Cloud Virtual Network

Cloud Platform リソースのためのマネージド ネットワーク機能

無料トライアル

リソースのネットワークを管理

Google Cloud Virtual Network を使用すれば、Google Cloud Platform のリソースをプロビジョニングして、Virtual Private Cloud(VPC)内で相互接続や分離ができます。また、Cloud Platform、オンプレミス、その他のパブリック クラウド インフラストラクチャで、ネットワーク ポリシーをきめ細かく定義することもできます。Cloud Virtual Network では、詳細な IP アドレス範囲選択、経路、ファイアウォール、仮想プライベート ネットワーク(VPN)など、Google のマネージド ネットワーク機能をすべて利用できます。

サービスをすぐに開始

Cloud Virtual Network は推奨のプレフィックス範囲とネットワーク ポリシーで仮想トポロジーを自動的にセットアップするため、お客様はサービスを迅速に開始できます。また、サービスが複雑になると管理も複雑化するものですが、Cloud Virtual Network のサイズと接続ルールは、お客様のニーズに合わせてシームレスにカスタマイズすることができます。

さまざまな地域で柔軟に対応

Cloud Virtual Network は、サービスをグローバルに展開するか地域で展開するかに関わらず、お客様のニーズを満たすことができます。地域内で展開するサービスでも、複数の地域にまたがって展開するサービスでも、ニーズに合う柔軟な仮想ネットワーク ドメインを構築できます。

セキュリティを重視した設計

ステートフル ファイアウォールを利用して、仮想ネットワークと個々のサービスのセキュリティを確保します。VPN を利用して安全なプライベート ハイブリッド クラウドのシナリオを実現することも可能です。接続ルールやセキュリティ ルールをどのユーザーが設定できるかについては、IAM ポリシーで管理します。また、Cloud Virtual Network には Google のデータセンターのセキュリティ機能が使用されています。

優れたスケーラビリティ

分散型ソフトウェア アーキテクチャを採用している Cloud Virtual Network は、完全な仮想化と高いスケーラビリティを実現します。そのため、キャパシティ プランニングの制約や課題に縛られることなくサービスを拡大できます。

プライベート仮想ネットワークを共有する

クロス プロジェクト ネットワーク(XPN)とも呼ばれる共有 VPC では、複数の GCP プロジェクトで共通のプライベート ネットワークを共有して、独自の割り当てと請求でサービスを運営します。

Cloud Virtual Network の特長

Cloud Platform リソースのためのマネージド ネットワーク機能

仮想ネットワーク
自動モード(サブネット IP 範囲が自動的に割り当てられる)またはカスタムモード(独自のサブネット IP 範囲を設定する)でネットワークを作成します。CIDR 範囲を拡張すると、カスタム ネットワークのサブネット サイズを動的に増加させることができます。また、設定済みの VM に影響を及ぼすことなく、リージョン(us-west1 など)内の可用性ゾーン間(たとえば A から B)で移動できます。
Cloud Router
Google の仮想ルーターを使用して、Compute Engine ネットワークと Google 以外のネットワークの間で Border Gateway Protocol(BGP)ルートが動的に更新されるように設定できます。
VPN
既存のネットワークと Compute Engine ネットワークを IPsec 経由で安全に接続します。
共有 VPC
仮想ネットワークを組織内の複数のプロジェクトで共有するように設定します。関連付けられる接続ルートとファイアウォールは集中管理されます。デベロッパーはプロジェクトに独自の請求と割り当てを設定する一方で、通信できる共有プライベート ネットワークにシンプルに接続します。
ファイアウォール
グローバルな分散型ファイアウォールでネットワークをセグメント化して、インスタンスへのアクセスを制限できます。
ルート
同じネットワーク内であれば、サブネットワークをまたぐ場合であっても外部 IP アドレスなしにインスタンス間でトラフィックを転送できます。

Cloud Virtual Networking の料金

Cloud Virtual Networking の優れた機能を魅力的な料金でご利用いただけます。詳細

上り / 下りの料金

トラフィックの種類 料金
上り
同一ゾーンへの下り
同一リージョン内の別の Google Cloud Platform サービスへの下り
Google サービス(YouTube、Google マップ、Google ドライブなど)への下り**
無料
同一リージョン内のゾーン間の下り、米国内のリージョン間の下り $0.01/GB
大陸間の下りトラフィック - 日本から*** 0~1 TB: $0.14~$0.23/GB
1~10 TB: $0.14~$0.22/GB
10 TB 以上: $0.12~$0.20/GB
大陸間の下りトラフィック - 他のリージョンから*** 0~1 TB: $0.12~$0.23/GB
1~10 TB: $0.11~$0.22/GB
10 TB 以上: $0.08~$0.20/GB

* ネットワーク IP アドレス経由の下りは無料ですが、同じゾーンにインスタンスが設定されていても、外部 IP アドレス経由の下りは課金対象となります。
** 特別価格
***より詳細な料金については、インターネット送信トラフィックの料金をご覧ください。

VPN の料金

米国 ヨーロッパ アジア(台湾) アジア(日本)
課金されるコンポーネント 料金(米ドル)
1 トンネル(1 時間あたり)
IPsec traffic 暗号化されたトラフィック(ベース トラフィックと IPsec のオーバーヘッド)には、通常のトラフィックと同じレートが適用されます。一般的なネットワークの料金体系をご覧ください。
VPN ゲートウェイのパブリック IP IP アドレスの料金体系に従って課金されます。

VPN ゲートウェイにトラフィックを送信する転送ルールには課金されません。

IP アドレスの料金体系

米国 ヨーロッパ アジア(台湾) アジア(日本)
料金/時間
静的 IP アドレス(割り当て済み、未使用)
静的 IP アドレス(割り当て済み、使用中) 無料
エフェメラル IP アドレス(インスタンスまたは転送ルールにアタッチ済み) 無料

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。