GCP 環境の設定

このページでは、VM ソリューションを配布できるように GCP 環境を設定する手順について説明します。

ワークスペースの作成

まず、Cloud Console で 2 つのプロジェクトを作成します。1 つは開発とテストに使用し、もう 1 つはパブリック プロジェクトとして使用して、最終コンポーネントをホストします。プロジェクトの作成については、Google Cloud プロジェクトの作成と管理をご覧ください。

プロジェクトの ID の作成には、次の形式を使用します。

  • 開発プロジェクト ID の形式: <partner_name>-dev
  • パブリック プロジェクトの ID の形式(最終的なコンポーネント用): <partner_name>-public

各プロジェクトを作成したら、プロジェクト閲覧者のロールを marketplace-ops@cloud.google.com に、プロジェクト編集者のロールを Google パートナー エンジニアに付与します。プロジェクトにアクセス権を付与する手順については、リソースへのアクセス権の付与、変更、取り消しをご覧ください。

ソリューションの作成中に、VM イメージのトラブルシューティングなど、プロジェクトのデバッグに支援が必要な場合は、プロジェクト編集者のロールを marketplace-support@cloud.google.com に付与してください。

Compute Engine API を有効にする

Google Cloud で仮想マシンを作成して実行するには、Compute Engine API を有効にする必要があります。Compute Engine API の概要については、Compute Engine API のドキュメントをご覧ください。

  • Compute Engine API を有効にします。

    API を有効にする

  • パートナー ポータルにソリューションを追加する

    パートナー ポータルを使用して、アプリケーションに関するマーケティング情報を追加し、料金モデルを入力します。プロジェクト情報フォームに記入すると、パートナー エンジニアがパートナー ポータルを有効にします。

    この段階で必要なことは、パートナー ポータルでソリューションのエントリを作成するだけです。この後のステップでマーケティング情報を追加します。

    パートナー ポータルの直接リンクは次のとおりです。

    https://console.cloud.google.com/partner/solutions?project=YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID
    

    ソリューションを作成するには:

    1. ページの上部にある [ソリューションを追加] をクリックします。

    2. ソリューションに名前を付け、ソリューション ID を確認します。 ソリューション ID は、Google Cloud Marketplace リスティングの URL で使用されます。

    3. [Solution Type] で、[VM deployment] を選択します。

    4. [作成] をクリックします。ソリューションの作成には数秒かかる場合があります。