をデプロイして、高パフォーマンスで非公開のコンテナ化されたアプリケーションをデプロイします。

VMware VM から Cloud Storage にアクセスする

Cloud Storage は、デベロッパー向けのグローバルに統合されたスケーラブルで耐久性の高いオブジェクト ストレージです。Cloud Storage を使用して、以下のことを行います。

  • オブジェクトのライフサイクル管理によって、ストレージ クラス間で価格とパフォーマンスを最適化します。
  • エラーやサービス停止に対する復元力を高める、安全で耐久性に優れたストレージを取得します。
  • コンテンツを配信し、データレイクとバックアップを一元化します。

VMware Engine では、VMware VM や vCenter から、またはプライベート アドレスを介して直接 Cloud Storage にアクセスできます。プライベート アドレスを指定することで、外部インターネット トラフィックを回避してセキュリティを強化し、ホップ数が減ることでパフォーマンスが向上します。アプリケーションの場合は、VMware VM から Cloud Storage にアクセスします。バックアップなどの vCenter 管理ツールを追加するには、vCenter から Cloud Storage にアクセスします。

VMware VM から Cloud Storage へアクセスする方法の詳細については、クイックスタート: gsutil ツールの使用Cloud Storage バケットをファイル システムとしてマウントするをご覧ください。

Cloud Logging と Cloud Monitoring を使用してアプリケーションをモニタリングする

Cloud Logging は、大規模での実行が可能なフルマネージド サービスで、Google Kubernetes Engine 環境と VM からのアプリケーション、システム、カスタム ログデータを扱えます。Cloud Logging を使用すると、リアルタイムで選択したログを分析し、長期保存のためにエクスポートできます。

Cloud Monitoring では、クラウドで実行されるアプリケーションのパフォーマンスや稼働時間、全体的な動作状況を確認できます。Google Cloud サービス、ホストされた稼働時間プローブ、アプリケーション インストゥルメンテーション、その他のさまざまなアプリケーション コンポーネントから、指標、イベント、メタデータを収集できます。

VMware Engine では、次のことができます。

  • VMware VM から Cloud Logging と Cloud Monitoring にアクセスする。
  • Blue Medora などのサードパーティ ツールを使用して、VMware vSphere プラットフォームから Cloud Logging と Cloud Monitoring を有効にします。
  • プライベート アドレスを使用して、Cloud Storage に直接アクセスします。これにより、外部インターネット トラフィックを回避し、ホップ数を減らすことでパフォーマンスを向上させ、トラフィックを非公開にすることでセキュリティを強化できます。

Cloud Logging と Cloud Monitoring のアクセスの詳細については、以下をご覧ください。

データベースから BigQuery にデータをインポートする

VMware Engine と BigQuery を使用すると、次のことができます。

  • VMware Engine 内で実行されているデータベースを BigQuery に接続して、データ ウェアハウジング分析を行います。
  • Google Cloud のプライベート アドレスのサービスにデータを直接エクスポートします。

詳細については、Dataflow を使用してリレーショナル データベース(VMware で実行されている可能性がある)から BigQuery に ETL を実行する、および Alooma を使用して、さまざまなソース(VMware で実行されている可能性がある)から BigQuery へのリアルタイムの増分データ転送を実行するをご覧ください。

GKE On-Prem をデプロイする

GKE On-Prem は、Google Kubernetes Engine を VMware ベースの環境で利用できるハイブリッド クラウド ソフトウェアです。オンプレミス環境で GKE を使用すると、オンプレミスと VMware Engine のどちらにデプロイされていても、VMware 環境への Kubernetes クラスタの作成、管理、アップグレードが行えます。

VMware インフラストラクチャには、本番環境のワークロード、データベース、基幹業務アプリケーションがあります。コンテナと Kubernetes を使用してインフラストラクチャをモダナイズします。

GKE On-Prem は VMware の vCenter Server を使用してクラスタを管理します。Anthos Connect を使用すると、Google Cloud Console から VMware ベースとクラウドの Kubernetes クラスタを表示してログインできます。

最新のハードウェアと 100 Gbps のネットワークを備えた専用プライベート環境用に VMware Engine とともに GKE On-Prem を使用します。低レイテンシのために、コンテナ化されたワークロードをデータベースに隣接して配置できます。この環境は単一のテナントであるため、専用のインフラストラクチャのプライバシーとセキュリティを確保できます。

詳細については、以下の概要をご覧ください。