オープンソース コンプライアンス

オープンソース ソフトウェアを含むプロダクトは、以下に示す Google のオープンソース コンプライアンス プラクティスに準拠している必要があります。Google は、オープンソース コントリビューターやオープンソース メンテナーである社員を数多く抱えているため、オープンソース コミュニティの扱いについて特に敏感です。ほとんどのライブラリでオープンソース コンプライアンスを確保するための最も簡単かつ迅速な方法は、完全なソースコードとライセンス テキストをソリューションに含めることです。

Google Cloud Marketplace で配布するすべての VM と Kubernetes のプロダクトについて、オープンソース コンプライアンス ドキュメントを完成させる必要があります。

オープンソース コンプライアンスの要件は交渉の対象外です。すべてのパートナーに適用されます。

  • Compute Engine でサポートされている OS イメージにあらかじめインストールされているものを使用し、追加のオープンソース コンポーネントをインストールしない場合は、コンポーネントのソースコードおよびライセンス テキストを提供する必要はありません。

  • GPL ライセンスまたは LGPL ライセンスのオープンソース コンポーネントをインストールする場合は、ライセンス テキストをソースコードとともにインスタンス イメージにインストールする必要があります。

  • Compute Engine でサポートされている OS イメージの上にオープンソース コンポーネントをインストールし、かつコンポーネント ライセンスが許可リストに登録済みのライセンス(MIT、BSD、Apacheなど)の場合、コンポーネントのリストとともに、インスタンス イメージでライセンス テキスト ファイルのみを提供する必要があります。

コンプライアンスの手順を完了するには、オープンソース コンプライアンス ワークシートを開き、アクセスをリクエストします。テンプレートを開くと、そのワークシートの新しいコピーが Google ドライブに追加されます。コピーの名前を変更し、それを使用してワークシートを完成させます。テンプレートにアクセスできない場合は、cloud-partner-onboarding@google.com にお問い合わせください。

コンプライアンス ワークシートへの入力が完了したら、ワークシートの編集権限を opensource-licensing@google.com に付与して、Google Cloud Marketplace チームと共有します。

完成したワークシートをアップロードするには、パートナー ポータルのプロダクトに追加します。パートナー ポータルにアクセスできるようになると、パートナー エンジニアからお知らせが届きます。 アクセスしたら、Google Cloud Marketplace ページを開き、[Explore Marketplace] をクリックして、左側のメニューの [パートナー ポータル] をクリックします。

パートナー ポータルの直接リンクは次のとおりです。

https://console.cloud.google.com/partner/solutions?project=YOUR_PUBLIC_PROJECT_ID

パートナー ポータルからプロダクトを選択し、クリックして [オープンソース コンプライアンス] セクションを開きます。