仮想マシン(VM)プロダクトの提供

仮想マシン(VM)プロダクトは、ユーザーが Compute Engine 上で実行できるカスタム VM インスタンスです。

このページでは、Cloud Marketplace で VM プロダクトを配布して維持するために必要な手順の概要を説明します。

Compute Engine のコンセプトの概要については、Compute Engine のドキュメントをご覧ください。

Compute Engine を初めて利用する場合は、Compute Engine の概要をご覧いただくか、Compute Engine のクイックスタートをお試しください。

始める前に

チェックリスト

大まかには以下を行う必要があります。

  1. オープンソースのコンプライアンス要件を確認し、それらの要件を満たしてください。要件はプロセスのどの時点でも完了できますが、早期に開始することをおすすめします。
  2. Google Cloud 環境を設定して、Google Cloud Marketplace でプロダクトを配布、表示できるようにします。
  3. 料金オプションを確認し、料金モデルを選択します。次のステップに進む前に、料金モデルを決定し、決定した料金モデルを送信して処理を進めることをおすすめします。料金モデルの処理には最大 2 週間かかります。料金モデルが処理されている間も、VM プロダクトの設定を続けることができます。
  4. VM イメージをビルドします
  5. デプロイ パッケージを作成します
  6. エンドツーエンドでプロダクトをテストします
  7. サポートを含める場合は、サポートを統合します
  8. Cloud Marketplace にプロダクトを送信します。 プロダクトを公開するには、審査を受けるためにプロダクトのさまざまな部分を送信します。パートナー エンジニアリング チームが送信内容を審査し、問題がある場合は承認前に問題の解決をサポートします。すべての審査で承認された後、数分以内にプロダクトを公開してリリースできます。
  9. プロダクトのリリース後、プロダクトを維持、監視します

オンボーディング プロセス中に質問がある場合は、Cloud Marketplace パートナー エンジニアにお問い合わせください。担当のパートナー エンジニアがわからない場合は、cloud-partner-onboarding@google.com にご連絡ください。