これは、Recommendations AI、Retail Search、新しい Retail コンソールに関するドキュメントです。制限付き一般提供フェーズで Retail Search を使用するには、Cloud 営業担当者にお問い合わせください

Recommendations AI のみを使用している場合は、Recommendations コンソールを引き続き使用し、Recommendations AI のドキュメントをご覧ください。

アトリビューション トークン

このページでは、アトリビューション トークンを使用して検索のパフォーマンスを時間の経過とともに向上させる方法について説明します。

アトリビューション トークンは、Retail によって生成され、検索リクエストごとに返される一意の ID です。これにより、Retail がユーザーの操作と検索結果を相互に関連付け、検索の再ランキング モデルをトレーニングして、検索品質を向上させます。

ユーザー イベントへのアトリビューション トークンの追加はオプションです。アトリビューション トークンを指定しない場合、販売店は訪問者 ID とタイムスタンプに基づいて検索レスポンスと取り込まれたユーザー イベントの結果を調整し、アトリビューション トークンを概算します。

アトリビューション トークンの仕組み

predict メソッドまたは search メソッドから返される各レスポンスには、レスポンスの本文に一意の attributionToken が含まれます。次に例を示します。

{
  "results": [{"id": "352"}, {"id": "456"}],
  "attribution_token": "abc123"
}

ウェブサイトに Retail API の結果に基づいた商品を表示する場合、ユーザーが返品された商品とやり取りしたときに、検索結果からアトリビューション トークンを返す必要があります(例: ビューまたは add-to- cart をクリックします)。このフィードバック ループにより、結果がビジネスにどのように影響するかに関する情報を提供できます。

アトリビューション トークンを返す方法

アトリビューション トークンを返すには、ユーザーがレコメンデーションまたは検索結果を利用して行ったすべてのアクションを記録するユーザー イベントにアトリビューション トークンを含めます。その商品に対してユーザーが実行できるアクションは、ウェブサイトのデザインによって異なります。一般的なアクションには、商品をお気に入りリストに追加する、詳細ビューをリクエストする、ショッピング カートに追加する、1 クリックで購入をする、などがあります。

アトリビューション トークンを返すには、まずウェブサイトのレコメンデーションパネルまたは検索結果に表示されるように商品と関連付けておく必要があります。一般的には、レコメンデーション パネルや検索結果に対して実行できるアクションに関連付けられたすべての URL にパスを追加します。次に例を示します。

https://www.example.com/54321/?rtoken=abc123

その後、ユーザーがレコメンデーション パネルまたは検索結果で商品を操作すると(ユーザー イベントが生成されます)、アトリビューション トークンを URL リンクから解析して、その操作のために Retail に送信するユーザー イベントに挿入できます。

たとえば、ユーザーへの商品の表示に関する予測をリクエストするとします。Retail は、おすすめのカタログ ID のセットと、関連するアトリビューション トークンを返します。

{
  "results": [{"id": "352"}, {"id": "456"}],
  "attribution_token": "abc123"
}

ウェブサイトのおすすめのパネルにレコメンデーション アイテムが表示され、そのレコメンデーションに対応する返されたアトリビューション トークンが URL ごとにレコメンデーション パネルに表示されます。Retail に送信するイベントを記録するようにサイトを構成する必要があります(ユーザー イベント オブジェクトの例については、ユーザー イベントをご覧ください)。ユーザーが検索結果の商品をクリックして詳細を表示することで、そのクリックで記録したユーザー イベントにアトリビューション トークンが追加されます。ユーザー イベントは次の例のようになります。

{
  "eventType" : "detail-page-view",
  "visitorId": "visitor1",
  "userInfo": {
    "userId": "user1"
   },
   "attributionToken": "abc123",
   "productDetails": [{
     "product": {
        "id": "abc"
       }
     }]
}

レコメンデーションまたは検索結果に基づいて表示された商品をユーザーが操作し、その操作のユーザー イベントによるアトリビューション トークンを含めると、Retail はその情報を使用して評価を行います。

たとえば、ユーザーが検索結果で商品を確認し、その結果を使ってその商品をほしいものリストに追加し、商品の詳細ビューも得るとします。検索結果(add-to-cartdetail-page-view)から生成されるユーザー イベントの両方にアトリビューション トークンを含める必要があります。

次に、同じユーザーが詳細ビューからこの商品をカートに追加したとします。検索結果ではなく詳細ビューから行ったので、そのアクションにアトリビューション トークンを含める必要はありません。同様に、ユーザーが商品を直ちに購入したものの、検索結果から直接購入したわけではない場合は、購入イベントとともにアトリビューション トークンを返すメリットはありません。