バージョン 1.10

適切な istioctl バージョンをダウンロードする

Anthos Service Mesh のバージョンは、istioctl クライアントのバージョンと一致している必要があります。このページでは、両方のバージョンが一致するようにインストール ファイルをダウンロードする方法を説明します。

インストール ファイルのダウンロード

Linux

  1. Anthos Service Mesh インストール ファイルを現在の作業ディレクトリにダウンロードします。

    curl -LO https://storage.googleapis.com/gke-release/asm/istio-1.7.8-asm.8-linux-amd64.tar.gz
  2. 署名ファイルをダウンロードし、openssl を使用して署名を検証します。

    curl -LO https://storage.googleapis.com/gke-release/asm/istio-1.7.8-asm.8-linux-amd64.tar.gz.1.sig
    openssl dgst -verify /dev/stdin -signature istio-1.7.8-asm.8-linux-amd64.tar.gz.1.sig istio-1.7.8-asm.8-linux-amd64.tar.gz <<'EOF'
    -----BEGIN PUBLIC KEY-----
    MFkwEwYHKoZIzj0CAQYIKoZIzj0DAQcDQgAEWZrGCUaJJr1H8a36sG4UUoXvlXvZ
    wQfk16sxprI2gOJ2vFFggdq3ixF2h4qNBt0kI7ciDhgpwS8t+/960IsIgw==
    -----END PUBLIC KEY-----
    EOF

    想定される出力は Verified OK です。

  3. ファイル システム上の任意の場所にファイルの内容を抽出します。たとえば、現在の作業ディレクトリにコンテンツを抽出するには、次のコマンドを実行します。

     tar xzf istio-1.7.8-asm.8-linux-amd64.tar.gz

    このコマンドにより、現在の作業ディレクトリに istio-1.7.8-asm.8 という名前のインストール ディレクトリが作成されます。このディレクトリには、次のものが含まれます。

    • samples ディレクトリにあるサンプル アプリケーション。
    • Anthos Service Mesh のインストールに使用する istioctl コマンドライン ツールは、bin ディレクトリにあります。
    • Anthos Service Mesh 構成プロファイルは manifests/profiles ディレクトリにあります。
  4. Anthos Service Mesh インストールのルート ディレクトリに移動していることを確認します。

    cd istio-1.7.8-asm.8

Mac OS

  1. Anthos Service Mesh インストール ファイルを現在の作業ディレクトリにダウンロードします。

    curl -LO https://storage.googleapis.com/gke-release/asm/istio-1.7.8-asm.8-osx.tar.gz
  2. 署名ファイルをダウンロードし、openssl を使用して署名を検証します。

    curl -LO https://storage.googleapis.com/gke-release/asm/istio-1.7.8-asm.8-osx.tar.gz.1.sig
    openssl dgst -sha256 -verify /dev/stdin -signature istio-1.7.8-asm.8-osx.tar.gz.1.sig istio-1.7.8-asm.8-osx.tar.gz <<'EOF'
    -----BEGIN PUBLIC KEY-----
    MFkwEwYHKoZIzj0CAQYIKoZIzj0DAQcDQgAEWZrGCUaJJr1H8a36sG4UUoXvlXvZ
    wQfk16sxprI2gOJ2vFFggdq3ixF2h4qNBt0kI7ciDhgpwS8t+/960IsIgw==
    -----END PUBLIC KEY-----
    EOF

    想定される出力は Verified OK です。

  3. ファイル システム上の任意の場所にファイルの内容を抽出します。たとえば、現在の作業ディレクトリにコンテンツを抽出するには、次のコマンドを実行します。

    tar xzf istio-1.7.8-asm.8-osx.tar.gz

    このコマンドにより、現在の作業ディレクトリに istio-1.7.8-asm.8 という名前のインストール ディレクトリが作成されます。このディレクトリには、次のものが含まれます。

    • samples ディレクトリにあるサンプル アプリケーション。
    • Anthos Service Mesh のインストールに使用する istioctl コマンドライン ツールは、bin ディレクトリにあります。
    • Anthos Service Mesh 構成プロファイルは manifests/profiles ディレクトリにあります。
  4. Anthos Service Mesh インストールのルート ディレクトリに移動していることを確認します。

    cd istio-1.7.8-asm.8

Windows

  1. Anthos Service Mesh インストール ファイルを現在の作業ディレクトリにダウンロードします。

    curl -LO https://storage.googleapis.com/gke-release/asm/istio-1.7.8-asm.8-win.zip
  2. 署名ファイルをダウンロードし、openssl を使用して署名を検証します。

    curl -LO https://storage.googleapis.com/gke-release/asm/istio-1.7.8-asm.8-win.zip.1.sig
    openssl dgst -verify - -signature istio-1.7.8-asm.8-win.zip.1.sig istio-1.7.8-asm.8-win.zip <<'EOF'
    -----BEGIN PUBLIC KEY-----
    MFkwEwYHKoZIzj0CAQYIKoZIzj0DAQcDQgAEWZrGCUaJJr1H8a36sG4UUoXvlXvZ
    wQfk16sxprI2gOJ2vFFggdq3ixF2h4qNBt0kI7ciDhgpwS8t+/960IsIgw==
    -----END PUBLIC KEY-----
    EOF

    想定される出力は Verified OK です。

  3. ファイル システム上の任意の場所にファイルの内容を抽出します。たとえば、現在の作業ディレクトリにコンテンツを抽出するには、次のコマンドを実行します。

    tar xzf istio-1.7.8-asm.8-win.zip

    このコマンドにより、現在の作業ディレクトリに istio-1.7.8-asm.8 という名前のインストール ディレクトリが作成されます。このディレクトリには、次のものが含まれます。

    • samples ディレクトリにあるサンプル アプリケーション。
    • Anthos Service Mesh のインストールに使用する istioctl コマンドライン ツールは、bin ディレクトリにあります。
    • Anthos Service Mesh 構成プロファイルは manifests/profiles ディレクトリにあります。
  4. Anthos Service Mesh インストールのルート ディレクトリに移動していることを確認します。

    cd istio-1.7.8-asm.8