インスタンスと割り当てのモニタリング

このページでは、Filestore インスタンスをモニタリングし、ディスク容量不足とバックアップ割り当て不足のアラートを設定する方法について説明します。

Cloud Monitoringを使用して Filestore インスタンスをモニタリングできます。

始める前に

開始する前に、次のロールにアクセスできることを確認してください。

  • モニタリング閲覧者
  • モニタリング編集者

これらのロールへのアクセス権を付与する方法については、Cloud Monitoring へのアクセス権を付与するをご覧ください。

Cloud Monitoring ダッシュボードへの Filestore 指標グラフの追加

Cloud Monitoring ダッシュボードで Filestore パフォーマンス指標を表示するには、次の手順に従います。

  1. Google Cloud コンソールで、 [Metrics Explorer] ページに移動します。

    Metrics Explorer に移動

    検索バーを使用してこのページを検索する場合は、小見出しが [Monitoring] である結果を選択します。

  2. [指標を選択] 展開セクションをクリックします。
  3. [リソース名または指標名でフィルタ] フィールドに「filestore」と入力し、開くことができる [Filestore インスタンス] セクションを選択します。
  4. 表示する使用可能な指標を選択します。

    指標 説明 ベーシック ティア エンタープライズ / ゾーンティア
    Average read latency 読み取りオペレーションにかかる平均時間(ミリ秒単位)。
    Average write latency 書き込みオペレーションにかかる平均時間(ミリ秒単位)。
    書き込みバイト数 書き込みバイト数。
    読み取りバイト数 永続ストレージから読み取られたバイト数。一部の読み取りはメモリ キャッシュから提供される可能性があるため、これはクライアントが読み取るバイト数よりも少ない場合があります。*
    Disk read operation count ディスク読み取りオペレーションの数。Filestore インスタンスによってデータがキャッシュされる場合、一部の読み取りオペレーションはディスク読み取りとして反映されません。 *
    Disk write operation count ディスク書き込みオペレーションの数。Filestore インスタンスによってデータがキャッシュされる場合、一部の書き込みオペレーションはディスク書き込みとして反映されません。 *
    メタデータ オペレーション数 ディスク メタデータ オペレーションの数。
    空きバイト数 ディスク空き容量のバイト数。
    Free disk space percent 空いているディスクバイトの割合。
    使用可能な物理容量の割合 使用可能な物理容量(合計容量に対する割合)。
    Procedure call count nfsstat -s コマンドと同じ情報を返します。
    スナップショットの使用バイト数 スナップショットの保存に使用される容量(バイト単位)。
    Time (in milliseconds) spent on read operations ディスク読み取りに費やされた時間。
    Time (in milliseconds) spent on write operations ディスク書き込みに費やされた時間。
    使用済みバイト数 使用済みディスクバイト数。
    使用済みスペースの割合 使用されているディスクバイトの割合。

    *メモリキャッシュ オペレーションは、ベーシック ティア インスタンスでのみ発生します。

  5. オプションの構成

    項目 説明
    Filter モニタリングする Filestore インスタンスにフィルタします。
    Group by 同様の時系列のデータを組み合わせます。
    Aggregator 一般的な関数を使用して時系列を組み合わせます。
    最小アライメント期間 集計が行われる時間間隔。
  6. グラフに指標をさらに追加する場合は、[指標を追加] をクリックします。

  7. [グラフを保存] をクリックしてダッシュボードを作成します。または、既存のダッシュボードにグラフを追加することもできます。

指標の定義

以下のセクションでは、特定の Filestore 固有の指標について詳しく説明します。

使用可能な物理容量の割合

使用可能な物理容量の割合の指標は、ユーザーが利用可能な容量を表します。必ずしも使用可能な RAW ディスク容量とは限りません。

インスタンスがデータを複製すると、耐久性が確保され、パフォーマンスが確保されます。そのため、インスタンスの合計ストレージ容量は、ユーザーが指定した容量よりも大きくなります。

たとえば、1 TiB のストレージで作成されたエンタープライズ階層インスタンスでは、合計容量が数倍になり、9 TiB になります。

使用可能な物理容量の割合の指標は、インスタンスの耐久性やパフォーマンスの関数としてレプリケーションが実行された後、ユーザーが使用できる容量の比率を表します。

この指標が 0% に達すると、空き領域が使用可能になるまで新しいデータはクラスタに書き込むことができません。

インスタンスの容量をスケールアップまたはスケールダウンする方法の詳細については、容量のスケーリングをご覧ください。

スナップショットの使用バイト数

スナップショットの使用バイト数の指標は、内部または外部のいずれのスナップショットであっても、使用されているバイト数を表します。この指標は、インスタンスではなく共有によって割り当てられ、インデックスに登録されています。

