Pyca 暗号ライブラリを含める

このページでは、Pyca 暗号ライブラリを使用して gcloud コマンドライン ツールを更新する方法について説明します。

Pyca 暗号ライブラリは、gcloud コマンドライン ツールの依存関係になります。このライブラリは暗号ルーティンが含まれているため、Cloud SDK とともに配布されていません。

この暗号ライブラリのバージョン v2.2 以降を使用する必要があります。

暗号をインストールする

pip を使用したインストール

システムに pipPython Package Index へのコマンドライン インターフェース)がある場合は、次のコマンドを実行します。

pip install --user cryptography

システム構成によっては、root ユーザーとしてこのコマンドを実行する必要があります。

sudo pip install cryptography

apt-get を使用したインストール

システムが Debian をベースとしている場合は、次のコマンドを実行します。

sudo apt-get install python-cryptography

yum を使用したインストール

システムが Redhat または CentOS をベースとしている場合は、次のコマンドを実行します。

sudo yum install python2-cryptography

Windows へのインストール

pip がインストールされている必要があります。その上で、次のコマンドを実行します。

pip install cryptography

サイト パッケージを有効化する

暗号ライブラリをインストールしたら、CLOUDSDK_PYTHON_SITEPACKAGES 環境変数を 1 に設定して、サイト パッケージも有効化する必要があります。これにより Cloud SDK では、追加するライブラリが独自の google-cloud-sdk/lib ディレクトリの外部で検索されるようになります。

Linux

export CLOUDSDK_PYTHON_SITEPACKAGES=1

Mac OSX

export CLOUDSDK_PYTHON_SITEPACKAGES=1

Windows

set CLOUDSDK_PYTHON_SITEPACKAGES=1

サイト パッケージを有効にすると、システムにインストールされているものによっては、gcloud パッケージ ライブラリとの競合が生じる可能性があります。競合が発生した場合や、使用しているその他の gcloud コマンドが機能しなくなった場合は、CLOUDSDK_PYTHON_SITEPACKAGES 環境変数の設定解除が必要になることがあります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud KMS ドキュメント