一般提供版の Ops エージェントへの移行

Ops エージェントが一般提供になりました。一般提供版では、プレビュー版のユーザーからのフィードバックに基づいて修正と改善が行われています。このガイドでは、次のユーザーの移行手順について説明します。

  • Ops エージェントのプレビュー版のユーザーが一般提供版のエージェントに移行する場合。

  • 以前の Logging と Monitoring のエージェントのユーザーが Ops エージェントに移行する場合。

Ops エージェントのプレビュー版から一般提供版への移行

最新バージョンの Ops エージェントをインストールするには、エージェントのアップグレード手順を完了します。

エージェントのデフォルト構成を編集して default_pipeline を削除した場合は、次のスニペットをエージェント構成に追加して、パイプラインを無効のままにしてください。

logging:
  service:
    pipelines:
      default_pipeline:
        receivers: []
        exporters: []
metrics:
  service:
    pipelines:
      default_pipeline:
        receivers: []
        exporters: []

Ops エージェントの管理コマンドの変更点

次の表に、一般提供リリースで変更されたエージェントを管理するコマンドを示します。

手順 一般提供版 プレビュー版
エージェントの起動 sudo service google-cloud-ops-agent start なし
エージェントの停止 sudo service google-cloud-ops-agent stop なし
エージェントの再起動 sudo service google-cloud-ops-agent restart sudo systemctl restart google-cloud-ops-agent.target
エージェントのステータス確認 sudo service google-cloud-ops-agent status sudo systemctl status google-cloud-ops-agent.target

以前のエージェントから Ops エージェントへの移行

以前の Logging と Monitoring のエージェントから移行するには、次の手順を行います。

  1. LoggingMonitoring のエージェントをアンインストールします。

    エージェントをアンインストールした後、Google Cloud Console がこの変更を報告するまでに最大で 1 時間かかることがあります。

  2. 最新バージョンの Ops エージェントを単一の仮想マシンにインストールします。

    複数の VM に Ops エージェントをインストールして管理することもできます。

  3. 必要に応じて、Ops エージェントを構成します。

指標の収集方法の違い

次の表に、Ops エージェントと Monitoring エージェントのデータ収集方法の違いを示します。
指標タイプ(省略)
agent.googleapis.com
Ops エージェント(一般提供) Ops エージェント(プレビュー) モニタリング エージェント
disk/bytes_used
disk/percent_used
device ラベルのフルパスで取得されます(例: /dev/sda15)。

tmpfsudev などの仮想デバイスの場合には取り込まれません。
device ラベルのパスに /dev なしで取り込まれます(例: sda15)。

tmpfsudev などの仮想デバイスの場合に取り込まれます。
device ラベルのパスに /dev なしで取り込まれます(例: sda15)。

tmpfsudev などの仮想デバイスの場合に取り込まれます。
一般提供の列は、Ops エージェント バージョン 2.0.0 以降を示します。プレビューの列は、2.0.0 より前の Ops エージェント バージョンを示します。