アラートを設定する

ディスク容量不足

Filestore インスタンスで空き領域が不足しないようにするには、ディスク容量不足のアラートを設定することをおすすめします。

  1. Google Cloud コンソールで [Alerting] ページに移動します。

    アラートに移動

    検索バーを使用してこのページを検索する場合は、小見出しが [Monitoring] である結果を選択します。

  2. [Create Policy] をクリックします。
  3. [指標を選択] 展開セクションをクリックします。
  4. [リソース名または指標名でフィルタ] フィールドに「filestore」と入力し、開くことができる [Filestore インスタンス] セクションを選択します。
  5. [Nfs] アクティブ指標カテゴリを選択します。
  6. [Free disk space percent] 指標を選択します。
  7. [適用] をクリックします。
  8. [フィルタの追加] セクションで、[フィルタを追加] をクリックします。
  9. 開くことができる [フィルタ] セクションをクリックし、[instance_name] を選択します。
  10. [Value] フィールドに、アラートを受信する Filestore インスタンス名を入力します。
  11. [完了] をクリックします。

    Cloud Monitoring 指標のフィルタリングの詳細については、フィルタリングをご覧ください。

  12. [データの変換] セクションで、[ローリング ウィンドウ] と [ローリング ウィンドウ関数] を指定します。セカンダリ データ変換を含めるかどうかを指定し、[次へ] をクリックします。

  13. [アラート トリガーの構成] ウィンドウで、条件タイプを選択します。

  14. 次のように設定します。

    フィールド 構成
    アラート トリガー Any time series violates
    しきい値の位置 しきい値より下
    しきい値 Filestore インスタンスごとに、許容可能な最小のディスク空き容量の割合を入力します。

    低い上限を設定してアラートがトリガーされるかどうかを調べることで、アラートをテストできます。

    詳細については、デフォルトのアラート ポリシー作成フローをご覧ください。

  15. 詳細オプションを入力します。

  16. [条件名] フィールドに、条件の名前を入力します。

  17. [Next(次へ)] をクリックします。

  18. [通知を構成してアラートを確定する] ウィンドウで、使用する通知チャネルを指定します。

    新しいチャネルの作成方法については、通知チャネルの管理をご覧ください。

  19. [インシデントの自動クローズ期間] メニューで、目的の期間を選択します。

  20. [ポリシー ユーザー ラベル] セクションで、使用するラベルを指定します。

  21. [ドキュメント] セクションで、含めるドキュメント(問題の解決手順など)を追加します。

  22. [アラート ポリシー名] フィールドにアラート ポリシー名を入力し、[次へ] をクリックします。

  23. [ポリシーを作成] をクリックします。

バックアップ割り当て不足

Filestore インスタンスのバックアップの作成をスケジュールまたは自動化する場合、バックアップ割り当てが残り少なくなったときのアラートを設定する必要があります。

  1. Google Cloud コンソールで [Alerting] ページに移動します。

    アラートに移動

    検索バーを使用してこのページを検索する場合は、小見出しが [Monitoring] である結果を選択します。

  2. [Create Policy] をクリックします。
  3. [指標を選択] 展開セクションをクリックします。
  4. [リソース名または指標名でフィルタ] フィールドに「quota」と入力し、開くことができる [コンシューマー割り当て] セクションを選択します。
  5. [割り当て] アクティブ指標カテゴリを選択します。
  6. 指標 [Allocation quota usage] を選択します。
  7. [適用] をクリックします。
  8. [フィルタの追加] セクションで、[フィルタを追加] をクリックします。
  9. 開くことができる [フィルタ] セクションをクリックし、[quota_metric] を選択します。
  10. [Value] に「file.googleapis.com/backups-per-region」と入力します。
  11. [完了] をクリックします。
  12. (省略可)別のフィルタを追加するには、[フィルタを追加] をクリックして手順を繰り返します。

    Cloud Monitoring 指標のフィルタリングの詳細については、フィルタリングをご覧ください。

  13. [データの変換] セクションで、[ローリング ウィンドウ] と [ローリング ウィンドウ関数] を指定します。セカンダリ データ変換を含めるかどうかを指定し、[次へ] をクリックします。

  14. [アラート トリガーの構成] ウィンドウで、条件タイプを選択します。

  15. 次のように設定します。

    フィールド 構成
    アラート トリガー Any time series violates
    しきい値の位置 しきい値より下
    しきい値 許容される最小バックアップ割り当て量を入力します。

    低い上限を設定してアラートがトリガーされるかどうかを調べることで、アラートをテストできます。

    詳細については、デフォルトのアラート ポリシー作成フローをご覧ください。

  16. 詳細オプションを入力します。

  17. [条件名] フィールドに、条件の名前を入力します。

  18. [次へ] をクリックします。

  19. [通知を構成してアラートを確定する] ウィンドウで、使用する通知チャネルを指定します。

    新しいチャンネルを作成する方法については、通知チャンネルを管理をご覧ください。

  20. [インシデントの自動クローズ期間] メニューで、使用する期間を選択します。

  21. [ポリシー ユーザー ラベル] セクションで、使用するラベルを指定します。

  22. [ドキュメント] セクションで、問題の解決手順(例: 「古いバックアップを削除」や「追加の割り当てをリクエストする」など)を含めるドキュメントを追加します。

  23. [アラート ポリシー名] フィールドにアラート ポリシー名を入力し、[次へ] をクリックします。

  24. [ポリシーを作成] をクリックします。

次のステップ