料金モデルの選択

このページでは、仮想マシン(VM)プロダクトとして選択できる料金モデルについて説明します。これらの情報を確認し、プロダクトの料金モデルを決定してください。

次の料金モデルのいずれかを、プロダクト用に選択できます。

Producer Portal

  • 無料: VM インスタンスの実行コストなど、使用する Google Cloud リソースの料金のみをお支払いいただきます。プロダクトを無料で提供する場合は、ポータルへの料金モデルの追加に進んでください。

  • お客様所有ライセンスの使用(BYOL): お客様はプロダクト自体に直接料金を支払い、使用する Google Cloud リソースに対して個別に課金されます。お客様がアプリの有効なライセンスを使用していることは、貴社自身で確認する必要があります。

  • 従量制料金: 顧客は、指標と呼ばれる選択した測定値(VM プロダクトで使用される RAM の容量など)に基づいてソフトウェアの料金を支払います。

料金モデルを決定したら、Producer Portal でプロダクトに料金モデルを追加して処理します。

パートナー ポータル

  • 無料: VM インスタンスの実行コストなど、使用する Google Cloud リソースの料金のみをお支払いいただきます。プロダクトを無料で提供する場合は、ポータルへの料金モデルの追加に進んでください。

  • お客様所有ライセンスの使用(BYOL): お客様はプロダクト自体に直接料金を支払い、使用する Google Cloud リソースに対して個別に課金されます。お客様がアプリの有効なライセンスを使用していることは、貴社自身で確認する必要があります。

  • 従量制料金: 顧客は、指標と呼ばれる選択した測定値(VM プロダクトで使用される RAM の容量など)に基づいてソフトウェアの料金を支払います。

どのような料金モデルであっても、プロダクトの無料トライアルを提供できます。

料金モデルを決定したら、パートナー ポータルでプロダクトに料金モデルを追加して処理します。

BYOL 料金

貴社自身でお客様に請求する場合は、BYOL 料金モデルを選択できます。その場合、顧客がライセンスを取得できるようにする必要があります。通常は、ウェブサイトを使用します。お客様が GCP Marketplace で BYOL プロダクトをデプロイしようとすると、先にライセンス ID を入手するように求められます。デプロイ後は、パートナーが入力したライセンス ID を検証する必要があります。

プロダクトが実行されるインフラストラクチャの使用料金については、Google が個別に請求します。

BYOL 料金モデルを使用する場合は、ポータルへの料金モデルの追加に進んでください。

従量制料金

VM プロダクトの料金は使用状況に応じて設定されます。したがって、お客様は、貴社が選択した測定値(使用する vCPU の数など)に基づいてソフトウェアの料金を支払うことになります。

従量制料金モデルを設定する場合は、できるだけ早くモデルを決定し、送信して処理することをおすすめします。料金モデルの処理には最長 2 週間かかります。ただし、料金モデルが処理されている間も、プロダクトと Google Cloud Marketplace の設定は続けることができます。

料金構成の定義

使用状況に基づく料金の場合、次のいずれかを選択します。

  • インスタンス ベースの料金: プロダクトごとに 1 時間あたりの料金を請求します。課金は、プロダクトの使用時間の長さに応じて分単位で行われます。

  • リソースベースの料金: プロダクトのリソース使用量に応じて課金されます。ワークロードに応じて、vCPU の数と VM に追加可能な RAM を選択できます。計算量の非常に多いプロダクトの場合は、VM に GPU を追加することもできます。

    vCPU の数、システムメモリのサイズ、GPU またはこれらの組み合わせで課金方法を選択することができます。

    リソースベースの料金の場合、リソースタイプごとに次のいずれかを選択します。

    • 定額: リソースの単価を設定します。たとえば、プロダクトで使用する vCPU ごとに料金を設定します。
    • 階層: 階層ごとに料金を設定します。たとえば、1〜5 の vCPU と 6〜10 の vCPU に別々の料金を設定します。

Google では、毎月、ソフトウェアとインフラストラクチャの使用料金をユーザーに請求しています。

ポータルへの料金モデルの追加

料金モデルを決定したら、Producer Portal またはパートナー ポータルで追加できます。料金モデルはできるだけ早く決定し、送信して処理することをおすすめします。

ポータルに料金モデルを追加して審査のために提出するには:

Producer Portal

  1. Google Cloud Console で Producer Portal を開きます。

    https://console.cloud.google.com/producer-portal?project=YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID
    

    YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID を、Google Cloud Marketplace 用に作成したパブリック プロジェクトの ID(my-organization-public など)に置き換えます。

  2. プロダクトのリストで貴社のプロダクト名をクリックします。

  3. [Overview] ページの [Pricing review] で、[EDIT] をクリックします。

  4. 料金モデルに基づく料金体系を設定します。

    BYOL

    1. お支払いプランの名前を入力します。

    2. [価格設定オプション] プルダウン リストで [BYOL] を選択し、[設定] をクリックします。

    3. [料金モデル] ペインの [ライセンス取得の URL] フィールドに、お客様がライセンスを取得するときに使用する URL を入力します。[Next] をクリックします。

    4. Google Cloud Marketplace で VM プロダクトを比較するときに表示される料金の説明を追加することもできます。[次へ] をクリックします。

    5. 税のカテゴリ情報を入力します。[次へ] をクリックします。

    6. [利用規約とポリシー] ペインに、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)の URL を入力します。

    7. [送信] をクリックします。

    無料

    1. お支払いプランの名前を入力します。

    2. [価格設定オプション] プルダウン リストで [無料] を選択し、[設定] をクリックします。

    3. [料金モデル] ペインで詳細を確認し、[次へ] をクリックします。

    4. Google Cloud Marketplace で VM プロダクトを比較するときに表示される料金の説明を追加することもできます。[次へ] をクリックします。

    5. 税のカテゴリ情報を入力します。[次へ] をクリックします。

    6. [利用規約とポリシー] ペインに、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)の URL を入力します。

    7. [送信] をクリックします。

    従量制料金

    1. お支払いプランの名前を入力します。

    2. [価格設定オプション] プルダウン リストで [従量制料金] を選択します。

    3. 残りの手順を完了して、リソースベースまたはインスタンス ベースの料金モデルを作成します。

      リソースベースの料金

      1. [指標] プルダウン リストで、この指標を測定する単位を選択します。プロダクトに使用されている CPU の数、RAM 容量、GPU の数のいずれかになります。プロダクトのこれらの指標は、任意の組み合わせで選択できます。
      2. [設定] をクリックします。
      3. [料金モデル] ペインで、[使用料を編集] をクリックします。
      4. 指標ごとにレートの種類を選択します。

        • フラットレート: この指標の 1 時間あたりの測定単位あたりのフラットコスト。
        • 段階的料金: 1 時間あたりのコスト。複数の使用する階層ごとに異なります。たとえば、1 時間あたり 0〜128 GB の RAM に 1 つの価格を設定し、1 時間あたり 129〜256 GB の RAM に別の価格を設定できます。
      5. 指標の詳細を入力します。

        段階的料金を使用している場合は、[階Add tier] をクリックします。ここから、各階層の最小値と最大値を設定できます。デフォルトでは、最初のティアは 0 から始まります。各階層の上限は、次の階層の下限を追加すると更新されます。

        各指標の詳細を入力したら、[完了] をクリックします。

      6. [料金のプレビュー] をクリックして、料金モデルの詳細と使用料を示すサマリー テーブルを表示します。プレビューを終了して、[次へ] をクリックします。

      7. Google Cloud Marketplace で VM プロダクトを比較するときに表示される料金の説明を追加することもできます。[次へ] をクリックします。

      8. 税のカテゴリ情報を入力します。[次へ] をクリックします。

      9. [利用規約とポリシー] ペインに、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)の URL を入力します。

      10. [送信] をクリックします。

      インスタンスベースの料金

      1. [指標] プルダウン リストで、[Hourly instance fee] を選択します。

      2. [設定] をクリックします。

      3. [料金モデル] ペインで [使用料を編集] をクリックし、プロダクトの使用に対して請求する 1 時間あたりの料金を追加します。[完了] をクリックします。

      4. [料金のプレビュー] をクリックして、料金モデルの詳細と使用料を示すサマリー テーブルを表示します。プレビューを終了して、[次へ] をクリックします。

      5. Google Cloud Marketplace で VM プロダクトを比較するときに表示される料金の説明を追加することもできます。[次へ] をクリックします。

      6. 税のカテゴリ情報を入力します。[次へ] をクリックします。

      7. [利用規約とポリシー] ペインに、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)の URL を入力します。

      8. [送信] をクリックします。

料金モデルを送信してから処理が完了するまで、最大で 2 週間かかります。

パートナー ポータル

Google Cloud Console でパートナー ポータルを開きます。

  https://console.cloud.google.com/partner/solutions?project=YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID
  

YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID を、Google Cloud Marketplace 用に作成したパブリック プロジェクトの ID(my-organization-public など)に置き換えます。

ソリューションのリストで、ソリューションの名前をクリックします。

[ライセンスと料金] の横にある [編集] をクリックします。使用する料金モデルの手順に従います。

BYOL

  1. [BYOL] を選択します。

  2. [License Acquisition URL] 項目に、お客様がライセンスを取得するときに使用する URL を入力します。

  3. 料金モデルを送信するには、[料金モデルを送信] をクリックします。

無料

  1. [Free] を選択します。

  2. [料金モデルを送信] をクリックします。

インスタンスベースの料金

  1. [固定価格] を選択します。

  2. プロダクトの使用に対してお客様に請求するプロダクト料金 / 時間を追加します。

  3. [料金モデルを送信] をクリックします。

リソースベースの料金

  1. [リソースベースの料金] を選択します。

  2. [追加] をクリックして、プロダクトへの指標の追加を開始します。

  3. 各指標に関する次の情報を追加します。

    • 価格単位: この指標が測定する単位。プロダクトに使用されている CPU の数、RAM 容量、GPU の数のいずれかになります。料金でこれらの単位を 2 つ以上を考慮する場合は、別の指標を追加することでこれを実現できます。

    • ソリューションの課金方法

      • フラット ユニット単価: この指標の 1 時間あたりの測定単位あたりのフラットコスト。

      • 段階的料金: 1 時間あたりのコスト。複数の使用する階層ごとに異なります。たとえば、1 時間あたり 0〜128 GB の RAM に 1 つの価格を設定し、1 時間あたり 129〜256 GB の RAM に別の価格を設定できます。

  4. 料金階層を設定するには、[階層を追加] をクリックして、階層の下限を追加します。デフォルトでは、最初の階層は 0 から始まります。各階層の上限は、次の階層の下限を追加すると更新されます。

  5. 料金モデルのすべての指標について、上記の手順を繰り返します。

  6. 料金モデルを送信して処理をする準備ができたら、[Review and Submit] をクリックします。

(任意)試用版ソフトウェアの提供

Google Cloud ユーザーにソフトウェアの試用版を提供する場合は、Google Cloud Marketplace ソリューションの試用版の登録フォームにご記入ください。以下を指定する必要があります。

  • 試用期間(30 日間など)。
  • 最大限度額(USD 単位、この額まで試用が可能)。

お客様はどの料金プランでも選択でき、試用クレジットは選択したプランに適用されます。

最大限度額に達した場合、または試用期間が終了した場合(どちらか一方の状況になった場合)、試用は終了となります。たとえば、最大限度額が $100 で試用期間が 15 日間の試用版を提供する場合、$100 の上限に達した場合、または 15 日経過した場合に、ユーザーの試用は終了となります。

試用期間が終わると、お客様は選択した料金プランに基づいて課金されます。試用中にお客様がプランを変更した場合、新しいプランに基づいて課金されます。

プロダクトの料金が従量制の場合は、予想される使用量に対する費用の 2 倍を最大限度額にすることをおすすめします。

リリース後にプロダクトの料金を更新する

料金モデルが公開され、承認されてから 60 日以上経過している場合は、プロダクトの料金を更新できます。

プロダクトの料金を更新する手順は次のとおりです。

Producer Portal

  1. プロダクトのリストで貴社のプロダクト名をクリックします。
  2. 商品の価格セクションに移動します。
  3. [コンテンツを編集] をクリックします。
  4. 価格を更新します。
  5. 完了したら [料金モデルを送信] をクリックします。

プロダクトを再公開する必要はありません。プロダクトの料金は、新しい料金のレビューと承認後に更新されます。

パートナー ポータル

  1. 料金表に入力します。
  2. 料金変更リクエスト フォームに入力し、オペレーション チームにリクエストを送信します。
  3. オペレーション チームが 2 営業日以内にフォームの受信を確認して対応し、必要に応じてフォローアップの質問を行います。

変更後の料金が反映されるまでに約 1 週間かかります。料金を引き下げる場合、料金が引き下げられるまでにそれ以上かかることはありません。料金を引き上げる場合は、オペレーション チームがリクエストの受信を確認してから料金の引き上げが反映されるまでにさらに 45 日かかります。この期間には、アクティブ ユーザー向けにメッセージを作成して送信するための 15 日間と、ユーザーが料金の変更を確認するために必要な 30 日間が含まれます。