正常性とパフォーマンスのモニタリング

Cloud Monitoring は Cloud Run のパフォーマンスをモニタリングします。指標を分析し、稼働時間チェックを行うことができます。また、特定の指標のしきい値を超えたときに通知を送信するようにアラートを設定できます。Google Cloud のオペレーション スイートの料金が適用されます。つまり、Cloud Run のフルマネージド バージョンでは指標に料金はかかりません。また、Cloud Monitoring のカスタム指標も使用できます。

Cloud Run は Cloud Monitoring と自動的に統合され、設定や構成の必要はありません。Cloud Run サービスの指標は、実行中に自動的に取得されます。

指標は、Cloud Monitoring かコンソールの Cloud Run ページに表示できます。Cloud Monitoring では、チャートとフィルタのオプションがさらに増えています。

リソースタイプ

モニタリング リソース名は Cloud Run Revision です(cloud_run_revision)。

Cloud Run で指標を表示する

Cloud Run で指標を表示するには:

  1. Cloud Run に移動します

  2. サービスリストでサービスを見つけてクリックします。

  3. [指標] タブをクリックして、そのバージョンの指標を表示します。

Cloud Monitoring で指標を表示する

Metrics Explorer を使用してモニタリング対象リソースの指標を表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console で、[Monitoring] ページに移動します。

    [Monitoring] に移動

    Cloud Monitoring を初めて使用する場合は、Google Cloud Console の [Monitoring] への最初のアクセス時に、ワークスペースが自動的に作成され、プロジェクトがそのワークスペースに関連付けられます。それ以外の場合に、プロジェクトがワークスペースに関連付けられていないときは、ダイアログが表示され、新しいワークスペースを作成するか、このプロジェクトを既存のワークスペースに追加できるようになります。ワークスペースを作成することをおすすめします。選択したら、[Add] をクリックします。

  2. [Monitoring] のナビゲーション パネルで、 [Metrics Explorer] をクリックします。
  3. [Metric] タブが選択されていることを確認します。
  4. [Find resource type and metric] フィールドで、リソースと指標をメニューから選択するか、リソースと指標の名前を入力します。次の情報を使用して、フィールドに入力します。
    1. [リソース] で、上記のように、使用しているプラットフォームに対応するリソースタイプを選択します。
    2. [指標] で、メニューのいずれかの指標を選択します。使用可能な指標の詳細については、Monitoring の Google Cloud 指標のページをご覧ください。
  5. データの表示方法を変更するには、[Filter]、[Group By]、[Aggregator] の各メニューを使用します。たとえば、リソースラベルや指標ラベルごとにグループ化できます。詳しくは、指標の選択をご覧ください。

稼働時間チェックを追加する

Cloud Monitoring を使用すると、サービスのパフォーマンスを追跡できます。詳細については、サービスの可用性を確認する(稼働時間チェック)をご覧ください。

アラートを追加する

Cloud Monitoring を使用して、稼働時間チェックの失敗などの特定のイベントに関する通知を送信できます。詳細については、サービスのアラート ポリシーの作成と管理をご覧ください。