既知の問題

Filestore には、次のような既知の問題があります。

クライアントが 172.17.0.0/16 の IP アドレス範囲を持つことができない

172.17.0.0/16 の IP アドレス範囲を持つクライアントは、Filestore インスタンスに接続できません。

Windows NFS クライアントでのレスポンスが遅い

Windows NFS クライアントによっては、フォルダの作成やファイルの削除に 20 秒以上かかることがあります。クライアントのレスポンスを改善するには、以下の手順に従って、NetBIOS と SMB で使用されるポート(通常はポート 445 と 139)へのネットワーク トラフィックをブロックする Windows ファイアウォール ルールを作成します。

  1. Microsoft 管理コンソールで [セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] スナップインを開きます。
  2. 左側のペインで [送信の規則] をクリックします。
  3. 右側の [操作] ペインで、[新しい規則] をクリックします。
  4. [新規の送信の規則ウィザード] で、[ポート] ラジオボタンを選択して [次へ] をクリックします。
  5. [TCP] ラジオボタンを選択し、[特定のリモートポート] ラジオボタンをクリックして、[特定のリモートポート] ラジオボタンの横にあるフィールドに「445, 139」と入力します。[次へ] をクリックします。
  6. [接続をブロックする] ラジオボタンをオンにして、[次へ] をクリックします。
  7. [ドメイン]、[プライベート]、[パブリック] のチェックボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。
  8. ファイアウォール ルールの名前を入力し、[完了]をクリックします。

特定リージョンの特定のサービス階層に割り当てがない

特定リージョンで特定のサービス階層のデフォルトの容量割り当てが 0 と表示されている場合は、割り当てを増やすまでその階層の Filestore インスタンスを作成できません。

この問題を解決するには、追加の割り当てをリクエストしてください。

サービス プロジェクトから共有 VPC ネットワーク上の Filestore インスタンスを作成できない

共有 VPC ホスト プロジェクトに接続されているサービス プロジェクトから Filestore インスタンスを作成しようとすると、共有 VPC ネットワークが [承認済みネットワーク] に表示されません。同様に、gcloud または REST API を使用してインスタンスを作成しようとすると、次のエラーが発生します。

ERROR: (gcloud.filestore.instances.create) INVALID_ARGUMENT: network '[SHARED_VPC_NETWORK]' does not exist.

回避策 1: ホスト プロジェクトから Filestore インスタンスを作成する

共有 VPC を承認済みネットワークとして、ホスト プロジェクトから Filestore インスタンスを作成できます。作成したインスタンスは、すべてのサービス プロジェクトのクライアントで通常どおりにマウントできます。

この回避策の注意点は次のとおりです。

  • ホスト プロジェクトは、Filestore インスタンスの作成に関与している必要があります。
  • Filestore インスタンスの料金は、それを使用するサービス プロジェクトではなく、ホスト プロジェクトに請求されます。

回避策 2: プロキシ VM を作成して NFS パケットを転送する

Compute Engine インスタンスを、異なるプロジェクトにあるクライアントと Filestore インスタンスの間のプロキシとして設定します。方法については、リモート ネットワーク内のクライアントでのファイル共有のマウントをご覧ください。

Cloud Storage と Filestore の間でデータをコピーする

gsutil を使用して Cloud Storage から Filestore インスタンスにデータをコピーする方法は現在、低速となることがわかっています。緩和策はわかっていません。