オープンソース コンプライアンス

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

オープンソース ソフトウェアを含むプロダクトは、付属のオープンソース ソフトウェアのライセンス要件を満たす必要があります。Google にはオープンソース コントリビューターやオープンソース メンテナーである社員が数多く在籍しているため、Google はオープンソース コミュニティの扱いについて特に敏感です。ほとんどのライブラリでオープンソース コンプライアンスを確保するための最も簡単かつ迅速な方法は、完全なソースコードとライセンス テキストをソリューションに含めることです。

オープンソース ライセンスのコンプライアンスを確保するために、次のガイドラインに従うことをおすすめします。

  • Compute Engine でサポートされている OS イメージにあらかじめインストールされているものを使用し、追加のオープンソース コンポーネントをインストールしない場合は、コンポーネントのソースコードおよびライセンス テキストを提供する必要はありません。

  • GPL ライセンスまたは LGPL ライセンスのオープンソース コンポーネントをインストールする場合は、ライセンス テキストをソースコードとともにインスタンス イメージにインストールします。

  • Compute Engine でサポートされる OS イメージの上にオープンソース コンポーネントをインストールし、かつコンポーネント ライセンスがホワイトリストに登録されたライセンス(MIT、BSD、Apache など)のいずれかである場合、コンポーネントのリストとともに、インスタンス イメージでライセンス テキスト ファイルのみを提供します。

審査のためにオープンソース コンプライアンス ワークシートを Cloud Marketplace に送信する必要はありませんが、プロダクトが、含まれているオープンソース ソフトウェアのライセンス要件に準拠している必要があります。

オープンソース ソフトウェアのデベロッパーがライセンス違反を検出した場合は、削除通知を送信できます。問題が解決されるまで、Cloud Marketplace からリスティングを pull することもできます。