自動化ツールを使用してエージェントを管理する

Google Cloud のオペレーション スイートでは、いくつかの方法により Compute Engine Linux VM 群全体で Monitoring エージェントを管理できます。

  • Ansible: Ansible のロールを使用すると、Linux VM 群にエージェントをインストールして構成できます。詳細については、Cloud Ops の Ansible ロールのドキュメントをご覧ください。
  • Chef: Chef クックブックを使用して、一連の Linux と Windows VM にエージェントをインストールして構成できます。Windows VM の場合、Ops エージェントのみがサポートされます。詳細については、Chef の統合のドキュメントをご覧ください。

  • Puppet: Puppet モジュールを使用すると、一連の Linux および Windows VM にエージェントをインストールして構成できます。Windows VM の場合、Ops エージェントのみがサポートされます。詳細については、Puppet の統合のドキュメントをご覧ください。

  • Terraform: Terraform モジュールを使用すると、サポートされているオペレーティング システムを使用して VM にエージェントをインストールして構成できます。詳細については、Terraform エージェント ポリシーのドキュメントをご覧ください。

  • gcloud ツールを使用したエージェント ポリシー: gcloud コマンドライン ツールから、サポートされているオペレーティング システムを使用して、新規および既存の VM を管理するエージェント ポリシーを作成し、すべてのエージェントを適切にインストールして、任意で自動アップグレードを行えます。詳細は、オペレーション スイートのソリューション ドキュメント(エージェント ポリシーの管理)をご覧ください。